2010/6/16 (Wed) at 10:00 pm

映画|ゾーン・オブ・ザ・デッド|Zone of the Dead セルビア版DVD

ゾーン・オブ・ザ・デッド / Zone of the Dead (2009)』のセルビア版DVDを送ってもらいました。これは、過去に発売された他国のバージョンよりも5分長い、Extraが多い、というもんです。わーい。DVDだけでなくいろいろもらったので、見せびらかしエントリを書きます。

まずは!

ジャジャーン!

監督さんのサインつきDVDです↓

ゾーン・オブ・ザ・デッド (Zone Of The Dead) セルビア版DVD 監督のサインつき

私の名前と、このブログの名前を書いてくれたよ。HORROR SHOX RULES!!!! THE DEAD WILL RISE FOREVER!!! やったぜ、オーイエー!

さらに、サインつきのサウンドトラックCDももらっちゃった。そこらへんで売ってないもんだそうです。レア!↓

ゾーン・オブ・ザ・デッド (Zone Of The Dead) サウンドトラックCD

ゾーン・オブ・ザ・デッド (Zone Of The Dead) サウンドトラックCD - B

そして、さ、さらに、ケン・フォリーのサイン付きフライヤーももらった。印刷じゃないよ↓

ゾーン・オブ・ザ・デッド (Zone Of The Dead) フライヤーはケン・フォリーのサインつき

家宝にさせて頂きます。

ミラン、ありがとう。

Thank you, Milan!

HVALA, Milan!

THE DEAD WILL RISE FOREVER!!!

セルビア版DVDの内容

さて「5分長い」ってのがなにかというと、

  • 最初の方にチョロッとパーティのシーンがある
  • いくつかセルビアの大統領さんのシーンがある

という点でした。パーティのシーンてのは、いかにも地元の女子バンドの宣伝くさい内容なので、本国では有名なのかもしれないけど、ちょっとアレなので、これはカットされるわなという内容でした。でもたぶんセルビアの人には喜ばしい内容なのでしょう。

大統領のシーンはこんなかんじ。大統領とスパイ風の男(映画の冒頭で出てきたサングラス男。政府機関のわるもん)が言い合いをするシーンがいくつか。そして最後。大統領が出てきて国民へのメッセージをしゃべる。「国民のみなさんへ。危機は回避されました。わたしはこの事件の背後にある陰謀をぜったいつきとめるのだ」とかしゃべって、サングラス男に「おまえは首だ」と述べると、相手は「イッヒッヒ。NATOのお友達もあなたを助けてくれやしませんぜ」とかいう。こんなの↓

President: Citizens of Serbia, a few hours ago I have been informed about the incident in Pancevo. Dangerous, toxic chemicals have been released into the air and have poisoned a large number of inhabitants. Our elite military and police units, in cooperation with our NATO allies, have set up a quarantine zone perimeter around the entire municipality of Pancevo, and have commenced two hours ago to evacuate surviving citizens. Also, I promised that I will have this incident thoroughly investigated and that I will use all my power and influence to discover which government agencies have been working against the public interest, and to bring all those directly responsible before the face of justice. Thank you.
secretary: Mr. President, the Chief of Bureau is asking to see you.
President: Of course.
Chief of Bureau: I heard your speech.
President: I expect to see your resignation.
Chief of Bureau: I thought you would be smarter than that. No one can protect you now. Certainly not your NATO friends.
President: They're not friends. Merely a necessary evil. I will not rest until all of you are brought to justice.

てわけで、追加されている内容てのはそう大したもんじゃないのですが、大統領のシーンを見ると、パート2を意識していることがより明確にわかるなと思いました。

DVDのExtra

いろいろ入ってます↓

  • Making Of Zone Of The Dead
  • Theatrical Trailer
  • Zuti Titl: 2 Days In Zone Of The Dead
  • Tv Spots
  • Vibrator U Rikverc: Porno Karaoke
  • Zombie Factory

『Zuti Titl: 2 Days In Zone Of The Dead』てのは、以前のレビューでも書きましたが、クロアチア人のエキストラのアンちゃんがつくったヤツです。彼は素人さんだそうですが、とても上手につくってある。以前もリンクしましたが、コレです↓

クロアチア人のアンちゃんのサイト↓

また、メイキングを見てたら、監督ミラン・コニェヴィッチがいうには「ケン・フォリーはマイケル・ベイ制作のリメイク版『13日の金曜日』から出演オファーがあったが、『Zone Of The Dead』があるからだめですと断った」そうな。これを聞いた関係者のみなさんはホエーと驚いたという話をしてました。

続編パート2はただいま制作準備中。

ゾーン・オブ・ザ・デッド / Zone of the Dead (2009)』の続編パート2は『Wrath Of The Dead』というタイトルでただいま製作中です。ケン・フォリーも引き続き出演予定。彼はプロデューサーでもあります。

Dread Centralによれば続編『Wrath Of The Dead』の内容はこういうかんじ↓

Wrath of the Dead is set in a small town in East Quebec, where the chief of the police encounters an invasion of the walking dead. He calls his old friend, Mortimer Reyes, who dealt with a similar case in Serbia. However, they soon realize that a secret government agency is trying to cover up this incident and that even bigger threats than zombies are the agents that are eliminating every person who knows about the case, living or dead.

The producers are currently exploring locations with potential tax incentives while talking with investors. “We are looking forward to shooting in Montreal,” Ken Foree said, “but we are open to other cities.”

ここはケベックの小さな町。ゾンビがわらわら出てきてびっくりした地元の警官は、古い友人レイエス(ケン・フォリー)に電話して助けを求める。そこに政府の冷血機関の連中がやってきて事件を隠蔽工作。罪のない関係者を殺しだす。という内容。ロケ地はモントリオールを予定しているが変わるかもしれない。

だそうです。

私は今回、DVDを再び見てあることに気づいたのですよ。映画の最初のあたりで、囚人護送中のみなさんがゾンビにでくわして建物に逃げていくところ。新米女エージェントのミナちゃんはラップトップを路上にほったらかしていくのです。だから、パート2では、セルビアの一般人(スーパーハッカーの少年とか?)が偶然それを拾って、政府のデータベースにアクセスしちゃってどーのこーの、みたいな話があるんじゃないかと思ったりしました。私の想像です。

MY THOUGHT ABOUT THE SEQUEL

Okay, here's my idea about the sequel.

DON'T TAKE IT SERIOUSLY!!! IT'S ALL MY IMAGINATION!!!!

The sequel starts with the flashback of Chernobyl catastrophe which had happened in 1986. The prisoner guy's dad is working there as a scientist and he is forced to do some kind of secret experiment by cold blooded people. He is infected and dies during the accident. His son's revenge begins. But later, he is caught by the bad people. He is going to be tortured for years.

Pancevo, Serbia. Present day. A super-hacker kid (he is a new character in sequel) finds Mina's laptop somewhere in the city. He starts to play with it and tries to access government's secret database by using it. It turns out... he finds out everything about the conspiracy of NATO's zombie gas project. He bumps into the Prisoner guy. They made a good team. They manage to contact with Agent Mina Milius.

East Quebec, Canada. Present day. Ex-Interpol agent, Mortimer Reyes, is there. He had been contacted by his old friend and came here to investigate the zombie incident, which happened in this small town lately. He is forced to fight against a secret government agency. He reveals who they are and where they came from... going through the investigation, he soon realizes that... all these tragic events had been rooted in Chernobyl catastrophe, which happened 24 years ago. Mina, the prisoner guy and super-hacker kid are coming to Quebec. Their fight begins.

That's what I thought about the sequel. hahaha. Thanks for reading!

日本語↓

私も続編の筋書きを考えてみましたよ。以下は私の想像ですから、真に受けないようにお願いします。

1986年のチェルノブイリ原発事故のフラッシュバック。囚人男のパパはそこで働く科学者だったが、どっかのわるもん秘密組織に命じられてゾンビガス実験をやらされていたんだが、事故が起きて彼はゾンビ化した後、死亡。その息子の復讐劇が始まる。が、彼はすぐにとっつかまって、何年も拷問される(ココから先が『ゾーン・オブ・ザ・デッド』の最初に続く)。

セルビア、パンチェボ。現在。スーパーハッカーの小僧がひょっこりミナちゃんのラップトップを拾う。彼はそれをいぢくって、政府の秘密データベースにアクセスすることに成功し、「ホエーこりゃスゲー」と見ていったら、NATOによるゾンビガスプロジェクトの全貌を知り、おったまげる。とやってるうちに、囚人男とばったり出会う。ふたりはチームになり、ミナちゃんに連絡しようとジタバタし始める。

カナダ、ケベックの小さい町。元インターポール捜査官のレイエスは古い友人から連絡を受け、さいきんここで起きたゾンビ事件の調査をする。そこで謎の秘密政府機関の連中に襲われ、そこにゾンビも出てきて、ばったばったと退治しているうちに、彼は陰謀の全貌を知る。すべては1986年のチェルノブイリに始まったのであった。くそぉ!わるもんは許せない!と怒ったところで、セルビアから他のみなさんが合流。ダダーとクライマックスに突入する。

てかんじでどうすか。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『ゾンビ』が出てくる映画(ソレぽいのも含む)

セルビアの映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV13,803
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Zone of the Dead
別題: Apocalypse of the Living Dead
Zone of the Dead: Apocalypse of the Living Dead...
La zona muerta
Apocalypse of the Dead
Zone of the Dead
Zona mrtvih
2012: Apocalypse of the Dead
邦題(カタカナ): 『ゾーン・オブ・ザ・デッド』
制作年: 2009年
制作国: セルビア/イタリア/スペイン
公開日: 2009年2月22日 (セルビア) (Belgrade Film Festival)
2010年2月5日 (日本)
2010年3月1日 (イギリス) (DVD)
2010年3月5日 (フランス)
2010年3月5日 (イギリス)
2010年10月1日 (アメリカ) (internet)
2010年12月2日 (ドイツ) (DVD)
2011年5月14日 (アメリカ) (Full Moon Independent Horror Film Festival)
2012年8月28日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Zone of the Dead
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News