2008/4/5 (Sat) at 2:26 pm

映画|クローバーフィールド/HAKAISHA|Cloverfield

マンハッタンに巨大モンスターが出現。ガォーと吠えて自由の女神を首チョンパ。えらいこっちゃ。オデット・アナブルマイク・ヴォーゲルマイケル・スタール=デヴィッド他。監督マット・リーヴス。制作J・J・エイブラムス。2008年。

クローバーフィールド/HAKAISHA / Cloverfield DVDDVD画像

アメリカ人青年のロブは日本に栄転が決まったっていうんで、お別れパーティの真っ最中。友達がワンサカ集まってなごやかムード。友達のひとりがホームビデオを撮ってるが、映画は最初から最後までこのハンディカメラ一本のみ。てわけで、最近流行りの(?)ドキュメンタリ風の手法による臨場感を演出してます。

Spoiler Alert!!
ネタバレ注意!

パーティシーンでは、ロブくんは女を捨てて出世を選んだ男だと明かされ、その女が腹いせに新ボーイフレンドを連れてパーティに現れたもんだから痴話ケンカに突入、パーティ出席者たちのあいだで「あいつら寝てたのか!」と噂のマトになるというマクラ話があったりするが、そんなもんはどーでもいいんである。はやく怪獣出せちゅうの!とジリジリしたところでやっとこさ、マンハッタンを揺るがす咆哮が聞こえた!巨大怪獣が出現。地面がグラグラー。ドッカーン!ビルが炎上。なにかが暗闇を横切ったと思ったら、ダダダダグッシャーと破壊音が聞こえて、次の瞬間、自由の女神の頭が飛んできた。巨大なナマ首がおむすびみたいにごろんごろん。タクシーがひっくり返る。えらいこっちゃ!逃げなくちゃ!

路上は大パニックとなり、無政府状態。やがて軍の戦車がドドーとやってきて攻撃開始。どっどどおどっ。ウギャー!ずがーーーーー!ばばばばばばっこーーーーん。ロブはみんなといっしょに逃げようとしたんだが、さっきケンカ別れした女がピンチであると知ったので危険ゾーンに突入。友達もいっしょについてきた。彼は愛する女を助けることができるんでしょうか。

※感想

これはアタリでした。にんまり。ああおもしろかった。ハンディカム一本という手法は好みがわかれるところでしょうが、私はこれ好きです。でも冒頭のパーティシーンはかなり我慢しました。20分近くもかったるいのが続いていやになりました。ハリウッドの超人ヒットメーカーがつくった世界一豪華なパーティホームビデオですかとイヤミのひとつもいいたくなったけど、我慢したかいがありましたー。自由の女神の首チョンパで「ヨッシャ」と納得しました。いっしょに見てた友達は "Amazing!" と叫んでました。ガッツポーズですヨ!

モンスターのクリーチャーデザインはナヴィル・ペイジ(Neville Page)ってひとがやってるそうですが、なかなかよかったです。J・J・エイブラムスマット・リーヴスは「日本のゴジラに触発された。あんな国民的な怪獣をつくりたいと思った」みたいなことをインタビューで答えていました(ソースなくした)。この言葉の真意は「造型デザインがゴジラみたいな」という意味でなく「ゴジラみたいに日本人なら子供からお年寄りまでだれでも知ってるスター的なモンスターキャラ」っていう意味だろうと思います。

でもこのインタビューを聞いて「ちょっと待て」といいたくなりました。ゴジラって破壊的な怪獣ですけど、ちょっぴり哀愁が漂ってるぶぶんがあったりして、それがまたかわいいっちゅうか魅力的じゃないですか。特に古いゴジラはかわいそうなシーンがあったでしょ。わるもんなんだけど憎めないみたいな。そこらへんの微妙なニュアンスをガイジンが理解してるとは思いませんけれど、まぁ細かいことはどうでもいいか。『クローバーフィールド』のモンスターはかわいげなんかありません。徹頭徹尾にHAKAISHAだったです。あと巨大怪獣のおなかから出てきたのかどうか定かじゃありませんが、小さな(といってもデカイが)スパイダーみたいなヤツもいました。こっちはメッチャすばしこくてウガーと噛みついてきやがった。大小コンビで攻めてくるっていうのはイイですね。

アレにカミカミされるとゾンビみたいになっちゃうみたい。ゾンビじゃないのか。とにかく伝染性のなにかがあるみたい。そういうシーンがちょびっとあった。アレをもっと見たかったな。モンスターの出現理由や経緯等についてはまったく明かされなかったので、これは続編出るでしょう!と思ったら、既にsequelのアナウンスがされてたのですね。じつに楽しみです↓

imdb.com :: Untitled J.J. Abrams Cloverfield Sequel

同じようなドキュメンタリっぽい手法を用いた最近の映画で『Rec』てのがありました。スペインのゾンビ映画です。こちらもかなりよかったです。未見の方はぜひどうぞ。『クローバーフィールド』と比べてみるとおもしろいかも。以前書いたレビュー↓

映画|[Rec]

また、ご存知の方も多いと思いますが、低予算B級SFの聖地であるAsylumより『クローバーフィールド』モドキの『Monster』って映画が同じ時期に出てます。こちらは「東京にモンスターが出現!」という内容ですが、かなりショボイです。こっちを観てから『クローバーフィールド』を観ると、その落差ショックでますます楽しめるかもです。

画像

画像をもっと見る (6枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

怪獣/エイリアン侵略もの話題作

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Cloverfield
別題: Cloverfield
Монстро
04-05
06-02-08
1-18-08
Canavar
Clover
Cloverfield - Monstro
Cloverfield - Monstruo
Cloverfield: Hakaisha
Cloverfield: Monstruo
Monstrous
Monstrum
Monstruoso
Projekt - Monster
Slusho
Untitled J.J. Abrams Project
邦題(カタカナ): 『クローバーフィールド/HAKAISHA』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ
公開日: 2008年1月16日 (アメリカ) (Hollywood, California premiere)
2008年1月17日 (オーストラリア)
2008年1月17日 (香港)
2008年1月17日 (ロシア)
2008年1月18日 (カナダ)
2008年1月18日 (アメリカ)
2008年1月23日 (フランス) (Gerardmer Film Festival)
2008年1月24日 (韓国)
2008年1月31日 (ドイツ)
2008年2月1日 (イタリア)
2008年2月1日 (スペイン)
2008年2月1日 (イギリス)
2008年2月6日 (フランス)
2008年4月5日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: Cloverfield
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞
  • クローバーフィールド HAKAISHA - Patsaks

    クローバーフィールド HAKAISHAは、公開前からWebサイトなどを駆使して、事実であるように演出する。インターネットに依存した現代社会を利用したブレア...

    2009/11/20, 1:21 PM

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News