2014/2/16 (Sun) at 2:16 pm

映画|ゾンビ・リミット|The Returned

感染ウィルス系ゾンビのホラー映画。薬物を取り合いする人々の疑心暗鬼と恐怖。エミリー・ハンプシャークリステン・ホールデン=リードクラウディア・バソルスショーン・ドイル。監督マヌエル・カルバージョ。2013年。スペイン/カナダ合作。

ゾンビ・リミット / The Returned DVDDVD画像

謎の致死性ウィルスが世界中に蔓延。これに感染すると、ガオーとゾンビ化&狂死する。といういつものヤツだが、この映画はちょっと違うんですよ。題名のReturnedは映画の独自ワードで、こういう意味です↓

ウィルス発生は80年代に遡る。たくさんの人たちが死んだが、世の科学者は暫定的な解決策を見出した。

感染してすぐに治療を受ければ、死を免れることができ、糖尿病患者がインシュリンを注射するように、『Returned Protein』なる薬物を定期的に注射すれば、普通の生活をしていられるようになった。毎日やる必要がある。1日でもサボると、息切れ呼吸困難に陥り、ガオーとなる。そうなったら後戻りはできない。

かような状況において、ゾンビ化していない感染者のことをReturnedと呼ぶ。I'm a Returned.とかいう。運悪く感染してしまった者は、申告することが義務づけられ、定期的に薬をもらわなくちゃいけない。そうじゃないと、当人ばかりでなく、周囲の人たちも危険だから。

つまり「治癒はできないが、コントロールはできる」という状況なわけです。これの感染経路は血液のみ。sexで感染しないし、遺伝もしない。

映画の主人公は、ケイトという名前の女医さん(エミリー・ハンプシャー)。彼女は少女時代に両親をウィルスでなくした。目の前でガオーと凶暴化した父をライフルで撃ち、走って逃げた。こんな壮絶な体験をした彼女は、いまは立派なお医者さんになり、Returnedのために働いている。

彼女には恋人(クリステン・ホールデン=リード)がいて、アレクスさんという。優しいヒゲ男は音楽学校でギターの先生をやってて、ふたりは深く愛し合っているのだが、じつは、彼はReturnedである。毎日注射を射たないと死んでしまう。

ところが、最近になり、Returnedにとって命の綱であるReturned Proteinが品薄になってきた。この薬は死んだ感染者の脊髄から抽出してつくられる。つまり、これのお陰で誰も死ななくなると薬をつくれないという悪循環が発生してしまうのである。政府は、人工Returned Proteinの開発研究を大急ぎでやってるんだが、結果を出せない。天然モノはどんどん減っていく。

ケイトさんは医者である立場を利用し、病院内の同僚(メリナ・マシューズ)に大金を払い、横流しReturned Proteinを違法に買っている。貴重なブツを手に入れると、だいじに持ち帰り、冷蔵庫に備蓄する。これがなくなったら万事休す。彼女はどうやってもそれを続ける気である。

徐々に社会不安が高まる。「Returned Protein、品薄!」の噂が広まると、各地で暴動が起きる。Returnedを危険視する風潮が生まれ、「こんな厄介者はまとめてブッ殺してしまえ」という過激派も出てくる。不幸なReturnedたちは現代の癩病患者のように忌み嫌われ、社会から迫害を受ける。

政府はこの風潮に歯止めをかけようと「病人をいじめちゃいけない」キャンペーンをやるが、あまり役に立たない。人工Returned Proteinは完成しない。感染者たちの身に危険が及び、こうなるとケイトさんの恋人も危ない目に遭ったりする。

事態はどんどん悪くなる。政府はいつしか方針を変え、感染者を強行的に隔離する方策を実施。町に兵士がやってきて、Returnedたちを捕まえ、強制隔離する。逃げたら名前を公表するぞと脅される。

ケイトとアレクスはピンチ!

ここで助けてくれるのが、親切な友達カップルである。彼らはふたりの不幸話を聞いて心を痛め、助力を約束した。友達夫婦の奥さん(クラウディア・バソルス)は最近本を書いたら大当たりの作家先生。夫(ショーン・ドイル)は奥さんのエージェントをやってて、こいつらはけっこうなお金持ちである。

ケイトとアレクスは、いまではダイヤモンドよりも貴重品である薬の備蓄をだいじに持ち抱え、友達の家に身を寄せる。1日でも長くアレクスを延命させ、政府がやってる人工Returned Proteinの完成を祈るばかりである。それができればすべては解決するだろう。

これはなかなかおもしろいですよ。どきどきするよ。最後はエーンと泣けるよ。

Kate: They're not zombies! They've been returned!

トレイラー動画

The Returned (2013) trailer

感想

近年の感染ゾンビものの中では突出的によい。マヌエル・カルバージョ監督は『エクソシズム (2010)』もよかったが、これもいいなー。ケイト&アレクスのコンビはじつに応援したくなるキャラです。グロ場面は少ないが、後半から最後にかけて、びっくり仰天のtwistがあってびっくりした。最後のアレだけは余計だったんじゃないの、というキズはあるが、たいへんよかった。みんなも見てください。

低予算のゾンビ映画って、思わせぶりな小話をやりつつ、じつはまったく関係なくて、あれはなんだったんだ、といいたくなるヤツが多いけれど、これはちがうよ。いくつかの細かい設定がきちっと回収されていくからきもちがいい。これからご覧になる方は、ここらへんを記憶しながら観るといいです↓

  • 映画の冒頭でチラと出る子供感染者の両親
  • ケイトさんが「こんな家に住みたいなあ」つって見ている写真
  • 友達夫婦の奥さんが書いた小説の内容
  • アレクスが立ち寄るガソリンスタンドの父息子

ヒロインのケイトさんは外観からは想像もつかないほど芯の強い女性で、助けてくれた友達も感心してこんな台詞をいう↓

Jacob: You know what, Kate? I think it's admirable how calm you are.
Kate: So do I.

ジェイコブ: いわせてくれ。君の冷静さは尊敬に値する。
ケイト: わたしもそう思う。

映画を観終わってから、あらためて、ジェイコブさんはどんなきもちでこの台詞をいったんだろうと考えると、おもしろいよねー。

余談ですが、こんな映画を好きな方にはこちらもおすすめです↓

こちらはUKの低予算ゾンビ映画で、ずっと地味なかんじなんだが、ドラマが熱くて泣けます。

ゾンビ・リミット (2013)』はただいまiTunesUSで公開中。

後から追記。最初この記事の中でReturned Proteinのことを『ワクチン』と書いたんだが、これは正確でないように思われてきたので、修正変更した。追記以上。

Memorable Quotes

Amber: You know, actually, this is the story of a guy who finds death inconceivable. He's crazy, he just can't believe that it will happen and he's sure that there will be some kind of exception for him.
Alex: That he won't die?
Amber: Yeah. That when the mement comes, he will somehow escape. That something will happen and it will save him.
Alex: Well, that's wishful thinking.
Amber: I know. Until one day, at a routine checkup... they discover a tumour. No doctor gives him more than four months to live.
Kate: Shit!
Amber: The guy takes it personally as if fate were insulting him. So he decides he's going to go out with a bang, murdering one person every day.
Jacob: That's awesme, right?
Alex: It's sadistic!
Kate: Yeah, but what for? Why...
Amber: He thinks that if he has a deliberate and direct contact with death, then he'll be able to understand it.
Alex: And does it get him anywhere?
Amber: Course not. He ends up in the ground like everyone else. Still none the wiser!
Jacob: That's why I love my wife. She used to write romance novels, but she's really the most dramatic person on the face of the earth. Congratulations baby. I love you.
Amber: I love you.
Alex: That's an interesting story. A little sadistic for my taste. But it's strangely fitting with the motive of bringing you guys over for dinner tonight.

Alex: So... six years ago... I was returned.

Detected January 1981
Contained October 1985
100 million deaths

Kate: If a returned isn't injected within thrty six hours, the spread of the virus in the body becomes irreversible. These statistics are indisputable. There's not a single case that proves the opposite. And we all know the consequences that come with that. Now, we don't have any official figures relative to the first outbreak, but almost all of us have experienced at least one case first hand. However we believe that there were more than a hundred million deaths worldwide. That outbreak cannot be compared with any other human tragedy in modern history. That trauma is what pushed us to start looking for a solution. And ten years later, the "Returned Protein" was the enormous prize with which humanity was awarded. And that is why, after the inevitable second outbreak, we were able to save so many people. Now a returned is someone who has had the immense misfortune to have contacted with the virus, but at the same time, the immense stroke of luck to have been treated within the first new hours. Now as you all know, the virus never goes away. We can't cure it yet. But these days, at least we can control it. If we get there in time. The "Return Protein" works as a barrier. It's kind of like retaining wall. The incubated virus is always there, but the daily dosage keeps it at a safe distance. The problem with the lack of natural protein will end with the creation of the synthetic alternative. This way the infected would be guaranteed the treatment for a life. A cutback in private funding would be a disaster, believe me. For the returned, of course, but for society as a whole.
a fat guy: Yes, but there're two things you've neglected to mention.
Kate: Oh, please enlighten us. Everyone is welcome to speak here.
a fat guy: You're very kind. These people are time bombs. Until we find the synthetic protein, they're a menace. If they miss just one dose, one, there's no going back.
Kate: Which is exatcly why we need to keep researching.
a fat guy: Right. And this is a very expensive treatment. That they have to maintain their entire lives.
Kate: Yes! I'm not denying that! But facing another epidemic like we had twenty years ago would be a lot more costly for everyone.
a fat guy: There're alternatives. There're alternatives.
Kate: Please share them with us.
a fat guy: They could be made to live in special compounds. Outside of the cities. Away from the children.
Kate: Or we could eliminate them!
a fat guy: I never said that.
Kate: But you're thinking it. And while we're at it why don't we get rid of smokers? And diabetics. And Obese, while we are at it. I mean aside from costing us a whole lots of money, they're also really unsightly.

Bloodborne
Transmitted by blood-to-blood contact
Not hereditary
Not sexally transmitted

Natural protein can only be extracted from the spinal fluid of infected people who have already died. Thankfully there are fewer Returned, but that also means there are fewer sources from which we can cultivate the protein.
Exatcly. This is a vicous circle. So fewer Returned equals fewer supplies of protein. This had lead to mandatory restrictions on access to treatment. The consequences of these restrictions are what most concern the authorities. Especially after the tension of the last few weeks.

Kate: They're not zombies! They've been returned!

Jacob: You know what Kate? I think it's admirable how calm you are.
Kate: So do I.

Amber: They'll have had time, you will see.

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (51枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Returned
別題: Retornados
The Returned - Weder Zombies noch Menschen
Возвращённые
Virüs
邦題(カタカナ): 『ゾンビ・リミット』
制作年: 2013年
制作国: スペイン/カナダ
公開日: 2013年10月18日 (スペイン) (Sitges Film Festival)
2013年11月15日 (スペイン)
2014年2月14日 (アメリカ) (limited)
2014年3月28日 (カナダ) (limited)
2014年7月15日 (ドイツ) (DVD)
2014年10月26日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: The Returned
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News