2008/2/25 (Mon) at 5:25 pm

映画|ハゲタカゾンビ 感染注射|The Rage

キチガイ博士のゾンビウィルスバイオ兵器が森に拡散。死体を食ったゾンビハゲタカが襲来してウギャー。血塗れ残虐ホラー。主演アンドリュー・ディヴォフ。監督ロバート・カーツマン。2007年。アメリカ。

ハゲタカゾンビ 感染注射 / The Rage DVDDVD画像

森のキチガイ博士がゾンビ菌をつくってたらば、実験台のウィルスキャリアが博士を襲って逃亡。全身血塗れオエーのデコボコ顔の怪力モンスターが少女を襲う。被害はドバーと拡散。死体を食ったハゲタカはハゲタカゾンビとなって人間を襲った。空から無差別攻撃をしかけてくる凶悪鳥に怖れをなした人々は地面を逃げまどう。バケモノ鳥の巣を発見。これがまたきもちわりー。ゾンビ鳥の血塗れヒヨコをバットで殺したら母鳥が怒った!ひぃいいいいと思ったら血の池にドボン。そこには巨大ヒルがウヨウヨ〜。ウギャー!

後半は森の小屋にたどりついた生存者がモンスターと化したキチガイ博士と出会って最終戦に突入。マッド博士はモンスターと化したいまでも研究への熱意は失っていなかった。おれをコケにした世界に罰を与えてやるんだイッヒッヒ。博士のアシスタントをつとめるモンスターたちも個性的でかわいい。低予算ホラー気合いの一本。こりゃおもしろいヨ!

※感想

監督のロバート・カーツマンは、ホラー特殊メイク/ビジュアルエフェクトのベテランだ。ホラーのオニである。『ゴースト・オブ・マーズ』『キャプテン・スーパーマーケット』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』等々、彼のフィルモグラフィを見るとそうそうたるホラー名作が並んでいる。この前見た『Buried Alive/ベリイド・アライブ』はまったくパッとしなかったが、これはよかった。なんで同じ人なのにこんなに印象が変わるんだろうか。不思議なもんですね。

この映画は低予算で制作されたそうで、確かにバケモノ鳥が出てくるシーンなんかは昔の映画みたいにチープだが、そんなのはぜんぜん気にならない!おもしろい!残虐シーンの見せ方にいろんな工夫があって、これでもかこれでもかと迫ってくる迫力がすごい。後半ではキチガイ博士の回想シーン等もあって、ちゃんと説明がされてるからえらい。

キチガイ博士は『死霊のしたたり』を思わせるし、Rageというゾンビウィルスは『28週後...』みたいだし、切り刻んだ死体がゴロゴロしてる部屋は『ホステル』みたいだし、鎖を破って襲ってくるゾンビは『ヘルレイザー』の魔導士みたいだった。他にもいろんなホラー映画のエッセンスがたくさんありそうだ。だからといってパクリとかそんなんじゃない。とにかくおもしろい!友達を家に呼んでポップコーンをバグバグ食いながら見たらぜったい盛り上がる!FUN TO WATCHです。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV16,067
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Rage
別題: Robert Kurtzman's The Rage
Zombie Rage
邦題(カタカナ): 『ハゲタカゾンビ 感染注射』
制作年: 2007年
制作国: アメリカ
公開日: 2007年7月13日 (カナダ) (Fantasia Film Festival)
2007年10月19日 (アメリカ) (Screamfest Film Festival)
2008年2月26日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Rage
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News