2008/3/10 (Mon) at 9:34 am

映画|ミスト|The Mist

霧の中から凶悪殺戮モンスターが続々出現。逃げ道NO WAYで、スーパーマーケットにたてこもる人々の悲喜交々を描いたパニック映画。これは神の審判なのか。スティーヴン・キング原作。監督フランク・ダラボン

ミスト / The Mist DVDDVD画像

ここはアメリカのどっかの湖畔の田舎町。ものすごい嵐がきて、それが去っていったと思ったら、町は深い霧に覆われた。霧の中には正体不明のモンスターがいる。フラリと立ち入った人間はズタズタにスラッシャー殺戮されちゃう。巨大タコ足モンスターは吸盤の代わりにキバが並んでいる。巨大昆虫が飛んできた。群れをなして人を襲う。その毒針にヤラレると顔がドッジボールみたいに膨らんで残酷に死ぬ。ウジャーと押し寄せるカナブンみたいなヤツは人間の胎内に侵入して内臓を食い散らす。トラックよりも大きなカマキリみたいなヤツもいた。地球とはまったく生態系が異なる生き物たちがワンサカわいてきちゃったみたい。すべてのヤツラは獰猛な補食本能を持っているようだ。

たまたま居合わせたスーパーマーケットの店内でパニクる人々。励まし合ったりケンカしたりの悲喜交々を描きつつ、さーて彼らは逃げ延びることができるんでしょうか。人々の中にひとりのキチガイがまぎれこんでいる。それは聖書マニアの女性で、彼女は世紀末思想を信じてるもんだから、ここぞとばかりに説教トークを始めた。「神は怒っているのだ。いまこそつぐないを!」と叫んで、狂信的な思想を広めはじめた。ふだんなら耳を貸さない人々もこうなっちゃうと信者に転向する者もいたりして店内には異様なカルトが形成される。モンスターがどこからきたかっていうことよりも、閉塞環境において絶体絶命のピンチに陥った人々のパニック心理を描くことに焦点があてられている。

※感想

パニックホラーに高尚な意味合いを持たせようとする試みは好きでないんだよな。こういうの説教臭くていや。モンスターのシーンはさすがにカネがかかっててスゴイと思うが、極限状態に陥った人々が、世紀末思想をギャーギャーわめく狂信家についていってしまうという流れは陳腐だし(そういうの古くない?)、しょっちゅう挿入されるおナミダ頂戴会話がダルくてダルくていやになった。フランク・ダラボンの『ショーシャンクの空に』は名作だと思いますが、これはやだ。好きな人すません!好みの問題ですわ!

Spoiler Alert !!!!
ネタバレ注意!!
ネタバレオッケーな方のみこの下をスクロールしてご覧下さい↓

人々は店内に立てこもって逃げ道を模索していたが、犠牲者が増えるに従って狂信聖書女の信者になる者も出てきた。いまや彼女は教祖様。ギャーギャーと世紀末思想をわめき、信者たちはフレーフレーと応援中。異様な光景だ。彼らは教祖様を快く思わないグループに敵愾心を燃やしている。正気を保っている数人グループはこんなキチガイどもといっしょに死にたくないので、思い切って外に出てみることにした。この霧がどこまで続いているのかわからないが、いちかばちか外に出てみよう。駐車場のクルマにたどりつきさえすれば脱出できるかもと計画した。

食料を持って出ていこうとしたらばカルト信者どもが道をふさいだんで、キチガイ女をやむなく射殺。外に出た者の何人かはモンスターにヤラレたが、5名だけがクルマに乗り込むことができた。霧が視界を妨げているのでゆっくりしか進めない。どこまでいけばこの霧が晴れるんだろうか。彼らは不安いっぱいでギャンブルプレイに出た。

ラスト。

結局、霧の途中でガソリンが尽きた。逃げ場ナシ。5名は自ら死ぬことを選んだ。せめてモンスターに食われるよりも尊厳のある自決を彼らは望んだ。が、銃には4発しかタマがない。主人公男性は自分以外の4名を射殺した。その中には自分の息子もいた。男は絶叫して外に出た。大声でモンスターを呼び続けた。そしたら霧の中から軍の戦車が出てきた。まもなく霧が晴れていき、男は救助された人々が乗るトラックを見て呆然とした。あと少し待っていたら助けてもらえたのに、彼は息子と友達を殺しちゃったのだ。取り返しのつかない過ちを犯したことを知った。おしまい〜。

※この映画は好きじゃないと上に書きましたが、じっさいにこんなパニックになったらこんなふうに間違えて自殺するひともいちゃうだろうから、このラストはリアリティがありましたね。ところでモンスターが出現した理由ですが、会話の中で「軍が秘密の研究をやってて "other side" の扉を開いちゃったのだ」という短い説明があっただけでした。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV24,974
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Mist
別題: La niebla
O Nevoeiro
Мгла
Öldüren sis
A köd
Brume
Der Nebel
Dimman
I omihli
Izmaglica
La niebla de Stephen King
Magla
Mgla
Mlha
Sobre-Natural
Sobrenatural
Stephen King's The Mist
The Mist
The Mist - Nebbia assassina
The Mist - Usva
Udu
邦題(カタカナ): 『ミスト』
制作年: 2007年
制作国: アメリカ
公開日: 2007年11月21日 (アメリカ)
2007年11月22日 (ロシア)
2007年11月23日 (カナダ)
2008年1月10日 (韓国)
2008年1月17日 (ドイツ)
2008年2月7日 (オーストラリア)
2008年2月21日 (香港)
2008年2月27日 (フランス)
2008年4月26日 (イギリス) (Dead by Dawn, Scotland's International Horror Film Festival)
2008年5月10日 (日本)
2008年5月30日 (スペイン)
2008年7月4日 (イギリス)
2008年10月10日 (イタリア)
imdb.com: imdb.com :: The Mist
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News