2017/11/24 (Fri) at 9:48 pm

Fetifest Hamburg: Japan's Underground Film Festival 今日からハンブルグで映画祭!アメリカン・ギニーピッグの新作『The Song of Solomon』他雑多混合インディーズ映画集結!

ただいまドイツ!ハンブルグ!楽しいいイィいいい!!

Fetifest Hamburg: Japan"s Underground Film Festival 今日からハンブルグで映画祭!アメリカン・ギニーピッグの新作『The Song of Solomon』他雑多混合インディーズ映画集結! DVDDVD画像

ハンブルグ現地時間で、本日(11月24日)と明日にかけて、Fetifest Hamburg: Japan's Underground Film Festivalてのが開かれます。このイベントを率いているのは、映画『まいちゃんの日常』MAI-CHAN's Daily Life:THE MOVIEの監督である佐藤サドさんと、ZENTAI(といってもよくわからないでしょうが、ピチピチカラフルのタイツを着用してアヘアヘする重度フェチのひとたち)を率いるタムラさんで、んで、私は、このイベントでポスターデザインと一部上映作品の選定をしていますもので、おふたりと一緒にハンブルグにやってきました。

現地にも主催者がいて、こちらはOliver Georgさんという日本ホラー映画コレクターの人で、彼はFacebookなどで血みどろの写真をジャンジャカアプしているドイツ人です。ご存知の方も多いでしょう。佐藤さん以下、タムラさん、Oliverさん、んで、私がチームでやっています。

イベントの上映作品のリストはこちらにあります↓

上記の中で、私がピックアップしたのは以下の作品です↓

American Guinea Pig: The Song of Solomon

Song of Solomon

話題作なのでご存知の方も多いでしょう。アメリカンギニーピッグのシリーズの中で、「エクソシストモドキ」という異色のテーマの映画ですが、Stephen Biroなりにギチョギチョゴアゴアです。ゴアエフェクト制作にはToetagも参加しているんですよ。エンディング間近では、リンダ・ブレアもアッと驚く楽しい悪趣味シーンもあって、ゴアラバーなら大満足です。ドイツの人たちも楽しんでくれるでしょう。Morbidly Beautifulさんのレビュー+監督インタビューはとてもいいですね↓

Stephen Biro監督によれば、アメリカンギニーピッグのシリーズは今後も続くとのことで、いくつか楽しいウラ話を聞かせてくれました。そこらへんのネタはまたこんど!

Mania

mania

メンヘラ美女(当ブログイチ推しの美女、Tristan Risk!)とレズ恋人(ムチムチ美女のEllie Church!『Headless (2015)』にも出てた!)が出てきて、逃避行の旅をしつつ、逃げてるはずのメンヘラ女は余計なことをやらかして、そこらへんのスケベ男をブッ殺しまくる!というロードームビー仕様ホラー映画です。おもしろいよ!きれいなきれいなトリスタンさんを愛でる映画です。監督のJessica CameronさんはAmerican Guinea Pig: The Song of Solomonの主演女優でもあります。余談ですが、トリスタンさん主演の別の新作を最近見ました。これもすごくいいので、イベント後にレビューしますね。

Cabrito / Rosalita

cabrito

rosalita

以前、『Cabrito』という短編映画のレビューを書きました↓

今回のイベントで一緒に上映する『Rosalita』はCabritoに続く物語です。このふたつの短編はCabrito Trilogyの一部で、最終編はまだ完成していません。最終編が完成したら、ぜんぶ合わせて、いっこの長編にして売るという計画だそうです。つまり未完のものを観客は見るわけですが、それでも尚、このふたつは見る価値があります。監督のLucianoさんは少し前にはまったく無名のブラジル人でしたが、Rosalita以降、メキメキと脚光を浴び、今年のSitges Film Festivalでピックアップされました。すごーい!彼の作風からいって、ボグリアーノのファンならきっと好きになるでしょう。ところで、余談ですが、BestiaとThe Song of Solomonも今年のSitgesでピックアップされました。みんな、すごい!

Bestia

bestia

カナダを拠点にタコス風味のマイナスイオンを発し続ける、げんきいっぱいインディーズプロダクション、Luchaore Productions制作の新作短編映画です。チンコリンピックで上映されたEl Giganteに続く彼らの短編です。El Giganteに比べると好みがわかれそうなところはありますが、私は好きですよ。最後のシーンの目ん玉の中をよーく見ててほしいですね。

ちょっと宣伝。私は漫画家の倉林さんと一緒にEl Giganteのコミックスをつくりました。日本語版と英語版があって、5ドルで売ってます。こちらもよろしく↓

ただいまイベント直前!

以上が私が選んだ作品です。他の上映作品リストはこちらにある↓

なかなか話題作が並んでいて、きっとぜんぶ楽しいと思いますよ。

昨日は映画館にいって、担当の技術者の人とあって、最終的なチェックをしました。準備万端です。佐藤さんはこういうイベントをさすがにやり慣れていて、おバカな忘れ物などぜったいしないようにみんなに言い聞かせてくれるから安心です。きちんきちんと打ち合わせを進めていますが、わりと暇な時間もあるので、ハンブルグの町をぶらぶら見物したりもします。いいですなあ。ハンブルグ。ここに住んでもいいかーって気もするくらいだなー。

コペンハーゲンでもやるよ

あ、そうだ!ハンブルグが終わった後、デンマークにいって、コペンハーゲンの映画館でもやるんですよ!招待されたんですよ!すごーい!そちらの様子も合わせてお知らせします。

諸々よろしくお願いします。

写真いろいろ

イベント期間中の写真をFacebookのアルバムに定期ポストしていますからみてみて↓

こちらはその一部↓

Hamburg a

Hamburg b

Hamburg c

Hamburg d

もっと写真を見たいひとはこちら↓

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

Hiro Fujiiの制作案件いろいろ』の最近のエントリ

PV1,176
ホラーなブログの方はどうぞ

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1544)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News