2010/9/7 (Tue) at 1:18 am

映画|セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド|Sexy Killer

お色気小悪魔サイコパスキラーが、ラテンのリズムに乗ってどんどんブッ殺す。後半はゾンビも出るよ。スペインのお笑いホラー映画。マカレナ・ゴメスセサール・カミーノアレホ・サウラス。監督ミゲル・マルティ。2008年。

セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド / Sexy Killer DVDDVD画像

医療系大学のキャンパス内でシリアルキラーが出現。生徒も先生もホイホイとブッ殺される。たくさん死体が発見され、テレビカメラがやってきて大騒ぎになるが、じつは、これすべて、小悪魔お色気ガールのバルバラちゃん(マカレナ・ゴメス)の仕業だなんて、だれも知らないのである。

バルバラちゃんてのはスタイル抜群の美女であり、Cindy Superstarのような人生を夢見る小娘であり、そしてさらに『殺人がめしよりすき』なキチガイ女である。

彼女は毎日だれかをブッ殺し、幸福な学生生活を送っていたのであるが、あるとき、恋をする。相手は死体の検死を任された学生のアンちゃん(セサール・カミーノ)であった。ここは医療系の大学なので、そういう専門家が大勢いるのである。バルバラちゃんもそういう勉強をしてるんだが、彼女は勉強はあまり好きじゃないみたい。授業中はポケーと夢を見てたりする。

彼女がそのアンちゃんに惚れた理由というのが「あのひともわたしと同じキラーなんだ!すごい!」と大きな勘違いをしてしまったからなんだが、なんでそうなったか、また、なぜ彼女が勘違いに気づかないのか、というあたり、小ネタ満載で攻めてくるので詳しくは映画でどうぞ。おもしろいよ(バルカンサインに爆笑)。

日頃は言い寄ってくる男たちをコバカにするのがおもしろくてたまらないバルバラちゃんであったが、キラー(と彼女は信じている)の彼に出会い、いっぺんでゴロニャンとなる。言い寄られた男は「こんなカワイコちゃんがおれを!」と有頂天になる。ふたりはワーイとくっつく。この流れはさすがラテン!というかんじで鮮やかに進行します。

ところで、彼女が惚れた男は、前述の通り、死体の検死をやるんだが、それとは別に、友達と一緒にへんな研究をやっている。それは簡単にいうと「死んでから数時間に限り、脳に残存するイメージをとりだせる」という話であった。死体に特製ヘッドギアをかぶらせ、コンピュータをごにょごにょすると、死ぬ直前に見た風景がモニタに出てくるのである(『Fringe』にも同じようなネタがあった)。

自分の新恋人がキラーだなんて夢にも思わない彼は、自家製のマシンを使ってキラーの正体を割り出そうとする。うまくいけば、死者が死ぬ直前に見たものを見れる。そしたら犯人がわかる。ヨッシャ、いくぞ。とやってみたらば、なんと、映像が見えるどころか、死体が蘇ってゾンビになっちゃう!ガオー!

てわけで、キラーあり、お色気あり、ゾンビありの、じつにめまぐるしい展開のお笑いホラー映画です。

トレイラー動画

Sexy Killer (2008) trailer

感想

この映画は『セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド』という邦題で、2010年10月2日にDVDリリース予定だそうです↓

冒頭から『スクリーム』のマスクやら、冷蔵庫に生首やら、ワンコの名前がジェイソンやら、そういうのが出てくるので、少しぐぇーとおもいました。私、嫌いではないのですが、低予算ホラーにはこの手の懐古ネタのヤツがとても多いので食傷気味なのです。

でもその先はとても意外でおもしろかったですよ。懐古ネタがいろいろ出てきますが、それで終わっていないという点がいいですね。へんなミュージカル風の映像がたまに出てきて、それもすごくいいのです。

よかったところ。

  • バルバラちゃんがおもしろい。
  • 物語がカッ飛んでて飽きない。
  • バルバラちゃんがかわいい。
  • 音楽がおもしろい。
  • バルバラちゃんがかっこいい。
  • ラストのオチもいい。
  • バルバラちゃんがいい。

わるいところ。

  • ない。

マカレナ・ゴメス

バルバラちゃんを演じたマカレナ・ゴメスはスチュアート・ゴードン + ブライアン・ユズナの『DAGON (2001)』に出てました。タコ人魚(とでもいえばいいのかな。美少女なんだけど下半身がタコなの)のアレです。あのときに比べるとだいぶ大人っぽくなった。スタイルいいし、顔もきれい。ちょっと年を食ってますが、大学生役もオッケーです。だいたいスペインのひとって(日本人から見ると?)年齢不詳なひとが多いから、あまり気にならないという点もあります。

私は『DAGON (2001)』以来、久しぶりに彼女を見たのですが、imdbを見るとたくさん出演作があります。スペインの映画ばかりでぜんぜんわからないけど、テレビドラマにもたくさん出てるし、あの演技力からしても(スペイン語わからなくてもヒシヒシと感じた)、きっと本国では大人気の女優さんなんだろうなあとおもいました。彼女はとてもいいですね。

彼女が出てる『DAGON (2001)』はとてもおもしろいですから、未見の方はぜひご覧ください。ダゴンていう異教の神様にお祈りをしているうちに、水棲人間になっちゃったひとたちが暮らす漁村てのがあって、そこに迷い込んだ人間がこわい目に遭うホラー映画です。ラヴクラフト原作。ねちねちしたかんじがいいんですよ。

『セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド』のマカレナ・ゴメスは、ラテン版クリスティーナ・リッチというかんじがしました。雰囲気が似てる。ぴょこんと立ち上がって、背筋を伸ばして、スタスタ歩きつつ、小生意気な台詞をいうところなど『Ally McBeal』に出てた頃のクリスティーナちゃんを思い出しました。小悪魔minxです。そしてさらにシリアルキラーでもある。

この映画のラストクライマックスでは、彼女はタコに変身し、悲しく海に帰っていくんですよ。というのは冗談です。ごめんごめん。

みんなも観よう!

画像

画像をもっと見る (26枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Sexykiller, morirás por ella
別題: Barbykiller, morirás por ella
Sexy Killer
Sexy Killer: You'll Die for Her
邦題(カタカナ): 『セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド』
制作年: 2008年
制作国: スペイン
公開日: 2008年9月12日 (カナダ) (Toronto International Film Festival)
2008年10月10日 (スペイン)
2009年2月6日 (ドイツ) (European Film Market)
2009年3月14日 (フランス) (Nantes)
2009年3月28日 (香港) (Hong Kong International Film Festival)
2009年6月13日 (アメリカ) (Seattle International Film Festival)
2010年10月7日 (フランス) (Toulouse Cinespaña Film Festival)
2010年10月19日 (フランス) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Sexykiller, morirás por ella
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News