2014/2/15 (Sat) at 7:36 am

映画|ヒットマン:ザ・バトルフィールド|Hotel Inferno

アダム・チャップリン』『テーター・シティ 爆・殺・都・市』に続く、Necrostormの人体破壊ゴアゴアインディーズ第3弾!凝った手法の人体破壊ゴアゴア満載!怪物さんの口から花火がチカチカ!どっかーん!ギョェエエエエエ!監督ジェリオ・デ・サンティ。2013年。

ヒットマン:ザ・バトルフィールド / Hotel Inferno DVDDVD画像

どっかのホテルに凄腕の殺し屋男がやってくる。

彼は事前に渡されたメガネを装着しているんだが、これはものすごいハイテクのメガネで、映像を送ったり、会話ができたりする。彼を雇った人物はどこか離れた場所にいて、指示を送ることができるってわけです。

指令は単純であった↓

「ホテルの部屋にいるカップルをブッ殺せ。そいつらは組織の敵であり、これまでに150人以上を殺した大悪人である」

という話だが、条件があった。こんなの↓

「決められた武器を使い(こん棒とナイフみたいなの)、相手を殺し、頭をカチ割って、内臓を引きずり出すのだ」

というのは常軌を逸しているが、なにしろ高額な報酬をもらっているのだから、つべこべ言わず、いわれた通りにやればいいのである。

簡単ジョブではないか。サクッと任務完了。チョロいぜ。

のはずが、そう簡単には進まない。殺し屋さんはワナにはめられたのであります。標的の女を盛大にブッ殺したまではよかったが、もうひとりに手をかけようとしたらば、そいつが意外なことをしゃべるから、びっくりギョギョギョ。

「おまえもおれみたいになるぞ」

「ナヌー!どういう意味だ!」

彼に殺しを依頼した大富豪は、先祖伝来、闇のコレクションを集めてイヒヒと喜ぶ、ゲテモノコレクター家族の末裔であった。彼はホテル内のどこかに『彼女』と呼ばれるバケモノを飼っている。バケモノは凶悪至極で、暴れだすと手がつけられない。飼い主は怪物さんにおいしいエサを与えねばならぬ。んで、そのエサとは『人間の恐怖/苦痛』なのである。大富豪は『彼女』に平穏なる眠りを与えるため、かように手の込んだワナを仕掛け、生け贄を捧げているのであった。

という話を知った殺し屋男は反旗を翻す。「やってられるか。ばかやろうめ」と叫んで逃げ道を探すが、ホテルの中には、敵がワンサカ。そいつらはいずれも怪物のエサとして導かれた者たちであり、グジュグジュゾンビみたいな外観で、ガオーと攻めてくる。男はすったもんだして、上下左右に逃げ回り、格闘を続ける。

映画は殺し屋さん視点のPOVで進行します。FPSゲームをやってるみたいなかんじ。もちろんゴアゴアたっぷり。凝った手法の人体破壊ゴアゴア満載!最後は邪悪のご本尊がどどーん!怪物さんの口から花火がチカチカ!どっかーん!ギョェエエエエエ!

You would never survive HER! It will be an inferno!

トレイラー動画

Hotel Inferno (2013) trailer

感想

文句ナシにおもしろいから、みんなも見てください。口から花火を吐く怪物さんがかわいい!これからは花火の時代ですよ。見ればわかりますよ。

DVDトラブった!

ところで、私はこれをNecrostromさんから直接買ったんだが、配達がえらく長引いた末に、いざ見ようと思ったらトラブルに見舞われた。

映画の冒頭。殺し屋がホテルにきて、殺しの指令を聞く場面。「君の素性は誰にも知られていないだろうな」のあたりから「こんなメガネをつくれるあんたはナニモノだ。政府と関わっているのか」のへんまで、どうやっても見れないのである。プレイヤーが固まる。3分くらい。

※というわけなので、上に書いたあらすじの中の特製メガネに関する説明の部分は少しちがうかもしれない。だいたい合ってると思うけど。

このDVDはNecrostrom独自の特別仕様で、antipiracyナントカが仕込んであるそうなので、なにか相性問題が発生しているのか、と最初は思ったんだが、ただの不良品だったみたい。これからトラブルを報告しようと思っているが、彼らはたいへん親切なのでなにかしてくれるだろう。

追記。このエントリをアプしてからNecrostormさんにトラブルの内容を報告したら、すぐに返事がきて、「もうひとつDVDを送ります」とのことであった。ここはやっぱりクレーム対応がいいですよ。追記以上。

驚くことに、Necrostromさんから直接買うと送料がタダなんですよ。ウェブサイトには「We ship our products WORLDWIDE.」「FREE SHIPPING」と書かれてあるが、ほんとにその通りです↓

necrostorm-com
Necrostorm - Hotel Inferno

サイト直販の価格は19.99ユーロなので2800円くらい(ユーロ高い!)。それだけで送ってもらえる。しかし、イタリアからの便は日数がかかるし、trackingもできない。なにかあったときに英語で対処する必要がある。ゆえにこれから購入する方はビデオマーケットさんがいいですよ↓

3,150円という価格は大変良心的である。直接買うのより350円くらいしか変わらないし、本国から買うのとちがって、注文して翌日に届く。ま、あれだ、「350円は貴重である。それにハラハラドキドキするのはいいもんだ!」というマインドの方は、版元から買ってください。適宜、お好みで。

追記。差額250円と書いてしまった。350円の間違い。失礼。追記以上。

Necrostromから直接買うと、ひとつよいことがある。商品到着後にメールを送ると、ちょっといいもんをメール添付で送ってもらえるのである。私ももらった。ビデオマーケットさんから買うとそれがもらえるかどうか私は知らない。

それは本当にちょっとしたものなんだが「あなたにだけ見せてあげますよ」といわれると、けっこううれしい。メールには「直販で買った人だけの特典なので禁公開。ぜったいだめ」と仰々しいことが書かれてあるので、残念ながらそれがなにかをお教えできないのである。

DVDのオマケ

Collector Editionのオマケ。

  • Complete Soundtrack
  • Commentary
  • FXS Tutorial
  • Fun At Work
  • The Rite HD
  • Wallpapers
  • Screensavers
  • Trailer

カード3枚
関係ないですが、下にあるのはemigreのマウスパッド!
レア!ちょっと自慢したかった!
映画|ホテル・インフェルノ|Hotel Inferno (1) 画像

大きなポスターはサインつきです映画|ホテル・インフェルノ|Hotel Inferno (2) 画像

映画|ホテル・インフェルノ|Hotel Inferno (3) 画像

『テーター・シティ 爆・殺・都・市』は2月に劇場公開予定

Necrostromの前作『テーター・シティ 爆・殺・都・市』は、2014年2月19日より劇場公開されるそうです。ヒューマントラストシネマ渋谷。こちらもおもしろいですよ。東京の人たちはいいなあ。「Astron-6に続いてメガヒットまちがいなし!」と思ったら、もうすぐ公開されるというのに、日本版のトレイラーのアクセスがじつに少ないではないか。なんで?

テーター・シティ 爆・殺・都・市』日本版トレイラー

詳しくは公式サイトで↓

ちょっとこぼれ話

前述したように配送にえらく日数がかかったので「だいじょうぶですかね」とメールをしたらば、「心配するな。ブツは直に届くであろう」と安心させる言葉に続き「我々は発売後2週間で5000本以上を出荷した。この本数ゆえうちの地元の郵便局がチト手間取ったのかもしれない」と書かれてあった。「ふーん。けっこう売れているんだなー」と思ったら、ようやく着いたブツを見たらば、宛名も差出し人氏名も手書きである。手書きで5000本をせっせと書いたのだろうか。と考えて笑ってしまった。しかし、こんな話を聞いて「イタリア人はぬけていやがる」とかいってはいけない。かようなカルチャーショック的な経験というのも、海外通販の味わいのひとつである。それに、Necrostromさんの映画はおもしろいし、彼らは親切だから、ホラーファンは文句をいったりしてはいけないのである。

Memorable Quotes

Mistrandia: You would never survive HER! It will be an inferno!

Mistrandia: It would ruin the... "feng shui." Hahaha..

Zimosa: Did you see that? I bet you are watching me with some hidden camera. I just hope the resulution was high enough to see his brains come out!
Mistrandia: Hahaha. I thank you. She will calm down for a few minutes from that, thank you from the heart!

Mistrandia: Do you see? Do you see what you have done? That sound, that's the sound she makes when she is pissed off. When a creature like that pissed off, it means only one thing. Troubles! a fucking mountain of troubles! And all this just because you didn't listen to me.
Zimosa: Who are you?
Mistrandia: I told you who I am. My name is Jorge Mistrandia.
Zimosa: Who the fuck are you really? What are you doing here? What the fuck is that?
Mistrandia: I'm a collector. For generations my family has collected things from a world that starts where human conscience ceased to exist, a world that people like you would describe with stupid words like... darkness, pain, demons, another dimention and stupid shit like that. There were ages where the line that divided the two worlds, ours and theirs, was thin. Humans could feel the presense of the other side more clearly. Ages that people like you would define: dark. But in some way those ages were more illuminated. Pain and fear keep those "doors" closed. The more pain we have here... the more they continue to keep quite in their world. It's like a balance, if there's no pain here, they're forced to enter. It's a pretty simple concept. Just imagine a lake where the water starts vanish, fish will try to jump out. Jumping out is not a solution. It's just an inevitable reaction. Pain will never stops existing in this world. But it can decrease sometimes, and when this happens, some of them can pass. Some creatures must remain in their world to survive. Others can live in both worlds, entering and existing from those doors. She is one of them, one of many. She is pretty common in her world, but rare here. My family captured her many years ago, in Italy. As they did with many other different creatures, in many other counties, in many different years. But keep her here, in this world, without problems, we must satisfy some requests with a double dose. If you adopt a cat, you must give it good food and a warm house if you want its happiness, right? In fact, she was sleeping, or something similar, sleeping since the 400 AD. Just consider that during the middle ages my family spread the pestilence many times in Europe to satisfy her request of suffering and pain. Really a colossal banquet for her, don't you think so? That's why I like to call her "Plague Spreader." Hahahaha. I found it funny. When I succeeded my parents, I did something similar but in a cleaner and less evident way, we can say in a "modern" way, with those glasses we can record the pain innocent suffering frozen on digital data, and transmit it to her. That's not pure pain, it's like feeding a cat with canned food. But it works because it's direct and nothing is wasted. So we don't need to spread the pest again. Yes, to feed her has its contraindications. The glasses consume you... as you saw many of my men are not in good health. Ironically the result is similar to the plague manifestations. But that's necessary, and they accepted the risk for the cause. Everything was balanced and safe here, she was continuing sleeping... in all her beauty.
Zimosa: You're killing innocent people to keep the balance? That's what you're doing? You think that's an excuse to do this monstrosity?
Mistrandia: You didn't understand a word idiot. I'm not trying to save this world. The pain in this world is something that can't be destroyed. That balance is indestructible. And no one can't change it in better or worst. I want my creatures, I want my collection. They have belonged to my family for centuries. They are our trophies. But there're rules I must follow if I want to keep them calm here. And I don't want to be killed by them. I must create a little extra balance of pain, to feed them. That's all.
Zimosa: So you aren't the bad guy that is saving this world doing something bad but inevitable. You're just feeding your pets. You're just one of the many rich bastards with a sick passion. Other world or not, monsters or not, you are nothing special. Just another asshole.
Mistrandia: You don't understand. They have so many things to teach us. If I could show you all the knowledge I obrtained from them, your little brain would melt like butter.
Zimosa: Fuck you!
Mistrandia: Fuck you? That's the same dumb ass answer you gave me before all this started. I was about to reveal to you a new world. And your answer is "Fuck you." Did you realize that with your idocy you broke her sleep cycle. She is awake only because you didn't proceed with those kills. My men tried to produce the necessary pain to make her sleep again. But you put in all those efforts to impede us. And now she is hungy... and angry. If we don't find a solution, I'll be forced to destroy that structure, the fake hotel, her included. She's the one of the best pieces of my precious collection. And I don't want to lose her, she belonged to my family since 400 AD. And I can't erase 1600 years of efforts because of your idiocy. We will you suffer, suffer so much that it overfeeds her. She will sleep again. And everything will return.

画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Hotel Inferno
邦題(カタカナ): 『ヒットマン:ザ・バトルフィールド』
制作年: 2013年
公開日: 2013年12月16日 (アメリカ)
imdb.com: imdb.com :: Hotel Inferno
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
アートディレクション
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News