2012/12/7 (Fri) at 9:11 am

映画|ゲーム・オーバー|Game Over

3人娘がキラーにとっつかまってウギャー!ドイツのゴアゴアのホラー映画。デビー・ロションレイニー・ブラウンニコラ・フィオーレ。監督ティモ・ローズ。2010年。

ゲーム・オーバー / Game Over DVDDVD画像

ここはドイツ。

アメリカ人で女優のティナさん(デビー・ロション)は「今日は誕生日なのに、ひとりぼっちでつまらないなー」と腐っていたところ、女友達ふたり(レイニー・ブラウンニコラ・フィオーレ)が遊びにきてくれたからうれしく思う。

3人はうだうだとおしゃべりをしつつ、外に散歩にいったら、へんな男にとっつかまり、いつもの展開に。

拉致監禁されてウギャー。男の家に連れ込まれたら、既に他の犠牲者たちがいた。3人の見ている前で拷問が始まる。まぁひどい。やめてください。なんてお願いは通じないのである。

3人が恐怖におののいていたらば、若い女とオバちゃんも出てくる。キラーの恋人とママらしいです。彼らは死体を切り刻んで食ってしまう。

人間の顔をナイフで削ぐ。舌を切る。キンタマをとんかちでばんばん。顔をデカハンマーで粉砕。オッパイをかぎつめでぐりぐり。おなかを切って内臓ピロピロ。ケツの穴に棒を突っ込んで浣腸お仕置き。

きもちわりー。

トレイラー動画

Timo Rose's GAME OVER - Teaser Trailer trailer

感想

ティモ・ローズ監督なので、物語性などはぜんぜんありません。黙ってゴアゴアを見とけ!っていうだけの映画です。最後にアッと驚くオチがあるんだが、たいていのひとは脱力するのではないでしょうか。

レイプされたレイニー・ブラウンが狂っちまって、現実逃避するあまり「これはホラー映画の撮影なんだ。わたしは絶叫クイーンなんだ」なんていいだすの。あれはウケなくちゃいけないところなんですかね。私はどう反応していいのかわからなくて、硬直してしまいました。でもあれがいちおうオチにつながっている。

デビー・ロションがキラーを相手にタンカをきるところはよかったです。よくあんなこわい目に遭ってるときにあんなこといえるよなっておもいました。

DVDのオマケ

オマケはStill GalleryとTrailerのみでした。この映画は字幕ナシ。ほとんど英語をしゃべってるから支障はないが、ときどきドイツ語の場面もある。でも字幕は出ないからそこだけわからない。いいかげんだなあ。3人娘以外はぜんぶドイツ人俳優なんだと思われ。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (38枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『カニバリズム』関連のエントリ

『スナッフ』テーマのホラー映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Game Over
別題: Timo Rose's Game Over
制作年: 2010年
制作国: ドイツ
公開日: 2010年 (フランス)
imdb.com: imdb.com :: Game Over

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News