2015/2/15 (Sun) at 10:00 am

映画|ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ|Wyrmwood: Road of The Dead

マッドマックス・ミーツ・ゾンビ!気合いのイッパツ話題作ホラー映画。楽しいゾンビアクションが終始連続。おすすめ。オーストラリア。ジェイ・ギャラガービアンカ・ブラッドリーLeon Burchill。監督Kiah Roache-Turner。2014年。

ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ / Wyrmwood: Road of The Dead DVDDVD画像

どっかの森。

夜になったら流れ星がたくさん降ってきましたよ。ナニゴトであるか。

翌朝。この世はゾンビだらけになっていた。うわー。

家族を愛する平凡男、バリーさん(ジェイ・ギャラガー)もゾンビに襲われ、いったんは家族と逃げたものの、結局のところ、妻と娘を射殺せざるを得なかった。無念である。くそォ。

ベニーさん(Leon Burchill)は仲良しの兄弟ふたりと山キャンプにやってきて、兄弟を失った。無念である。くそォ。

こんなふたりが出会ってチーム結成。いったいなにが起きているんだ。わからないよ。といっていたところで、絶体絶命のピンチ。別の男たちに救われた。彼らの境遇も似たようなものである。

男たちはガレージにたてこもって対策を練るが、妙案浮かばず。この家には車はあるが、ゾンビ騒動以来、なぜかガソリンや灯油といった可燃性の燃料が燃えなくなってしまったのである。だから車は動かないの。

ところが、偶然、彼らは驚くべき発見をした。ガソリンが手に入らない代わりに、ゾンビたちの体液がボーボー燃えるのである。はて面妖な。と不思議がっている暇はなく、「ヨッシャこれだ!」とトンチンカンチンちからを合わせて、ゾンビ燃料システムのエコカーをこしらえてしまいましたよ。

マッドマックスばりの装甲をくっつけて、なかなかかっこいいではないか。よし、これで逃げるぞ!いくぞいくぞ!

こんな話の裏側で、別のサブ話があります。

男たちがドタバタやっていた頃、前述のバリーさんの妹(ビアンカ・ブラッドリー)は、ゾンビ事件当日、スタジオで写真撮影をやっていたが、モデル娘がガオーとゾンビに急変。ひーこらいって、上へ下への大格闘!ズダーン!ウギャー!

映画全編を通じ、この女はインディーズ版ミシェル・ロドリゲスという趣で、ズダダーとアクションやります。かっこいいいい。映画の後半においては、彼女はゾンビをマインドコントロールするワザを身につけてしまう。

女一人でゾンビと対決!にっちもさっちもどもならん!と思いきや、そこにSWAT風の兵士たちが突入してきた。助けてもらえるんですか。と思ったら、こいつらはわるもんだった。彼女を拉致して、どっかのラボに連行。そこにはゾンビ研究をやってるへんな博士がいて、ニタニタ顔で、大きな注射をブスブス痛痛痛痛痛痛痛痛!ウギャー!

最初から最後まで怒濤のアクションが弾けまくる、気合いのイッパツ!みんなも見よう。

We need to armor up! Big time!

トレイラー動画

Wyrmwood (2014) trailer

感想

ゾンビの特殊メイクは大したことないが、撮影/編集の巧さが見事に欠点をチャラにしている。そこらじゅうでゾンビが発生 → 人々はてんてこまい → 死ぬ人あり生き残る人あり → 始めはバラバラだった登場人物たちが、やがてひとつにまとまり、大きな敵と対峙していく。

という流れを、明快に見せている。うだうだがなく、常に刺激的なアクションを展開し続ける。この映画は観客に忍耐を求めない。謎解きも求めない。ただポケーと身を任せていればよい。完全無欠のポップコーン映画だ。すばらしい。

誰もが注目するマッドマックス・ミーツ・ゾンビ!は文句ナシに楽しいが、この映画独自のゾンビ設定も興味深い。ゾンビがガソリンに代わる燃料になるって、無茶苦茶すぎて笑ってしまう。この映画では、ゾンビが「ぶはー」と息を吐く。おもしろい演出だと思ったが、それには意味があったんですね。

息に火をつけると、火を吐くゾンビになってしまうの。要は、火炎ビンが歩いているようなものだから、そんなものを銃で撃ったら大爆発しそうなもんだが、決してそうはならず、物語的に都合のよいときだけ、引火するのはじつにいい加減である。でも、おもしろければいいじゃないか。

ビールとポップコーンと『ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ (2014)』さえあれば、あなたの人生はバラ色になる。イエーイ!バレンタインなんかくそくらえ!

前回アプした『Zombie Isle (2014)』といい、本作といい、マンネリムードのゾンビ映画ジャンルに殴り込みをかけてくる、こんな新作映画を見れるというのは至上の喜びである。生きててよかったぞ。

私は『ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ (2014)』をiTunesUSで見ましたが、もうすぐDVDも出ると思います。

後から追記。

監督さんによれば次回作の準備も着々進めているそうであります↓

追記以上。

後日もうひとつ追記。

ワタナベラヂヲさんていうネットラジオで、うちのブログのこの記事を紹介してもらいました。

「わくわくが止まらない!」「余計な頭を使わない!」「余計なウンチクを考えさせない映画!」「マッドマックス風味がイイネー!」

とおっしゃっておられます。ほんとうにそうですね。こちらからどうぞ↓

ラジオの中で触れているWyrmwoodというワードの説明についてですが、そんなかんじらしいです。映画の中でも聖書について少し触れていました。あと、そうそう。夜と昼でゾンビの動きが変わるんですよね。そこもおもしろいところです。

さきほどチョロッと聞いたところによれば、既に日本の業者さんが『ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ (2014)』の権利を取得済みだそうです。だからもうすぐ日本でも出ると思いますよ。どこから出るかは知りません。だいたいこういうのって、ギリギリにならないと会社名を教えてくれないんだよね。私にバラすと話をブチ壊すと思われているんだろうか。そんなことしないのに!

追記以上。

マッドマックス・ミーツ・ゾンビ!アルバム

ゾンビ燃料エコカー開発チームの仕事風景
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ゾンビも人類の役に立てて幸せでしょう
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ジャジャーン!
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

オーイエー!
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

装甲車両のてっぺんには特大モリ!
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

このへんはいつものヤツですね
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

このゾンビ娘の演技はよかった
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

こちらは子供ゾンビ
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ぐえーぇーーー
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ギョェえええエ
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ゾンビ研究するキチガイ先生
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

おきらくミュージックでノリノリ
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

ゾンビを操る最強ネーチャン!
映画|ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド|Wyrmwood: Road of The Dead (47) 画像

余談ですが、MAD MAXつながり

この映画とは無関係ですが、Mad Maxつながりで再掲します。以下の短編映画は『ABCs Of Death 2』のコンペの応募作品ですが、とってもおもしろいんですよ。未見の方はぜひ。

M is for MARAUDER ( ABC's of Death 2 )

M is for MARAUDER { ABC's of Death 2 ) from Steve Daniels on Vimeo.

画像

画像をもっと見る (98枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Wyrmwood
別題: Wyrmwood: Road of the Dead
Wyrmwood: La carretera de los muertos
Road of the Dead
Лесной змей
邦題(カタカナ): 『ゾンビマックス!/怒りのデス・ゾンビ』
制作年: 2014年
制作国: オーストラリア
公開日: 2014年9月19日 (アメリカ) (Fantastic Fest)
2014年10月3日 (韓国) (Busan International Film Festival)
2014年10月4日 (スペイン) (Sitges International Fantastic Film Festival)
2014年10月22日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2014年10月24日 (カナダ) (DEDfest)
2015年2月13日 (オーストラリア)
2015年2月13日 (アメリカ)
2015年2月27日 (イギリス) (Glasgow Film Festival)
2015年3月14日 (ドイツ) (Fantasy Filmfest)
2015年4月2日 (アメリカ) (Chattanooga Film Festival)
2015年5月8日 (イギリス)
2015年11月3日 (イタリア) (Science+Fiction, Trieste)
2016年2月2日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: Wyrmwood
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News