2008/3/11 (Tue) at 11:10 am

映画|REC/レック|[Rec]

ドキュメンタリータッチのゾンビ映画。消防士の仕事に同行した取材クルーがゾンビのビルに閉じ込められた。監督ジャウマ・バラゲロ。スペインホラー。2007年。

REC/レック / [Rec] DVDDVD画像

バルセロナ。テレビ番組のクルーが消防署を取材中。キャスターのおねーちゃんが消防士たちにインタビューしたりしつつ、彼らの仕事に同行する。映画の映像は最初から最後までこの手持ちカメラ一本のみ。ドキュメンタリータッチで進行します。しょっちゅう手ブレしたり、ピントがボケたりするという臨場感を演出。こえー。トレイラーをどぞ↓

[Rec] (2007) trailer

事件現場は一般住宅用のアパート。いってみたら深夜だというのにアパートの住民がゾロゾロいて、警官を相手にわーわー騒いでいた。通報者は「おばあさんの悲鳴が聞こえた」というだけでナニがあったのかわからない。警官と消防士が部屋にいってみたらば、血塗れハダカの老女がわめいていた。ナニゴトかととりあえずおばあさんを保護しようとしたらば、ウガーと襲われてカミカミされた。観てる私たちには「ゾンビだ」とわかるが、ゾンビ映画に出てくる一般人というのは、ゾンビがゾンビとわかるのに時間がかかるんですよね。彼らも同じで、わけがわからず大パニック。悲鳴と怒鳴り声。わーわー。

えらいこっちゃと応援を呼ぼうとしたらば、いつのまにかビル全体が物々しい警備体制で密閉されていた。ビルの中には感染してない人も大勢いるのだが、彼らは外に出してもらえない。外から拡声器の声がする。「住民のみなさんは中でぢっとしていてください。現在だれもこのビルから出ることはできません。NBQプロトコルが発令されました。助けがいくまで落ち着いて待っていて」という。

『NBQプロトコル』ちゅうのは、核被爆の危険とかバイオハザードなんかの緊急事態を指す用語なのだと警官が説明したが、ここは軍の基地なんかではなくて一般の住宅アパートである。いったいなんでこんなことになったのかだれにもわからない。警官は住民たちとテレビクルーに「落ち着いて」というが、この警官自身もなにも知らされていないのだ。ケガ人はいるし病気の子供もいるのに助けてもらえないから、人々の怒りは頂点に達する。閉所恐怖に陥った人々はゾンビにガオーと襲われていく。

※感想

この映画はアタリである。同じ手法でつくられた『ゾンビ・ダイアリー|The Zombie Diaries』よりもずっとおもしろかった。ドキュタリー風の手法でやるとどうしても避けられない矛盾点が出てくる。映画がクライマックスになり、そろそろ極限状態に達したときに、当事者のひとりがノンキにビデオを回しているというのはへんではないか。あるいは、そいつが襲われた後はどう映画が進めばいいのか。という演出上の不都合が生じると思うんだけど、この映画はその点を上手にカバーしてて、最後まで緊張感が持続した。手ブレとアウトフォーカスが多用されるのでしばしば酔いが回るが、狭いビル内でウギャーと逃げ回るひとたちの映像はこわかった。グジャッと出てくるグロ映像がきもちわりー。

アパートの住人の中に日本人夫婦がいた。奥さんがスペイン語をしゃべってたが、夫に「アンタはうるさいヨ!」とか叫んでて、それがとても自然な日本語だったので印象的だった。出番は少ないけど。他の住民が悪口をいっていた。「あの中国人のせいにちがいない!あいつらナマのサカナを食うんだよ!」なんてしゃべっていた。パニクったひとたちが疑心暗鬼になって、空気が悪くなっていくという雰囲気がとてもリアルであった。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV69,628
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: [Rec]
別題: Rec
[Rec]
Pahad, metzalmim
REC: Experimenta el miedo
Репортаж
Snemaj!
Rec - Ölüm çigligi
邦題(カタカナ): 『REC/レック』
制作年: 2007年
制作国: スペイン
公開日: 2007年8月29日 (イタリア) (Venice Film Festival)
2007年10月5日 (スペイン) (Sitges - Catalonian International Film Festival)
2007年11月12日 (スペイン) (Málaga International Week of Fantastic Cinema)
2007年11月23日 (スペイン)
2008年2月23日 (イギリス) (Glasgow Film Festival)
2008年2月28日 (イタリア)
2008年3月17日 (ドイツ) (Bochum)
2008年3月27日 (ロシア) (limited)
2008年3月29日 (ドイツ) (Munich Fantasy Filmfest Nights)
2008年4月11日 (イギリス)
2008年4月23日 (フランス)
2008年5月8日 (ドイツ)
2008年5月16日 (オーストラリア) (Spanish Film Festival)
2008年6月14日 (日本)
2008年7月10日 (韓国)
2008年8月28日 (香港)
2008年10月2日 (カナダ) (Edmonton International Film Festival)
2008年10月17日 (アメリカ) (limited)
2009年1月27日 (カナダ) (DVD)
2009年7月14日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: [Rec]
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
  • アパートの鍵貸します - MESCALINE DRIVE

    先日、ブロードメディア・スタジオ試写室にて、「REC」を観た。 「眠らぬ街」のレポーター、アンヘラ・ビダルはカメラマンのペドロと共に消防隊の密着取材をし...

    2008/6/8, 5:41 PM

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News