2010/5/7 (Fri) at 4:23 am

映画|BOX ボックス|Meadowoods

田舎の大学生3人が殺人計画を実行するモキュメンタリ手法のホラー映画。低予算。監督スコット・フィリップス。2010年。

BOX ボックス / Meadowoods DVDDVD画像

どっかの田舎町。大学生の仲良しトリオ(男2名 + 女1名)が「殺人してみよう」と考えついて、実行に移すまでを記録したモキュメンタリ低予算映画。この3人は見ため暴力的なキャラではなく、サイコパス風でもなく、ラリってることもなく、極めて標準的な普通のアンちゃんおねーちゃんである。まず最初は動機についてしゃべる。

「ぼくたちの生活はとってもつまらないから、なにかパッとしたことをやろうと思ったんだよネ」「そそ、殺人事件はオオゴトだから、きっと人々の記憶に残るわ。わたしたちはなにかをやり遂げたぞっていう気になるよ」

てな調子でしゃべってる風景は、なにかの趣味サークルの打ち合わせみたいである。3人は男を殺すか、女にするか、若いか、年寄りか、どうやって殺すか、殺したあとどうするか。。。という具体的な手順を淡々と話し合い、やがて同級生の女の子を標的として選ぶ。

「自主制作の映画をつくるからインタビューに協力してください」と誘い込んで彼女の生活環境を調査しつつ、犠牲者を生き埋めにするための特製棺桶をつくって殺人計画は進行する。ほんとに殺しちゃうんでしょうか。

動画トレイラー

Medowoods trailer

邦題『BOX ボックス』

後から追記。この映画は邦題『BOX ボックス』にて、2013年2月2日、DVDリリース予定だそうです。

感想

ゴアゴアなし。ショッカーな展開もなし。ホラーファンが期待するもんなし。淡々と進行し、最後に少しアクションがありますが、盛り上がりに欠けます。たいていのひとはつまらない映画だと思うでしょう。

が、よかった点もあります。低予算映画にしては、俳優さんの演技がおどろくほどまともなのです。これは意外でした。お安いインディーズ映画を見馴れていない方にはわかりにくいかもしれませんが、この種のヤツってのは、演技とか、音楽とか、基本的なところからしてヒデーのが多いのです。台詞棒読みとか、明らかにカンペ見てしゃべってるとかですね。普段そういうのをよく観るので、この映画くらいにまともだと、たとえつまらなくても星ひとつくらいはあげたくなっちゃうんですよ。最低限のところをクリアしているというのは、インディーズ映画としては画期的かなと。

簡単にいうと、インタビューをやってるうちに、ひとりの男がターゲット女性に親しみを覚え始めるのですね。それが亀裂になって3人の結束は失われていくのです。ここらへんよかったんじゃないですかね。インディーズにしては、という意味ですが。

私、思うに、キャラの立ちはよかったので、この内容をベースに、もう少しスリル要素を加えて(途中で彼らが殺人の予行練習をしてみたらポリスに見つかるとか?)、もう少しお金をかけてありきたりでもいいのでゴアシーンをいくつか加えるとかすれば、それだけでかなりまともなホラー映画になるんじゃないですかね。どうなんだろ。そこがむずかしいところなのかな。期待してるからがんばってくださいよ。

画像

画像をもっと見る (6枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Meadowoods
邦題(カタカナ): 『BOX ボックス』
制作年: 2010年
制作国: アメリカ
公開日: 2010年5月4日 (アメリカ)
imdb.com: imdb.com :: Meadowoods

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News