2011/6/6 (Mon) at 12:00 am

映画|ナイトメア・イン・ラスクルーセス|A Nightmare in Las Cruces

1990年にニューメキシコのボーリング場で起きた、衝撃的な強盗殺人事件に関するドキュメンタリ映画。監督チャーリー・ミン。2011年。

ナイトメア・イン・ラスクルーセス / A Nightmare in Las Cruces DVDDVD画像

Bowling Alley Massacre』として知られる20年前の惨殺事件の実話ドキュメンタリ。

1990年2月10日。ニューメキシコ州、ラスクルーセス。

2人組の強盗がボーリング場を襲った。無差別殺人。金庫のカネを奪って逃走。被害者は7名。内4名死亡。

殺された4名のうち3人は子供である。6歳と2歳の姉妹。その父親。彼らの友達の13歳の少女がブッ殺された。

当時2歳のヴァレリーちゃんを殺すにいたっては、天使のようにかわいい少女を抱きかかえ、その額を撃つという鬼畜スタイル。

映画は、生存者のひとりであるメリッサちゃん(当時12歳)が、警察に通報する場面の再現映像から始まる。彼女は死んだママの手を握りながら(電話をしている時点では、彼女はママが死んだかどうかさえわからなかった)、call911した。

「たすけてええええ!」と悲痛な叫びをあげつつ、「なにがあったのか?」「犯人は何人?」「黒人か白人か?」「何人死んだのか?」といった係官の質問に対し、パニックを抑えて気丈に答えるという、12歳の少女とは思えない勇気ある行動をした。

メリッサは現在33歳。結婚している。彼女を始めとし、犠牲者たちの遺族/友人/警察関係者といったみなさんが出てきて、カメラの前でしゃべる。インタビューを中心に、当時のニュース映像や音声を交えて進行するが、俳優さんによる再現映像もある。

犠牲者はいずれもボーリング場経営者の親類/縁者/友人であり、その残忍な手口から、タダの強盗ではなく怨恨ゆえの犯行(ファミリーに恨みを持つ者が処刑するというような)ではないかと憶測を呼び、大掛かり捜査がなされたが、20年後の現在に至るも未解決。現在も捜査は継続中。

トレイラー動画

A Nightmare in Las Cruces (2011) trailer

感想

私、これ、ホラー映画だと思ってたら、ドキュメンタリだった!IMDbもamazon.comもホラーのジャンルに入ってるんだが、なぜそのようにしたのかわかんないですが、できるだけ多くの人に見てもらいたいという意図でそうしたのかな。

事件発生後20年が経過するも犯人捕まらずという状況において、人々の記憶を風化させないようにするのだ!忘れちゃいけないのだ!という意図の映画なので、それ以上でもそれ以下でもない。特に目新しい切り口などはなく、ただただ遺族のみなさんの悲痛な想いが綴られるドキュメンタリです。

でも、ただひとつ恣意的なディレクションとしてあるのは、このボーリング場経営者のオッサンがなにか隠してるんじゃないかという疑いにスポットを当てているという点です。

あまりに残忍なやり口ゆえ、このオッサンに恨みを持つだれかが殺し屋を雇ったんじゃないか、オッサンはなにか隠し事をしているんじゃないか、という話で、でも証拠はないのです。ちゃんとオッサンが弁明する機会も与えられているんだが、チョット『三浦和義』風に扱われているんですな。

私はこの事件に関して報道されている以上のことを知らないので、これがどれだけ意図的なのかわからない。また、この映画の監督さんが『なにかを隠した』のかどうかもわからない。

ドキュメンタリ映画である以上、つまり、情報を取捨選択して編集している以上、どんなに公平な視点に立ったとしても、監督さんの恣意が含まれるのは避けられないわけで、ゆえにこういうもんをハナから信じるのは危険ですが、この映画では、当時の関係者がズラリと顔見せしてしゃべっているという点からして、相当の公平性は保たれているのかなと推測されます。もし偏った内容なら、あとから批判が出るでしょう?

遺族たちの悲痛な言葉は、平凡ではありますが、涙をそそられます。かわいそうです。私は飼い犬を抱っこしながら観ました。こわい映画を観るときにはいつもワンコを呼ぶんですが、ほとんど呼ばないんですが、今回はコイツを呼んだよ。

通報を受けた係官のオッサンが「メリッサはよくあの状況で、あれだけの情報を話せたものだ」と感嘆と同情を交えてしゃべってました。彼女は「何人が死んだの?」と聞かれて「ひとつふたつみっつ...」と倒れている死体の数を勘定したそうな。12歳の女の子が、ですよ。想像を絶する体験ですな。

彼女は他の生存者がいるのかどうかわからない状態で緊急通報し、恐怖パニックながら「おまわりさんが向かっている」という言葉を信じて助けがくるのを待つんだが、やがて警官がきて助けようとしたらば「電話を切っちゃだめだといわれた」といって、電話を離さなかったそうです。

子供2人と夫をブッ殺された奥さんのインタビューは、かわいそうとしかいえません(平凡ですが)。あー。

この映画の目玉、というのもへんなんだが、強盗犯が2歳の少女をとっつかまえるところ、これは俳優さんによる再現映像なんだが、グロなものではないんだが、おそろしくショッキングです。子供があどけない顔で犯人の顔を見上げている。そこに拳銃を向けるの。ヒデー。

衝撃スクリーンショット(閲覧注意!!!!)

犯人の似顔絵↓

映画|ナイトメア・イン・ラスクルーセス|A Nightmare in Las Cruces 犯人似顔絵

犯人に関する情報募集中。通報先↓

LAS CRUCES CRIME STOPPERS
575-526-8000

DVDのオマケ

  • Director's Commentary
  • A Nightmare In Las Cruces Trailer

オマケは監督さんのコメンタリとトレイラーだけ。映画本編は英語字幕つき。

画像

画像をもっと見る (24枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: A Nightmare in Las Cruces
別題: A State of Confusion: Las Cruces Bowling Massacre, 20 Years Later
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年5月31日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: A Nightmare in Las Cruces
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News