2013/6/16 (Sun) at 1:15 pm

映画|ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ|Hatchet III

HATCHET/ハチェット (2006)』のPART3最新作。ダニエル・ハリスケイン・ホッダーザック・ギャリガン。監督BJ・マクドネル。2013年。

ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ / Hatchet III DVDDVD画像

ここはニューオリンズ。

前作PART2『ハチェット アフターデイズ (2010)』の最後。

ひとり生き残ったメアリベス(ダニエル・ハリス)が、ヴィクター・クロウリー(ケイン・ホッダー)をついにやっつける。顔面粉砕。これだけやれば、もう死んだかな?

というところで終わりだったですが、もちろんヴィクターは死んでない。不死身オバケですから。

ハニーアイランド沼(Honey Island Swamp)ではたくさんの人たちがヴィクターにブッ殺されたが、町の人たちはぜんぜん知らない。いまはお祭りなので、警察署はヨッパライの世話を焼くのに大忙し。留置場がいっぱいだー、人手が足りないー、とやっているところに、血塗れのメアリベスがやってきて、みんなを驚かす。

彼女は頭のてっぺんから足の先まで血に覆われ、片手にライフル、片手にヴィクターからむしり取った頭皮を持っていた。驚くシェリフ(ザック・ギャリガン)に「ヴィクター・クロウリーがみんなを殺した」と話したが、ぜんぜん信じてもらえず、直ちにキチガイ認定され、留置場へ。

オバケ話を聞かされて困ったシェリフは、部下を送って沼を調べさせる。したらほんとに死体があって驚く。広い沼のあちこちに、惨殺死体の細切れ肉が散乱しているではないか。おまわりさん(ジェイソン・トロストコディ・ブルー・スナイダー)や、救急隊員(パリー・シェンショーン・ウェーレン、他)が一斉捜索するなか、またまた不死身ヴィクターが出てきて大暴れ。ウギャー!

人々は腰を抜かし、加勢にやってきた重装備のSWATチーム(デレク・ミアーズライリア・ヴァンダービルト、他)もボコボコに。RPGも歯が立たない!

と、ドタバタやってる頃、こちらはメアリベス。

彼女は留置場でふてくされるばかりであったが、そこにやってきたのが、シェリフの元妻であり、地元ジャーナリスト女のアマンダさん(キャロライン・ウィリアムズ)。この女は何年も前からヴィクター・クロウリーについて独自調査を続け「オバケはいるんだ」説を主張し続けてきた。

彼女にしてみれば、メアリベスは自分の説を裏づける生き証人である。ここは一発ジャーナリスト魂を発揮。自費を投じて彼女を保釈させ、インタビューをし、なにが起きたのかを詳しく聞き出したい。

メアリベスにとって、アマンダはたったひとりの味方である。ところが、彼女は「もうこりごりだ」「どうにでもしやがれ」と絶望一直線で、「助けてあげるわ」というアマンダをトガリ目でにらみつけ、「うるせえバーロー」とかいうんだが、アマンダはあきらめない。

アマンダさんには、なにか解決策があるようです。彼女がいうに「迷えるヴィクターを成仏させるには、彼がずっと探し求めているものを渡せばよい。それは彼のパパ、トーマス・ヴィクターである」というんだが、トーマスさんは大昔に死んじゃったのだから、渡すといってもねえ、どうするんですかね。

アマンダはお人好しDeputy(ロバート・ディエゴ・ドクィ)に留置場の鍵を開けさせ、メアリベスをドライブに連れ出す。目的地は沼ではないらしい。いったいどこにいくのでしょう。

お笑いゴアゴア満載の『HATCHET/ハチェット (2006)』の三部作最終章。不死身オバケ、ヴィクター・クロウリーはついに成仏するんでしょうか。

HATCHET/ハチェット (2006)』『ハチェット アフターデイズ (2010)』に出てきたアジア顔のアンちゃん、パリー・シェンが、ぜんぜん違う役で再び登場します。シド・ヘイグもチョロッと出る。

こわがるおまわりさんがSWAT隊長にわめいたお言葉↓

Cory Schneiderman: Are you kidding me? These are somebody's balls! Balls are not supposed to be hanging from trees yet I'm finding myself looking at fucking balls, sir.

冗談じゃない!あれは誰かのキンタマだよ!普通、キンタマって、木の枝にぶらさがっていないよ!

はははははははははははははははは。

トレイラー動画

Hatchet III (2013) trailer

邦題『ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ』

このエントリをアプした直後、邦題『ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ』で9月にリリース予定であると情報を頂きました。ありがとうございます。

2013年9月3日にDVDがリリース予定だそうです↓

感想

あー、おもしろかった。

期待を裏切らない楽しいゴアゴア満載ポップコーン映画でした。やっぱりアダム・グリーンはファンが求めるものをわかってるなあ。強いて不満をいえば、お色気ネタがぜんぜんないという点だが、その代わりに、ホワイトトラッシュネタのギャグがホイホイあって、これがけっこうおもしろい。

いつか日本版が出ると思いますが、日本語に訳ししづらいと思われるギャグがいくつかあったので(forgetとfaggotとか)、英語台詞を理解できるとチョッピリ楽しみが増すでしょう。

パリー・シェンがおもしろかった。救急隊員を演じている彼は、『HATCHET/ハチェット (2006)』では、沼ツアーのインチキガイドを演じた。『ハチェット アフターデイズ (2010)』では、ガイドの兄弟という役で、トニー・トッドの子分を演じた。またまた出てくるから「こいつは三つ子だったのか!」と思ったら、そういうことはなく、ぜんぜん違う役柄でした。この男は存在自体がギャグです。

映画|ハチェット3|Hatchet III アダム・グリーン 画像

彼は救急隊員のひとりとして死体を回収する仕事をするんだけど、同僚のショーン・ウェーレンに「おまえとそっくりの死体があったよ」といわれて怒るのです。「あんたら、白人から見ればアジア人はぜんぶ同じ顔に見えるんだろ?ケッ」とかいうんだけど、同じ人が演じているんだから、同じ顔に見えて当然じゃんね。あははははは。

第1作から通じて3作品すべてに出演したのは、彼とアダム・グリーンライリア・ヴァンダービルト(グリーンさんの奥さん)だけじゃないかな。グリーンさんはカメオだし、奥さんの方は『1』と『2』は子供ヴィクターで台詞ナシだったので、台詞をたくさんしゃべる役で3作品に出ているのはパリー・シェンだけかなと思います。

追記。ケイン・ホッダーもいました!忘れてた!追記以上。

今回のダニエル・ハリスはずっと留置場にいるので、ぜんぜんヴィクターと鉢合わせしない。でも、最後の最後には、どどーんと見せ場がありました。迫力満点の絶叫演技は三部作を完結するエンディングにふさわしいものでした。すごい!

アダム・グリーンは以前から「みっつで完結」と構想を述べていたので、これでほんとに終わりですが、ホラー映画業界というのはいかがわしいので、どっかの誰かが「もういっちょう儲けようや」つって、ぐだぐだの続編がいつかできるのかもしれないが、それはわかんないけど、いちおうこれでおしまいです。きちっとお話が閉じるからスカッとします。

あんなひとが出てくるよ

最初にアダム・グリーンのカメオがある↓

映画|ハチェット3|Hatchet III アダム・グリーン 画像

彼は警察に引っ張られたヨッパライのひとりなんだが、このときこんな台詞をいう↓

Adam Green: I should have gone on a swamp tour.

沼ツアーにいっときゃよかった。

この台詞は、第1作『HATCHET/ハチェット (2006)』とちゃんとつながっているんですよ。彼は第1作の主人公のベンさん(ジョエル・ムーア)の友達だった。ベンが「沼ツアーにいきたい」と言い出したんだが、友達同士で意見が割れ、結果、グリーンさんは沼に行かなかった。だから、「留置場に引っ張られるくらいなら、あっちにいっといたほうがよかった」という意味です。この時点で彼は沼の惨劇を知らないからそういったのでしょう。ちゃんとお話がつながっているからえらいですね。

また、警察署のシーンではグリーンさんの相棒、ジョー・リンチもチラと登場しました↓

映画|ハチェット3|Hatchet III ジョー・リンチ 画像

アダム・グリーンジョー・リンチがやっているFEARnetのTVシリーズ『Holliston』もスゲーおもしろいですよ。この映画のキャストとかなりダブっています。

沼で死体を回収するシーンでは、第2作『ハチェット アフターデイズ (2010)』でヴィクターにブッ殺されたハゲヒゲオヤジのトレントさん(R・A・ミハイロフ)が顔半分だけ登場しました↓

映画|ハチェット3|Hatchet III ジョー・リンチ 画像

うわー。よくできていますねえ。以下は第2作で彼が殺されたシーンです。これもちゃんとつながってる↓

AJ・ボーウェン / AJ Bowen 画像

そして、こちらは、後半にチョロッと登場するシド・ヘイグ。彼もおもしろいよ。

シド・ヘイグ 画像

アダム・グリーンがアドバイスするビデオ

ついでに最近Youtubeで見たヤツがおもしろかったので紹介します。インタビューの聞き手はロイド・カウフマン

Troma Goes Green, With Adam Green! trailer

グリーンさんは有名になる前、ボストンのケーブルテレビのCM製作会社で働いていた。2000年。会社の機材を使って初の短編映画『Coffee and Donuts』を製作。予算400ドル。フェスティバルに出したらディズニーに買われた。

でもディズニーが買ったのは『映画のアイデア』だけで、ゆえに、『Coffee and Donuts』は配給されず、グリーンさんはUPNのシットコムの脚本を書いた。その後、紆余曲折を経て、『HATCHET/ハチェット (2006)』で爆発ヒット。

という話だが、このビデオでは、監督デビューしたい人たちに向けて、グリーンさんがアドバイスをしゃべっています。フィルムフェスティバルに出すときの要領とか。この人の顔を見ていると癒されますなあ。

US版は2013年8月にリリース予定

私はiTunes USで観ましたが、US版DVD/Blu-Rayは2013年8月13日に発売予定だそうです↓

Memorable Quotes

Adam Green: I should have gone on a swamp tour.

Hamilton: He tried to give me a speeding ticket.

Sheriff Fowler: So, how's Arwin?
Amanda: She's good. No worms or fleas since she's been living with me.
Sheriff Fowler: Well, maybe a vulture picked them off.

Jim: Be a man. Have a Twinkie.

Marybeth: No offence. But fuck you.

Amanda: We're gonna run through this again, Marybeth Dunston, daughter of Samson Dunston, washed up local drunk, who if he's even got enough education to sign off on your death penalty acceptance would have to be poured out of a local bar to do it. And let's not forget your brother Ainsley. How many dozen DUI he got? Oh, and those three months community service for defacing a church? Look, I know you didn't do this but you're gonna go down for it. 'cause you're po white trash. You know what they do with po white trash who are convicted on a capital charge? The state of Louisiana will execute you. So you go ahead and you sit in here. You can bark at me like a big dog in a cage, but at the end of the day, you can either help me prove Victor Crowley exists or you can wait for the lethal injection that's gonna end your miserable life.
Marybeth: Do it.
Amanda: I couldn't help but notice, your pappy ain't been here to see you. Must be happy hour somewhere. Maybe he'll show up after he's panhandled enough pocket change for a Pabst.
Marybeth: My father is dead. Victor Crowley killed him.

Randy: Dude, I'm telling you this may be... I have seen some crazy shit, man. I was working on an Asian male, head severed off, uh, leg cut off below the knee. I'm telling you, man. Look kind of like you, man.
Andrew: Oh, what, because I'm Asian?
Randy: No, dude, because you were...
Andrew: Oh, yeah, I get it. We all look the same, right? Ha ha ha! It's hilarious. Asshole!

Amanda: According to legend, Victor Crowley is cursed as a repeater. Each night he has to return exactly as he was when he died. He has to relive the night of his death in an endless cycle over and over again. You can't kill him. He's already dead. It's kinda sad really.

Mikaela Dougherty: You're planning on taking out a T-Rex tonight?

Mikaela Dougherty: NRA will be proud.
Cory Schneiderman: I am a member.

Cory Schneiderman: This isn't Casper the friendly ghost.
Mikaela Dougherty: How do you know?
Cory Schneiderman: Because Casper doesn't tear you in half his bare hands.

Deputy Winslow: And now you have me out here on some wild goose chase chasing I don't know what with a more morbid version of Wednesday Addams in our backseat who could possibily be a psycho killer.
Marybeth: Yeah, I'm sitting right here.
Deputy Winslow: No offence.
Marybeth: None taken. Asshole.

Cory Schneiderman: Are you kidding me? These are somebody's balls! Balls are not supposed to be hanging from trees yet I'm finding myself looking at fucking balls, sir.

Abbott McMullen: Sarah Jane all right?

Deputy Winslow: Forget it!
Abbott McMullen: Faggot? I ain't no faggot!

Abbott McMullen: I am a veteran. I went all the way to Korea.
Deputy Winslow: Fucking white people!

Andrew: I don't have keys!
Sheriff Fowler: What? Why?
Andrew: I work with a bunch of redneck racist. They won't let me drive anything.
Sheriff Fowler: Christ almightly, let's go!

radio operator: Who's attacking you, Sheriff?
Sheriff Fowler: Victor Crowly.
radio operator: Repeat that?

Victor: Daddy.

Amanda: I knew you were real.

Marybeth: Here's daddy, you mother-fucker!

Marybeth: Get up. Fuckin' do it already! Just one more time. Come on, do it. Come on, do it. Come on, do it. Come on, fuckin' do it already! Come on, get up! Oh, goddammit, do it already. Fuckin' do it already! Fuck it!

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (121枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ロイド・カウフマン関連の映画

アダム・グリーン関連の映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Hatchet III
別題: Terror no Pântano 3
Kirves 3
Butcher III
Kirvis 3
Topór 3
Топор 3
Adam Green Presents Hatchet III
邦題(カタカナ): 『ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ』
制作年: 2013年
制作国: アメリカ
公開日: 2013年6月14日 (アメリカ) (limited)
2013年8月21日 (ドイツ) (Fantasy Filmfest)
2013年9月3日 (日本) (DVD)
2013年10月2日 (ドイツ) (DVD & Blu-ray発売)
2013年11月2日 (スペイン) (Festival de Cine de Terror de Molins de Rei)
2014年3月31日 (イギリス) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Hatchet III
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News