2009/12/12 (Sat) at 12:02 pm

映画|第9地区|District 9

南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に突如出現した謎の巨大UFO!中からエイリアン難民がワンサカ出てきておどろいた!ドキュメンタリタッチで描く異色予想外SF。出演シャールト・コプリー。監督ニール・ブロンカンプ。2009年。

第9地区 / District 9 DVDDVD画像

ある日とつぜんデカ宇宙船が飛来。ヨハネスブルグの上空にきたと思ったら、ぱたりと停止した。ぽかんと空中に浮かぶ姿は異様である。ナニゴトであるかと世界はおったまげたが、数ヶ月間は何も起きなかった。政府は探索チームを送って中に入ってみた。したらば、なんとそこには数百万を超えるエイリアン難民がいたから驚いた!

というお話がドキュメンタリタッチで進行します。といってもRECCloverfieldみたいなヤツではなくて、ところどころニュース映像やインタビューが挿入されたり、手ブレ映像になったりするというリアリティショーみたいなつくりになっててすごくおもしろい。その手法に加えて、CGの技術はとんでもなくリアルで、こんなのうちの母親(80過ぎ)に見せたら、ぜったい本気にすると思う。ヤバいです。「だからつくりもんだっちゅうの!」「だってあんた!あそこに映ってるじゃない!」みたいな会話になりそうでこわい。

この映画のエイリアンってのは、爬虫類っぽい外殻で覆われた外観の2足歩行の生き物です。ガーガーピーピーとエイリアン語をしゃべる。言語を操ったり、道具を使うといった知能はあるけれど、動きが野蛮人のようで、好き勝手に暴れているというかんじで、なんでこんなヤツラがUFOをつくれるんだろうかとだれもが不思議に思うのではないか。人間たちは嘲笑を込めてprawn(エビ)と呼んでいる。また、この映画では、人間とエイリアンは普通に会話ができる。人間は英語でしゃべり、エイリアンはガーピー音でしゃべり、それでお互いにわかってしまう。「きみはクリストファーっていうんだ」なんていう。映画を見ている私たちは字幕を読めるので支障はないです。エイリアン語の字幕は出ません。

さて、船内で発見されたエイリアンたちは、汚くて暗い場所に閉じ込められていたようなありさまで、とても弱っていた。このニュースは国際的な大事件だったので、政府はすぐさま人道的救済措置を行うと決めてそのようにした。エイリアンのみなさんを船から降ろして、助けてやったのである。すごい数だったので、UFOの真下に敷地にキャンプをつくった。なにしろエイリアンの難民キャンプであるからして、警備も厳重にせねばということで高いフェンスがつくられた。この隔離地帯をDistrcit 9という。

それから20年も経ったら、慣れというのは恐ろしいもんで、エイリアンはその場所に住みついてDistrcit 9はスラム化した。巨大な無法地帯である。エイリアンたちがゴミを漁る姿は文字通りスカベンジャー。そこにどこからかナイジェリア人ギャングが中に入り込み、中で商売を始めた。ここは普通の人間はぜったい入ってこないから警察から隠れるのにべんりだし、いろいろと金になるのだ。エイリアンの臓物を茹でて食えば万病に効くとかいって売り出したりとかですね(DVDのDeleted Scenesに詳しいのが入ってるよ)、エイリアンに好物のキャットフードを売ったりとか。武器の取引も。

武器というものの設定がこの映画ではユニークで、物語の鍵となる。人間はたくさんの未知の武器を発見し、政府のえらいさんはホエーと喜んだが、それはすべて人間には使えないものだった。エイリアンの武器はバイオエンジニアリング技術が元になっていて、エイリアンのDNAを持つものだけがそれを使えるようになっていた。人間が引き金を引いてもナニも起きない。

そんなこんなで20年も経ったら、Distrcit 9は政府にとって厄介の種になった。治安は悪くなるし、金はかかるし、市民は文句をいうしで、しょうがないから、もっと遠い別の場所にキャンプを作り直して、ぜんぶ移送してしまえという計画が発表された。その数180万。

さて、前置きが長くなったが、映画の主人公はこの移送計画の責任者に任命されたヴィカスというオッサンである。この人間的な魅力にあふれたオッサンのオンステージ!という調子で映画は進行する。

ヴィカスは平和を愛する。エイリアンの家を一軒づつ訪問し「このたび移送することになりましたんで、これにサインもらえませんか?」と丁重にお願いする。エイリアンがガーピー怒ると、護衛の兵士がでっかい銃を構えるが、ヴィカスは「いかんヨいかんヨ」と制止する。子供エイリアンの気を惹こうとしてキャンディ(かな)をあげるんだけど、相手は怒ってヴィカスにそれを投げつける。これに気を悪くした彼は豹変する。官僚的な態度で「子供の教育がなっとらん」と親エイリアンに説教するのは小役人風情である。そんなこんなのその合間に、関係者のインタビューが挿入される。ヴィカスの優しいママが出てきて「ヴィカスは優しい子です。息子がこんな大役をおおせつかってたいへん名誉なことでございますオホホ」といったりするのはThe Officeみたい。

そう、このヴィカスはマイケルにすごく似てるのだ。The Officeのマイケル・スコットです。似てるといってもパクリのようないやなかんじでない。興趣がある。私はこのNBCのドラマの大ファンで、ヴィカスをみてすぐに「変なアクセントでしゃべるマイケルみたいだ!」と喜んだのだけれど、映画を見終わってからいろんな人のレビューを読んだら、同じ感想を持つ人がいて、やっぱりなあと思った。顔が少しスティーヴ・カレルに似てるし、声質が似てるし、キャラも似ている。人間臭いところとかね。善良なんだけど見栄っぱり、妙にズレてるところがマイケルっぽい。彼が "That's what she said." といったらかなりウケるだろう。映画の後半は大アクションになるんだけど、大ピンチに陥ったヴィカスが愛する妻の声を聴いて涙するという感動シーンでは、ひょいと画面が変わってドワイトの顔が出てきて「こんな話はBSGでも出てこなかったよネ!」とかなんとかいいだすんじゃないかと、それが気になってゲラゲラ笑ってしまいました。

あ、話がそれてすません。The Officeを知らない方にはつまらなかったですね。すごくおもしろいドラマなんですヨ。

さてヴィカスは名誉ある大仕事にやるきまんまんだったが、大失敗する。エイリアンの住居で見つけたへんな物体をいぢって、その中の液体をモロに浴びた彼は ... この続きはネタバレのほうに書きます。後半クライマックスはアクションテンコ盛りです。おもしろい!

トレイラー動画

Discrct 9 trailer
Discrct 9 Uncensored Teaser

※感想

Wikus rules! It's so you! です。以上。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (14枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

SF映画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: District 9
別題: District 9
Sector 9
Distrito 9
Distrikt 9
Район 9
9. rajoon
9.rajons
Dai 9 chiku
District 9 - Apagorevmeni periohi
District Nine
Dystrykt 9
Okrozje 9
Yasak bölge 9
邦題(カタカナ): 『第9地区』
制作年: 2009年
制作国: アメリカ/ニュージーランド/カナダ/南アフリカ共和国
公開日: 2009年8月13日 (オーストラリア)
2009年8月13日 (ニュージーランド)
2009年8月13日 (ロシア)
2009年8月14日 (カナダ)
2009年8月14日 (アメリカ)
2009年8月28日 (南アフリカ共和国)
2009年9月4日 (イギリス)
2009年9月5日 (フランス) (Deauville American Film Festival)
2009年9月10日 (ドイツ)
2009年9月10日 (スペイン) (Catalonia)
2009年9月11日 (スペイン)
2009年9月12日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2009年9月16日 (フランス)
2009年9月25日 (イタリア)
2009年10月1日 (香港)
2009年10月15日 (韓国)
2010年2月27日 (日本) (Yubari International Fantastic Film Festival)
2010年4月10日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: District 9
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞
  • 映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! - 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

    機内映画その3、第9地区 District 9です。年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。さてそのインパクトとは.....ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」宇宙から飛来した宇宙船(写真)が、あてもないまま停泊。留 ...

    2010/1/11, 9:56 AM

  • 第9地区 / District 9 - うだるありぞな

    今回は、南アフリカを舞台に、南アフリカの役者達によるハリウッドらしくないSF作品。「District 9 第9地区」[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuL8qAQgwDTAOPITF8mGDA2xS4P1czEhKQSALUfDqw=]ランキングに参加してます。 クリックお願いします。  「キング・コング」や「ロード・オブ・ザ・リング」を監督 ...

    2010/1/19, 11:39 AM

  • 第9地区 超予測不可能な展開で・・・( ̄O ̄;) ウォッ! - 労組書記長社労士のブログ

    【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だろう」と自分に言い聞かせてしまって、試写会の ...

    2010/4/1, 1:12 PM

  • [映画『第9地区』を観た] - 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

    ☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。 私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。 この作品の魅力は何なんだろう? 先ずは、ヨハネスブルグと言う、作り手の通(つう)な選択による都市上空に浮いている、巨大UFOのビジュ ...

    2010/4/10, 3:56 PM

  • 映画「第9地区」@109シネマズ川崎 - masalaの辛口映画館

     毎月10日は109シネマズの“109シネマズの日”で鑑賞料金が¥1000だ、と言うことで初日を迎えた「第9地区」を上映するシアター1は最前列以外満席である。    映画の話 ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空...

    2010/4/12, 1:48 PM

  • 第9地区 / District 9 - 我想一個人映画美的女人blog

    {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/}←please click同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/}あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusume/}これ、もともと楽しみだったけど期待以上に面白か ...

    2010/4/14, 9:22 AM

  • 第9地区 - ゴリラも寄り道

    <<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...

    2010/4/14, 3:58 PM

  • 第9地区 - Akira's VOICE

    美味しさ70点の天丼定食。 

    2010/4/15, 11:49 AM

  • 第9地区 - ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

    翔んでるシチュエーションが最高!

    2010/4/15, 6:03 PM

  • 映画「第9地区」グロイけど面白い、見た目について考える - soramove

    「第9地区」★★★★シャルト・コプリー主演ニール・ブロムカンプ監督、111分 、2010年4月10日公開、2009,アメリカ,ワーナー・ブラザース、ギャガ(原題:District 9 )                    →  ★映画のブログ★                     どんなブログが人気なのか知りたい←「南ア ...

    2010/4/16, 9:02 PM

  • 『第9地区』 ハリウッド映画の明日を変えるに違いない、独創の心地よい暴走に酔える幸福 - ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー

    にほんブログ村 『第9地区 DISTRICT9』 のっけから引き込まれてしまう、巧みな演出。 その計算し尽くしているであろう展開に、すんなりと魅せられてしまう、かつてない独創(オリジナリティー)。 無名の監督とキャストに、完全オリジナルの脚本、そ

    2010/4/17, 7:06 PM

  • 第9地区 - 〜映画盛り沢山〜

    監督:ニール・ブロムカンプ  製作:ピーター・ジャクソン/キャロリン・カニンガム  脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル  撮影:トレント・オバロッチ  編集:ジュリアン・クラーク出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームス/ジェイソン・コープ公開年:2009年(アメリカ等)/2010年(日 ...

    2010/4/19, 1:32 AM

  • 映画:第9地区 - よしなしごと

     金曜日の仕事帰り、ダーリンは外国人を観て、さらにもう1本映画鑑賞です。この日の2本目は“外国人”の映画を観たので次は“宇宙人”の映画第9地区でした。  外国人と宇宙人という共通点(共通点なのか?)の他にこの2作品にもう1つ共通点があります。それは2作品とも初監督作品なんです!!

    2010/5/9, 11:17 AM

  • 第9地区 - 映画的・絵画的・音楽的

     『第9地区』を渋谷東急で見てきました。 おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄のある映画は無い、と断言出来ます」とまで書いている ...

    2010/5/16, 8:09 AM

  • 『第9地区』 変態を繰り返す映画 - 映画のブログ

     【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...

    2010/5/23, 10:43 AM

  • 第9地区 - ★★むらの映画鑑賞メモ★★

    作品情報タイトル:第9地区制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド監督:ニール・ブロムカンプ出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほかあらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃も ...

    2010/8/4, 2:00 AM

  • 「第9地区」(DISTRICT9) - シネマ・ワンダーランド

    南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新たな対応策が思いもよらぬ事件に発展していく様子 ...

    2010/10/20, 10:01 PM

  • 『第9地区』 映画レビュー - さも観たかのような映画レビュー

    『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...

    2011/3/2, 11:40 AM

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News