2011/1/5 (Wed) at 4:56 pm

映画|ラスト・エクソシズム|The Last Exorcism

エクソシズムテーマのモキュメンタリのホラー映画。パトリック・ファビアンアシュリー・ベルルイス・ハーサム。監督ダニエル・スタム。製作イーライ・ロス。2010年。

ラスト・エクソシズム / The Last Exorcism DVDDVD画像

バブテスト教会のコットン牧師(パトリック・ファビアン)は、幼少のみぎりより、牧師である父直伝の英才教育を受けた牧師の中の牧師で、聴衆を魅了する話術の名人である。エンターテイナー的な才能があって、話がうまく、みためはハンサムだし、家族を愛する家庭人でもあり、じつに人気がある。牧師というより、リアリティショーの司会者みたいなんだが。

映画の冒頭10分。この男の人間像がサマリされる。

コットン牧師は「家族が悪魔に憑かれた!」と主張する人たちの依頼を受け、彼らのところにいって、エクソシズム儀式をやって、「はい、もう悪魔は去りましたよ」というのをながらくやってきたのだが、ゆえに、いちおう「エクソシズムの先生!」ということで名が通っているんだが、本人はこれらの行為の信憑性をまったく信じていない。

牧師の父から譲り受けた悪魔の本をだいじに持っており、持ってるだけじゃなくてちゃんと読んで、その方面の知識はある。が、「知識がある」というのと「信じている」というのは別問題なのである。つまり、悪魔憑依を信じている人たちを安心させてやるのが自分の仕事と思ってやってきたわけで、詐欺のようだけれども、かといって悪辣な人物かというとそうではない。

かつて、彼は、息子が未熟児で死んでしまうかもしれないという人生的なピンチを経験したのだが、その後、息子が順調に生命を得たとわかると、彼はまず第一に「お医者さん、ありがとう!」と思ってしまったそうである。

こんなとき、牧師ならば「神様、ありがとう!」と思わなくちゃいけないだろうに「医者に感謝!」と思ってしまった自分に恥じた彼は「こんなぼくが牧師をやってていいんだろうか?」と自問して苦しんだそうな。これくらいのことで悩むくらいだから、コットン牧師は悪人の詐欺師ではないのである。

貧乏人をだまくらかして、豪邸に住んで、ブロンド美女をはべらせて、わっはーはー。なんてことはやってないのだから、ま、これで人助けになるんならいいんじゃないの?というかんじ。モダンな精神性の聖職者はこんなもんかなと思われ。

彼は、こういう調子で、彼流のインチキエクソシズムが人々の助けになると信じてやってきたんだが、ある日、その心境は変化した。カソリック神父によるエクシズム儀式において、自閉症の子供がビニルで窒息死したという新聞記事を見たからである。彼はその記事を重く読み、「自分もいつか罪のない子供を殺してしまうのではないか」と悩みだし、さらに、その後、バチカン主導のカソリック教条主義的なエクソシズムアカデミーのことを聞いたら、ますますいやになって「ぼかあ、もうやらない!」と思ったところで「ドキュメンタリ映画をつくりたいからエクソシズムを見せてくれませんか」という話がきた。

悪魔を信じないコットン牧師は「エクソシズムの内幕を世間に暴露するチャンスではないか」と考え(報酬もチョロッともらえるし)、この依頼に応じた。

てわけで、彼は商売道具の十字架やら聖書やら燭台やらをクルマに積んで、カメラクルーといっしょにでかけます。行き先はルイジアナのド田舎の農家である。そこんちの15歳の娘さん(アシュリー・ベル)が悪魔に憑かれたそうで、そのように主張しているのは娘の父(ルイス・ハーサム)である。

彼はドキュメンタリ映画のディレクター(アイリス・バー)に「どれもこれも似たようなもんですヨ。見せてあげるからついておいで」といって、いつもの調子ででかけて、インチキエクソシズムをやって、無事に悪魔が去った(と思わせた)あとは、心配する父親を相手に大まじめな台詞をいう。

「主はあなたたちを見守っておられます。悪魔は退散しましたが、この先、この家を守るのはあなたの仕事なのですよ。神のご加護を」

なんていうと、相手は涙目で「あ、ありがとうごぜえますだ」と感謝感激する。報酬をもらえる。一件落着。おしまい。

のはずだったんだが、今回はそうチョロいもんじゃなかったわけで、コットン牧師の思惑は外れて、彼は人生初の真性悪魔との対決を迫られるのです。てか、憑依かどうかはわからなくて、徐々に真相が明かされます。

トレイラー動画

The Last Exorcism (2010) trailer

PART2に関する情報イロイロ

追記。その後、PART2を観ました。レビューはこちら↓

感想

これはかなりよかったですね!上に長々とキャラ説明を書きましたが、この映画はこのコットンさんという男のおもしろキャラが重要だと思ったんで、少し長めになりました。このひと、おもしろいよ。メリン神父(『エクソシスト (1973)』)とはかなりちがいます。

imdbのratingが5.7と低めですが、過小評価されているんじゃないかなあ。私的には、7pt超えが妥当ではないか!と思いましたよ。『エクソシスト (1973)』『ポルターガイスト (1982)』といった過去の名作があるから評価が低めになる、という点に加え、教会ってもんをコバカにしている部分があるんで(イーライ・ロス流の皮肉がかんじられる)、アメリカ人の癇に障ったのではないかな。

バブテストの牧師がなんでバチカン流のエクソシズムをやるんだ!とか、いちゃもんつけてるレビューもあったし(これとか)。ホラー映画ならそれくらい許容だと思うんですけど。。

憑依少女のネルちゃん(アシュリー・ベル)はいまどきありえないほどの、おめめきらきらの、純真娘です。彼女がコットンさんを見るまなざしはイエス様を見るようです。映画のディレクター(アイリス・バー)にオシャレなブーツをもらって「パパ!見て!」と大喜びします。このシーンで、ディレクターのネーチャンは「あなたにあげるよ。半径300マイル四方でこんなの売ってないでしょ」なんて田舎をコバカにするようなことをいってましたが、こいつのほうが悪魔っぽいな!と私はおもいました。この純真娘がガオーと豹変するところはすごくこわい!

エミリー・ローズ (2005)』のジェニファー・カーペンターのエビぞり演技もよかったですが、こちらもぐわーーーんとなる。悪魔憑依女優は体が柔らかくないとつとまりませんね!アシュリー・ベルのインタビュー↓

彼女の身を心配する父親(ルイス・ハーサム)は典型レッドネックのクソ頑固オヤジで、悪魔の存在を信じて疑わない。後半になると、現代マインドのコットンさんと衝突します。一方、純真娘の弟(兄?)(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)は憎たらしいクソガキ風情なんだが、牧師のインチキをサクッと見抜くところはなかなか鋭い。ここらへんキャラの立ちがいいです。

さて、『憑依少女』と断定的に書きましたが、果たして憑依なのか、あるいは、トラウマによる分裂症なのか、どちらにもとれるような調子で映画は進行します。映画の後半で「じつは○○だった」という点が明かされると「悪魔じゃないのか!」と思わせつつ、でも、その後、またまたtwistがあって、後半10分で「えー、そうだったんですか!」となって、ガガガーと盛り上がって、最後のオチになります。

あのエンディングが評価わかれるところでしょうけど、私はよかったですよ。やっぱり悪魔はいたなーと納得しましたから。

以下のimdbのbbsのスレッドを読むと、好きな人嫌いな人の意見が載ってておもしろいです。どちらの言い分もわかる気がする。以下のリンク先はネタバレ全開なので、映画を観てから読んだほうがいいですよ↓

追記。ネタバレを書きました↓

DVDのExtra

DVDのオマケはいろいろあるよ。メイキングがおもしろかったです。

  • Actor And Director Commentary With Daniel Stamm, Ashley Bell, Patrick Fabian And Louis Herthum
  • Audio Commentary With Producers Eli Roth, Eric Newman And Tom Bliss
  • "The Devil You Know: The Making Of The Last Exorcism" Featurette
  • "Real Stories Of Exorcism" Featurette
  • 2009 Cannes Film Festival Teaser Trailer

Blu-rayだと少し違うらしい。と思ったら、Dread Centralに載ってた。以下のページにBlu-rayのオマケの内容が書いてあります。Blu-rayだとコメンタリがみっつあるそうで、なかなかおもしろそう。そうだったのか!

画像

画像をもっと見る (23枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

POV/モキュメンタリ/ファウンド・フッテージ/ドキュメンタリ

イーライ・ロス関連の映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Last Exorcism
別題: El último exorcismo
Poslednji Egzorcizam
O Último Exorcismo
Le dernier exorcisme
Der letzte Exorzismus
Viimane vaimude väljaajamine
Viimeinen manaus
O teleftaios exorkismos
Ο Τελευταίος Εξορκισμός
Posljednji egzorcizam
Az utolsó ördögűzés
L'ultimo esorcismo
Ostatni egzorcyzm
Poslednje isterivanje đavola
Poslednji egzorcizam
Последнее изгнание дьявола
Son ayin
Cotton
邦題(カタカナ): 『ラスト・エクソシズム』
制作年: 2010年
制作国: アメリカ/フランス
公開日: 2010年6月24日 (アメリカ) (Los Angeles Film Festival)
2010年7月24日 (カナダ) (Fantasia International Film Festival)
2010年8月16日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2010年8月23日 (ドイツ) (Berlin Fantasy Filmfest)
2010年8月27日 (カナダ)
2010年8月27日 (アメリカ)
2010年9月3日 (イギリス)
2010年9月7日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2010年9月9日 (ロシア)
2010年9月14日 (フランス) (Strasbourg European Fantastic Film Festival)
2010年9月15日 (フランス)
2010年9月30日 (ドイツ)
2010年10月9日 (スペイン) (Sitges International Fantastic Film Festival)
2010年11月25日 (オーストラリア)
2010年12月1日 (韓国)
2010年12月2日 (イタリア) (Turin Film Festival)
2010年12月3日 (イタリア)
2011年3月6日 (スペイン)
2011年10月8日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: The Last Exorcism
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞
  • ラスト・エクソシズム/俺はもう、悪魔払いを辞めるぞ! - 映画感想 * FRAGILE

    ラスト・エクソシズムTHE LAST EXORCISM/監督:ダニエル・スタム/2010年/アメリカ インチキ牧師が悪魔憑きに手こずります。 イーライ・ロス製作のモキュメンタリー映画です。ホラー映画でモキュメンタリーって、もう、いいよね…ってかんじではありましたが、これは結構良かったですね。あとわたし、なんだかんだ言っ ...

    2011/10/17, 12:00 PM

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News