2007/12/6 (Thu) at 3:09 pm

映画|エスケイプ・フロム・リビングデッド|The Zombie Diaries

ドキュメンタリー風手ブレ映像が異色のゾンビ映画。監督マイケル・バーレット&ジョージ・カーペンター。2006年イギリス。

エスケイプ・フロム・リビングデッド / The Zombie Diaries DVDDVD画像

世界じゅうにゾンビウィルスが蔓延。次第に被害が拡がる中、ジャーナリストがヴィデオカメラを持って、ウロウロとそこらへんを取材しまくってるうちにひとりづつゾンビに襲われていくお話。"mockmentary" っていうんですよね、こういうの。"mocked documentary" だから略して "mockmentary"。ブレブレの報道カメラみたいな臨場感あふれる撮影手法を全面的に取り入れた映画だが、わたしゃ半分あたりで断念した。果たして映画と呼んでいいのか。映画のDVDに入ってるオマケシーンを見てるみたいでいやになった。すきな方、すません。

こういうドキュメンタリタッチの手法をうまく使ってる一例として、FXの『ザ・シールド』(テレビドラマ)がある。でも『ザ・シールド』の場合はもっと洗練されていて、刑事たちが突入していくシーンのザラザラ画面はいかにも報道映像なんだけど、そこはプロがつくってるわけで、視聴者が悪酔いしないような意匠が凝らされている。と思うんだけど、この映画の場合はもうすみからすみまでブレブレで、ゾンビが出てくるところもなにがなんだかよくわからなくって、編集前のビデオを見せられてるみたいだった。着想としてはおもしろいが、コレで90分を引っぱるのは ... 疑問だ。ところどころでこういう映像が入るんならおもしろくて効果的だと思うケド。

もし最後まで見た方がいたとして「ラストまで我慢するとなかなかおもしろいよ!」という意見がありましたら教えてください。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV18,925
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Zombie Diaries
別題: Agria zombi
Journal d'un Zombie
邦題(カタカナ): 『エスケイプ・フロム・リビングデッド』
制作年: 2006年
制作国: イギリス
公開日: 2006年10月29日 (イギリス) (Letchworth Garden City premiere)
2007年8月27日 (イギリス) (DVD)
2007年10月12日 (アメリカ) (Austin Film Festival)
2008年6月19日 (オーストラリア) (DVD)
2008年7月25日 (ドイツ) (DVD)
2008年8月12日 (ロシア) (DVD)
2008年10月29日 (日本)
2008年11月18日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Zombie Diaries
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News