2014/8/3 (Sun) at 12:56 pm

映画|Call Girl

ローレンス・R・ハーヴィートリスタン・リスクが出てくる話題の短編映画。監督ジル・シックス・ガヴァーギジアン。日本でも10月に上映されるそうな。

Call Girl DVDDVD画像

どっかの部屋。モダンなインテリア。

ムカデ人間2 (2011)』のあの方、ハイター博士に心酔する、紙ヤスリオナニーのマーティンさんことローレンス・R・ハーヴィーが登場。

彼はそわそわと部屋の中を歩き回り、カメラに向かってニタニタしゃべる。「もうすぐ始まるよイヒヒ」てなことをいう。どうやらビデオチャットを通じて誰かとしゃべっているみたいです。映画はこのカメラの視点だけで進行します。

そこにへんな娼婦がやってくる。こちらは『アメリカン・ドクターX (2012)』に出ていた、あの珍妙な整形マニア女、キンキン声の『ベティ・ブープになりたがっている鈴木その子』、トリスタン・リスクさんであります。ふたりは「こんばんわですわ」「デヘヘ」とかいう。

いったい何が起きるんですかね。ここから先はナイショ。びっくりすることが起きるよ。ゴアゴアあるよ。

Call Girl (2014)』は6分弱の短編映画です。ジル・シックス・ガヴァーギジアンさんの監督デビュー作品。話題作。これはまだ映画祭で上映されている途中で、VODやDVD等のリリースはされていませんが、監督さんのご厚意で見せてもらいました。

想像をかきたてるティーザー動画

Call Girl (2014) teaser trailer

その後、DreadCentralでオンライン公開されました

後から追記。

その後、この映画はDreadCentralで無料公開されました。みようみよう↓

追記以上。

感想

twitterでハーヴィーさんにくっついて、「これ、見たいんですよ」「いつ見れますかね」「私はお金を払いますよ」とかいってたら、監督のジル・シックス・ガヴァーギジアンさんが出てきて「スクリーナーを見せてあげましょう。レビューを書くのだ」といってくださいました。いってみるもんですねえ。うれしかったなあ。Thank you, Jill and Laurence!

さて、感想ですが、噂通りにおもしろかったです。最後にギョギョギョのtwistがあるんだが、おそらくこの種の短編ホラーを見馴れている方には想定内なんじゃないの、くらいのもんだが、そこに落とすディレクションがうまい。音楽もいい。出ているコンビの強烈個性ゆえに、えもいわれぬ奇妙さが濃厚に醸し出されている。

ハーヴィーさんは相変わらずキモかわいい。この映画でも彼はとんでもないことをやらかすんだが、その姿は『しゃべるマーティン』ってかんじ。彼が〇〇を持ってノコノコ歩いてくるところは『ムカデ人間2 (2011)』のファンならニヤニヤするでしょう。そしてトリスタンさんもおもしろい。最後の最後に彼女の見せ場がある。ギョェエエエとくる。

この作品はKickstarterで資金募集して製作された後、あちこちの映画祭で上映され、じわじわと脚光を浴び、ついにホラーの殿堂、Frightfestでもピックアップされたということで、わずか6分間の小品ではありますが、こんな風に注目されるのは、新人監督らしからぬ異例の出世コースといえるでしょう。ジル・シックス・ガヴァーギジアン監督の長編デビューが楽しみです。

ジル・シックス・ガヴァーギジアン監督

ジル・シックス・ガヴァーギジアンさんていうのは、いったいどんな人なんですかね。Kickstarterのページにプロフィールがある↓

「子供の頃からホラー映画が好きだった彼女は、お父さんのVHSカメラを使って、好きなホラー映画の自分版リメイクをつくって遊んでいた」そうな。

しかし、いくら憧れていたとしても、経歴ゼロのインディーズ監督がローレンス・R・ハーヴィートリスタン・リスクという、今のホラー界でノリノリのhigh-profileのアクターを起用できるなんてかなり珍しい。いったいどうやってそんな機会を得られたのか。という話はココに書いてある↓

ホラーのコンベンションにいったり、ソーシャルメディアを大活用したりして、2年間かけてこのふたりにくっついて、出演してくれるようになったそうな。加えて、彼女は自分自身で映画祭の主催もやっている↓

いろんな方面からコツコツと人脈を広げていったのかなと想像します。精力的!

以下はYoutubeにあったインタビュー↓

Horror Movies Uncut Interviews 'Call Girl' director Jill Sixx Gevargizian

検索すると他にもたくさん出てくるから、興味のある方は調べてみるといいですよ。私なんかにもホイホイと声をかけてくれるくらいだから、twitterやfacebookで相当にジャンジャカやってると思いますね。

ABCs Of Death 2にSecond Unit Directorとしてクレジットされている

ジル・シックス・ガヴァーギジアンさんは『ABCs Of Death 2』にSecond Unit Directorとしてクレジットされている。という点に気づいたので、「どの監督さんの作品をやってるのでありますか」と訊いたら「それはまだナイショである」と教えてもらえませんでした。誰なんですかねー。

関連リンク

彼女に興味のある方はフォローしましょう↓

これだけぜんぶひとりで管理しているんでしょうか(ハーヴィーさんとトリスタンさん以外はぜんぶ彼女の関連アカウント)。インディーズの人は本当にマメです。

2014年10月『東京スクリーム・クイーン映画祭』で上映

Call Girl』は日本の映画祭で10月に上映されるという情報を頂きました↓

ハーヴィーさんに映画祭のポスター見せてもらった↓

以下はその『東京スクリーム・クイーン映画祭』(Scream Queen Film Festival TOKYO)のサイトなんだが↓

いまはまだ去年の内容のままです(2014年8月3日時点)。今年のラインナップはまだ掲載されていない。もうすぐ発表されるんだと思います。東京のひとは色々と見れていいなあ。

English Review

Great job done. What fascinates me most about this short is the strange atmosphere unlike I've never seen before. Sometimes it makes me giggle with it's comedic dark humour conveyed by the two extremely unique actors, Laurence R. Harvey and Tristan Risk. Yes, Martin (The Human Centipede II & III) meets Beatress (American Mary)! The casting in this film is just awesome.

Laurence R. Harvey plays the creepy guy while he's so adorable somehow. His character is similar to Martin. But a bit different. In this movie, he speaks! Tristan Risk plays a very weird woman. And she turns into... WTF?! I love her!

When I heard about the casting of this short, I was so excited! It felt like seeing my most two favorite flavors put on one dish. But how could someone cook them properly? Is there anyone who can do that well? I mean... can you imagine foie gras and durian being arranged into one dish? That's what I imagined when I first heard about the film, Call Girl. After watching it, I was deeply satisfied because I saw what I wanted to see. Probably beyond even satisfaction...

The director, Jill Sixx Gevargizian, and the writer, Eric Havens, created a real piece of art. I felt she knew how horror movies are supposed to be and knew how to arrange every available element such as actors, music, shooting, editing, etc. I'm very much looking forward to seeing her feature film in the near future.

I hope my English makes sense. Please ask me if anything is unclear. Jill, thank you for letting me review your great film.

Thanks to Brendan who kindly corrected my English!

後から追記。みなさんにこのエントリを見て頂きました。大変名誉であります。

画像

映画|コール・ガール|Call Girl (1) 画像 映画|コール・ガール|Call Girl (2) 画像 映画|コール・ガール|Call Girl (3) 画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV19,516
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Call Girl
制作年: 2014年
制作国: アメリカ
公開日: 2014年3月22日 (アメリカ) (premier HorrorHound Weekend Film Festival)
2014年6月28日 (カナダ)
imdb.com: imdb.com :: Call Girl
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
セット制作
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News