2011/8/7 (Sun) at 8:47 pm

映画|ミッション:8ミニッツ|Source Code

同じ8分間を何度も何度もリピートさせられる不幸男を描いた奇天烈SF映画。ジェイク・ギレンホールミシェル・モナハンヴェラ・ファーミガ。監督ダンカン・ジョーンズ。2011年。

ミッション:8ミニッツ / Source Code DVDDVD画像

米軍兵士のコルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)はアフガニスタンでヘリの操縦をやってたつもりが、ヒョイと気づいたら、スーツ姿でシカゴ行きの通勤列車に乗っていた。

な、なんだコレは!とびっくりしたら、目の前にカワイコちゃん(ミシェル・モナハン)がいて、そいつは彼のことをショーンと呼んで、親しげに話しかけてくるからますますびっくり。

彼はシカゴ行きの列車に乗った覚えはないし、こんなネーチャンも知らないし、ショーンなんて初耳。ちょ、ぼくは米軍のパイロットのコルターというんですよ、と答えたら、女はケラケラ笑って、今日のあなたはへんだわ、なんていう。

こまったなあ。どうすりゃいいのかなあ。これではまるで若人あきらではないか。とオタオタしているうちに、列車はドッカーンと爆発する。うわー。乗客全死亡。

したら、コルターさんはまたまた別の世界にいっちまって、こんどは暗くて狭いカプセルの中であった。目の前に小さなモニタがあり、軍服姿の女(ヴェラ・ファーミガ)が「あなたの任務がどーのこーの」と軍人口調で話しかけてくる。

その話から類推するに、どうやら彼は爆破テロに関する重要な指令を与えられたとわかってくるんだが、彼はなんにも覚えていないのである。「事情を説明してくださいよ」と頼んでも、相手は教えてくれない。

彼は怒ったり泣いたりわめいたりしつつ、列車が爆発する直前8分間を、何度も何度もやらされる。

月に囚われた男 (2009)』で世間をアッといわせたダンカン・ジョーンズ監督の最新話題作。

トレイラー動画

Source Code (2011) trailer

『ミッション:8ミニッツ』は10月公開

邦題『ミッション:8ミニッツ』にて、2011年10月28日、劇場公開だそうです。詳しくは公式サイトでどぞ↓

感想

惜しい。

と思っちゃったんだが、世間じゃ大評判なので、私の頭がおかしいんだろうか。通底する主題は『月に囚われた男 (2009)』に似てますが、私はあちらの方がずっと好きです。

twistに継ぐtwistのプロットはおもしろくてうまいことつくってあるんだが、ある一点のみ気に食わないトコがあってですね、そこが最後までひっかかってしまったなあ。

最後は感動的なエンディングを迎えるんだが、ちょっと待て、といいたくなった。コルターさんはショーンさんになりすまして女をだまくらかしているじゃないですか。彼女は「いまのあなたのほうがすてき」なんていってたが、それは好都合すぎるのではないか。だいたい本物のショーンさんがどっかに消えちまってかわいそうじゃないか。

ハロルド・ライミス監督の『Groundhog Day (1993)』は、ビル・マーレイ演じるお天気キャスターのオッサンが何度も何度も同じ1日を強制リピートさせられるお話で、私は大傑作だと思っているんですが、こちらでは、

「反復学習で『愛』は得られない」

というキメがありました。ビル・マーレイは好きな女の気を惹くために何度も同じデートを繰り返す。途中でダメ出しをされると、次はダメだったところを修正し、彼女が気に入るような台詞をいう。

女の方にしてみれば、彼が何度も同じ一日をやってるなんて知らないので、相手が自分の気に入ることばかりいうから、これは運命なのかと喜ぶ。でも、結局、何度やってもダメなの。1日の最後にはいつもフラレちゃう。

ビル・マーレイはヤケクソになり、絶望し、自殺する。それでも同じ1日がまたやってくる。彼は何度も死ぬ。

そうこうやってるうちに彼は人生を学ぶ。んで、詳しくは映画を観てくださいよと思うが、最後の最後には、彼はあることをやってリピートから抜け出すことに成功する。そして大感動のハッピーエンドになる。

あの役はビル・マーレイしかできないんじゃないですか。ベタベタの感動話なんだが、彼がやるとおそろしくハマって泣けます。ブラボー。

ハロルド・ライミス流にいえばですね、反復して学習をすればテロリストをとっつかまえることはできるだろうが、愛を得ることはできないのではないか。

だから、『ミッション:8ミニッツ (2011)』のその後のお話があったとして、それが『Groundhog Day (1993)』のような展開になったらそれこそ完璧ではないかとおもったんですよ。

DVDのオマケ

  • Audio Commentary
  • Cast And Crew Insights
  • Focal Points
  • Source Code Trivia Track

『Source Code Trivia Track』てのは、映画をプレイしている最中、トリヴィアルな情報が画面に表示されるというもんです。

この映画のDVDは英語字幕つき。

画像

画像をもっと見る (29枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

SF映画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Source Code
別題: 8 minutos antes de morir
Първичен код
Contra o Tempo
Code source
Zdrojový kód
Lähtekood
Código fuente
Source Code
Source Code - Lähdekoodi
Ta teleftaia 8 lepta
Τα τελευταία 8 λεπτά
Izvorni kod
Forráskód
Kod Makor
Mission: 8 Minutes
Iseities kodas
Kod niesmiertelnosci
O Código Base
Transfer de identitate
8 Minuta
Исходный код
Izvorna koda
Yasam sifresi
Початковий код
邦題(カタカナ): 『ミッション:8ミニッツ』
制作年: 2011年
制作国: アメリカ/カナダ
公開日: 2011年3月11日 (アメリカ) (South by Southwest Film Festival)
2011年3月28日 (アメリカ) (Hollywood, California premiere)
2011年3月31日 (ロシア)
2011年4月1日 (カナダ)
2011年4月1日 (フランス) (Beaune Film Festival)
2011年4月1日 (イギリス)
2011年4月1日 (アメリカ)
2011年4月9日 (スペイン) (Mostra de Valencia)
2011年4月15日 (スペイン)
2011年4月20日 (フランス)
2011年4月21日 (香港)
2011年4月26日 (イタリア) (limited)
2011年4月29日 (イタリア)
2011年5月4日 (韓国)
2011年5月5日 (オーストラリア)
2011年6月2日 (ドイツ)
2011年10月28日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: Source Code
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News