2013/7/28 (Sun) at 4:10 pm

映画|武器人間|Frankenstein's Army

ガラクタインダストリアル!半人間半メカ!ナチス怪物!スターリンもびっくりのホラー映画。カレル・ローデンアレクサンダー・マーキュリールーク・ニューベリー。監督リチャード・ラーフォースト。2013年。

武器人間 / Frankenstein"s Army DVDDVD画像

第二次世界大戦中のお話。

ディミトリさん(アレクサンダー・マーキュリー)はロシアの従軍カメラマン。彼はスターリンの命を受け、記録係としてロシアの偵察隊に同行する。映画は彼が持つカメラの映像のみ。だからこれはPOV映画です。

一行は原野の危険地帯を進んでいく。ディミトリさんはどこにいっても「ちゃんとついてこい」「ウスノロめ」とお荷物扱いされるんだが、それでもメゲずに、祖国ロシアの兵隊さんの勇姿を撮影し続ける。野グソをする兵隊さん。ナチスをイエーイとブッ殺す兵隊さん。村を襲って略奪する兵隊さん(これは隊長に止められた)。

ある日、無線係が味方の緊急ピンチを受信した。ところが、その場所にいってみたらば、敵も味方もどこにもいなくて、戦闘のあとがあるばかりだった。さらに、建物の裏に、悲惨な死体の山を発見。それは兵士でなく、教会の尼さんたちだった。誰がどうしてこんなことをやったのだろう。

他にも色々と不可解なことがあり(無線が通じないとか、墓が掘り起こされているとか)、みんなはきもちわるく思う。おそるおそる教会の中に入ってみたらば、内部は無人で、工場のようなつくりになっていた。はて面妖な。いったい何が起きているのであろう。

そこに、ナチスのキチガイ科学者、ヴィクトル・フランケンシュタイン博士(カレル・ローデン)が死体からつくった、半人間ガラクタ合体スクラップメカメカの怪物さんがジャジャーンと出てきてウギャー!

いろんな怪物さんが登場するが、ぜんぶ違うかたちをしている。どいつもこいつも、グロくて、へんなかたちで、ガラクタの塊みたい。背中から水道パイプが突き出ているヤツもいます。いったいなんなの!?

トレイラー動画

Frankenstein's Army (2013) trailer

邦題『武器人間』

追記。この映画は、邦題『武器人間』にて、2013年11月2日、劇場公開予定だそうです↓

監督さんに教えたら「チラシが出たら見せて!」ですって。

感想

すっごーい。たのしかったー。

よかったところ↓

  • ガラクタメカメカグログロの造形がいちいちおもしろい
  • キャラの立ちも秀逸
  • 特にフランケンシュタイン博士がスゲーおもしろい
  • 最後のtwistもおもしろい
  • テンポよし
  • お笑いよし

わるかったところ↓

  • ない

トレイラーを見て「オッ!」と思った方は、きっとこの映画を好きになるでしょう。ガラクタロボといえば『マンボーグ (2011)』が傑作だったですが、こちらも負けてないですよ。みんなもみてみて。

こんなのがゴロゴロ出てくるんだが↓

映画|フランケンシュタイン・アーミー|Frankenstein's Army (1) 画像

映画|フランケンシュタイン・アーミー|Frankenstein's Army (2) 画像

映画|フランケンシュタイン・アーミー|Frankenstein's Army (3) 画像

これらはほんの一例で、他にもいっぱいある。でも、上の写真は宣材用のスティル写真なので、すごくきれいなんだが、映画ではこんなに鮮明ではありません。古いカメラで撮ったPOV映画という設定通り、もっとモヤモヤで、ガチャガチャです。でも、まぁ、いいんじゃないの。低予算映画なんだから。

あとからウェブを見てたら、この映画の怪物のことを『Zombots(ゾンボット)』と呼ぶそうです。映画の中ではそんなワードは出てこなかったと思うのですが。

キチガイ博士がイッちゃってる

独創的な怪物造形と美術セットが楽しいばかりでなく、お話もおもしろいからえらいです。〇〇の正体がわかったらケンカばかりしていたふたりが急に団結するとか、ナチスの兵隊が子供を愛おしげに抱き締めるとか。さりげない場面に毒のあるお笑いがありました。あとウサギの場面もおもしろかったなあ(見たひとはわかる)。

一番楽しかったのはカレル・ローデン演じたキチガイ博士です。彼は信念のある狂人なのですよ。

ボリス・カーロフの『フランケンシュタイン (1931)』に出てきたフランケンシュタイン博士は、じつに気弱キャラだった。怪物が暴れて手に負えなくなると、大後悔して、ほっぽりだして、逃げちゃう。父親のいいつけを守って、およめさんをもらって、結婚式を挙げるという無責任男だったですが、こちらの博士はおそろしくキモが座っている。キチガイ一直線。だから彼のほうがえらいとおもいますよ。

「このままじゃあんたナチスにもロシアにも追われてしまうよ。だから取引しな」といわれても動じることなく「わたしには計画があるのだ!」とかいって、ものすごいことをやるのです。男らしい!惚れた!抱かれてもいい!

twitterでフォローしよう

以下は監督さんと映画の公式さんのtwitterアカウントです。みんなもフォローしよう↓

リチャード・ラーフォースト監督に話しかけたら、返事をくれましたよ。おぉおお↓

監督さんはこんなひと↓

US版DVD/Blu-Rayは9月発売

私は『武器人間 (2013)』をiTunes USで見ましたが、US版Blu-ray/DVDは2013年9月10日発売だそうです。買おう買おう↓

この映画は、この手のヤツには珍しく、後半に明かされるtwistもなかなかいいのです。だから備忘録として以下にネタバレを書きますが、未見の方は読まないほうがいいですよ。

オモチャつきDVD/Blu-Rayが米アマゾンで売ってた!

オモチャつきのDVDが売っていましたよ↓

こちらはBlu-Ray↓

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (158枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Frankenstein's Army
別題: O Exército de Frankenstein
Frankenstein serege
Army of Frankenstein
Frankenštajnova vojska
Армия Франкенштейна
邦題(カタカナ): 『武器人間』
制作年: 2013年
制作国: オランダ/アメリカ/チェコ
公開日: 2013年1月26日 (オランダ) (International Film Festival Rotterdam)
2013年4月12日 (オランダ) (Imagine Film Festival)
2013年4月18日 (アメリカ) (Tribeca Film Festival)
2013年6月28日 (イギリス) (Edinburgh International Film Festival)
2013年6月29日 (チェコ) (Karlovy Vary Film Festival)
2013年7月26日 (アメリカ) (limited)
2013年9月7日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2013年9月24日 (ドイツ) (DVD)
2013年9月30日 (イギリス) (DVD)
2013年10月4日 (フランス) (War on Screen International Film Festival)
2013年10月5日 (フランス) (Absurde Seance)
2013年11月2日 (日本)
2013年11月25日 (オランダ) (Blu-ray and DVD premiere)
imdb.com: imdb.com :: Frankenstein's Army
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News