2013/1/24 (Thu) at 11:02 pm

映画|リール・イーヴィル|Reel Evil

フルムーンがお送りするファウンド・フッテージのホラー映画。ジェシカ・モリスカイウィ・ライマンジェフ・アドラー。監督ダニー・ドレイヴン。制作チャールズ・バンド。2012年。

リール・イーヴィル / Reel Evil DVDDVD画像

ここはLA。

ドキュメンタリ映画をつくりたい3人組が登場。おてんば娘カワイコちゃんのケネディさん(ジェシカ・モリス)に加え、ふたりの男、カメラ担当のジェイムズさん(ジェフ・アドラー)と音声担当のコリーさん(カイウィ・ライマン)というメンツ。

彼らは「ハリウッドの大物プロデューサーから呼ばれた」というんで、喜び勇んでやってきたらば「現在製作中のホラー映画のメイキングビデオをつくれ」という話であった。なーんだ。あんなものは誰も見やしないじゃないか。つまらん仕事だ。と文句をいいつつ、カネのためにやることにした。

映画のロケ地は元病院の廃墟である。すごく大きくて、入り口がどこにあるのかわからない。歩き回っていたら、グロ顔のホームレスが出てきて「ひー」とかやってたもんで、時間に遅れてしまう。

やっと中に入ってプロデューサー男を見つけたら「遅いよこらマヌケドジ死ね」と怒られた。メイキングビデオをつくるチームなんていうものは、ハリウッドカーストの最下位奴隷えたひにん扱いを受けるものらしいですな。

3人はそこらへんを見学して回り、クルーやら監督さんやら主演女優やらにインタビューをやる。メイク担当のネーチャンが「主演女優がメイクの道具を盗んだ!」とかいうオモシロ話を小耳に挟んだりしつつ、どうにかこうにかやるんだが、トリオはどこにいっても邪魔者扱いされる。あたまにきちゃうわ。

ビッチ女優に難癖をつけられたケネディさんはついに爆発。「やってられるかバーロー」とブチ切れ、涙目になる。ふたりの男は彼女をなだめ「おまえがかわいいからいぢめられるんだよ」「頭を冷やそう」つって、静かな場所に一時避難する。

先に書いた通り、この廃墟はものすごく巨大なのです。クルーのみなさんが忙しく働いているフロアはスタジオみたいだが、誰もいないところに足を踏み入れると、いかにも廃墟らしい薄気味悪い雰囲気。それがどこまでも続いている。

トリオは仕事をほったらかして、探検することにした。かつてこの病院にはシリアルキラーだのカニバリストだのがいたそうな。医師の名前はドクタークライン。こわいよね。いやだよね。なんつってずんずん進んでいったら、向こうからきもちわるい声が聞こえるではないか。

いまのはなに?どうせだれかがイタズラをやってるんだ。もう少し先にいってみよう。オイオイ。戻らないとヤバくね。わたしら、ドキュメンタリ映画をつくるんだよ。メイキングなんかくだらない。こっちのほうがいいよ。ちょ。待ってください。そっちにいくな。やばいってば。あれれ。ケネディはどこにいった?こっちだよ。はやくおいで。

こんな調子でふらふらと奥に入っていったら、こわいオバケが出てきてウギャー!

トレイラー動画

Reel Evil (2012) trailer

感想

近年、チャールズ・バンドはファンを落胆させてばかりですが、これはよかったんじゃないでしょうか。ファウンド・フッテージものは出尽くしてる感があり、明らかに後発なので、新味はないですが、なかなかおもしろかったですよ。

そうすごいもんは期待せずに。低予算なんだなーという湯加減で見れば楽しめるくらい。3人のキャラがいいよね。ものすごく普通っぽいひとたちなのでどこがいいかと聞かれると困るんだが、そこらのアンちゃんネーチャン風で感情移入しやすいかんじ。ケネディさんはかわいい。

フルムーンのDVDを買うと無駄に長いメイキングがついてくることが多いです。監督さんがビデオを抱えてロケの中をうだうだと歩き回り、クルーのみなさんがどうでもいい話をする。そういうの多いよね。セレブなひとも名無しのお手伝いさんも楽しそうにやってるからいいなあと思う。

でも、この映画の中に出てくるロケはぜんぜん違います。プロデューサー氏は怒ってばかりだし、主演女優はビッチだし。ビザなし労働者をコキ使うヤクザ経営の工場みたい。どちらが真実に近いのだろうか。

この映画のロケ地はLinda Vista Hospitalという有名な廃墟スポットで、音楽バンドのPV/ドラマ/映画などでばんばん使われています。『Duran Duran』『Buffy』『ER』。他にもたくさん。詳しくはこちらに載っているし↓

Reel Evil (2012)』のDVDのオマケの中でもこの廃墟のことが詳しく紹介されています。

おもしろいよと書きましたが、私、POVとかファウンド・フッテージなどはあまり観てないんですね。自分には合わない気がして避けてきたんだが、これを機会に他のヤツも観てみましょうかね。ナマニクさんのブログではコレ系の映画がたくさん紹介されているから、詳しく知りたいひとは読ませてもらうといいですよ。

DVDのオマケ

フルムーンのDVDはいつもオマケがたくさんある。メイキング/監督インタビュー/キャストのみなさんのインタビュー/SFX関係/廃墟探検/ギャグリール/トレイラー↓

  • Director's Commentary
  • Videozome: The Making Of Reel Evil
  • Darkest Hours: Reel Evil Set Visit
  • Darkest America Inside Inda Vista
  • Blooper Reel
  • Music Video
  • Full Moon Trailers (Dangerous Worry Dolls, Dead Want Women, Deathbed, Decadent Evil 2, Dr. Moreau, Grindhouse Series, Hell Asylum, KIller Eye 2, Puppet Master X, Reel Evil, Reel Evil Teaser, Reel Evil TV Spot)
  • Full Moon Vintage Trailers (Arcade, Killer Bimbos, Bad Channels, Crash And Burn, Creepzoids, Cannibal Women, Castle Freak, Intruder, Lurking Fear, Meridian, Shadowzone, Seed People, Shrunken Heads, Sorority Babes, Subspecies, Witchhouse)

チャールズ・バンド / Charles Band 画像

チャールズ・バンドっていつもこうやって出てくるよね。昔と変わらないなあ。もしかして彼は身長40センチのお人形なのではないか。

トム・デヴリン / Tom Devlin 画像

特殊メイクを手がけたのはおなじみトム・デヴリン。メイキングの中では、Dave CorsileAndrea Wiersmaというコンビが出てきて、たくさんしゃべる。デヴリンさんの弟子みたいなもんらしいです。

Darkest Jack 画像

映画の舞台Linda Vistaについてのレポートでは、ホスト役でDarkest Jackていうへんなおじさんが登場します。彼がいろいろ教えてくれるよ。Darkest Jackさんについて詳しくはこちら↓

この映画のDVDは字幕ナシ↓

画像

画像をもっと見る (111枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Reel Evil
制作年: 2012年
制作国: アメリカ
公開日: 2012年12月4日 (アメリカ)
imdb.com: imdb.com :: Reel Evil
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News