2013/12/30 (Mon) at 4:34 pm

映画|ヘヴィメタル・ミュージカル|Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical by ブレンダン

トロマの新作インディーズ映画。暴力タトゥーレスラー大男が大暴れ!ただいま日本版DVDが発売中。ティム・ダックスニコラ・フィオーレ。監督トラヴィス・キャンベル。2011年。ブレンダンによるレビューは、English + Japaneseの二カ国語でお送りします。

本記事は私の友達のブレンダンのレビューです。日本語訳は英文の下にあります。Enjoy!

映画|ヘヴィメタル・ミュージカル|Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical (5) 画像

reviewed by: Brendan (twitter@TricoBren)

First off, let me just say that I absolutely hate musicals. Ever since the time I was forced to sit through the steaming pile of shit that is "Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street", I've been really against having people sing at me in my movies. Johnny Depp is a talented actor for sure, but having him singing at me constantly for 116 minutes was a lesson in torture that I never wish to experience again.

Fortunately, Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical, spared me the discomfort of having to put up with any of that shit again. In fact, it may have even changed my opinion of musicals for the better...

The plot of the film revolves around the main protagonist, Eugene Raymond Hicks, or as he would rather be known, Mr. Bricks,(Tim Dax) searching for a girl named Scarlet Moretti (Nicola Fiore) whom he considers to be his one true love. Unfortunately for Mr. Bricks, he has a slight case of amnesia, no thanks to being shot in the head at almost point blank range during the opening scene of the movie, so finding her and his would-be assassin is gonna take a little time.

That's right, shot in the head. Now, I'm no medical expert but usually when people get shot in the head from a revolver, they don't generally tend to survive. Well, Mr. Bricks is clearly not your average man. Not content with being an absolute hulk with his entire head tattooed, he seems to have a bulletproof skull too. Nice.

Upon regaining consciousness, Mr. Bricks decides that the first thing he should do is sing a song. This was going to be the "make or break point" for me due to my loathing of musicals but thanks to the music being metal (which I listen to) and because of the appearance of the guy singing, I wasn't nearly as put off as thought I might be. In fact, it was almost nostalgic in the way that it reminded me of a lot of the old music videos I grew up watching on "Headbangers Ball".

Awesome! 8 minutes in and I'm still here. BIG victory.

Meanwhile, whilst Mr.Bricks is singing songs and bricking people in the face with...er....bricks, the young lady he was with when he got shot, Scarlet, is now under police protection. As it turns out, Scarlet herself is a police officer and is being looked after by her overly protective partner Carmine Dukes (Vito Trigo). It is revealed early on in the film that Scarlet was sent to lure Mr. Bricks into a trap by masquerading as a hooker. For better or worse however, she ends up getting beaten up and raped by Bricks.

Without expecting it, one of the major "twists" of the movie is handed to us within the first 20 minutes - Mr. Bricks is actually not a very nice guy. He's a rapist and on the run from the police. Unfortunately for Scarlet's partner however, Bricks has his name and is out for revenge....

...And that's as far as I'm going to divulge.

For me, the most interesting aspect of Mr. Bricks is the way that the film actually gets you to root for the bad guy. He's an utterly likeable character despite his penchant for breaking the law. The chemistry between the two main protagonists (Bricks and Scarlet) feels entirely natural throughout each of their encounters and you can't help but want them to become an item despite the fact they are on opposite sides of the law. The "Musical" theme of the movie is thankfully well balanced too. Each song is short, powerful, and in your face without dragging on and the shift from monochrome to colored filters throughout each song is fitting and looks cool. My only gripe with the movie, and it's only a small one, is that the picture quality of the movie itself seemed a little too lo-res. I realize it's an independent movie but a sharper transfer would have been nice. The CGI blood splatter effects is a little hit-or-miss at times too but it doesn't hurt the film at all so no biggie.

The ending is satisfying and suggests the possibility of a sequel too which would certainly be welcome. Tim Dax and Nicole Fiore make a cool combination (Incidentally, they will star alongside each other again in the upcoming "Slaughter Daughter" due for release in 2014) so it would be great to see more of them again.

The Japanese release of Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical is packed with some great extras too. One of the songs featured in the movie is performed by the legendary Motörhead and there is a hilarious "TROMA Tribute to Lemmy" included on the disc. As a Motörhead fan, this extra makes it worth the purchase alone but we are also treated to an intro from Tim Dax and Lloyd Kaufman (who has a cameo in the movie too) as well as some neat footage from the recent "Occupy Cannes" initiative that took place earlier this year.

All in all, a great film, a worthy addition to the TROMA library, and well worth a watch with some popcorn!

『ヘヴィメタル・ミュージカル』レビュー 日本語訳

日本版のポスターはすごい!

映画|ヘヴィメタル・ミュージカル|Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical (4) 画像

translated by: Hiro Fujii (twitter@horrorshox)

まず最初にいっておくが、ぼくはミュージカルが嫌いである。あの胸くその悪い『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を強制的に見させられて以来、映画の中の人たちがぼくに向かって歌をうたう場面を見るのがいやになった。ジョニー・デップは間違いなく優れた俳優である。しかし、116分に渡り、彼がえんえんとこっちを向いて歌うのを見物するのは、じつに拷問的体験であった。

ところが、幸運なことに、本作『ヘヴィメタル・ミュージカル (2011)』においては、そのような不快な目に遭わずに済んだ。いや、それどころか、この映画のお陰で、ミュージカルに対するぼくの印象が大きく変わったかもしれない。

この映画の主人公はユージーン・レイモンド・ヒックスという男で、通称をミスター・ブリックス(ティム・ダックス)という。彼がスカーレット・モレティ(ニコラ・フィオーレ)なる運命の女を探し求めるという話。この男は至近距離から頭を撃たれたせいで、記憶の一部を失っている。自分を殺そうとした相手を思い出せない。ゆえに、復讐をするのも女を取り戻すのもたいへん。

もういっぺんいうが、頭を銃で撃たれたんですよ。ぼくは医者じゃないが、普通なら即死くらいのことはわかる。だからこの男はただものではない。頭のタトゥーは伊達じゃなく、こいつの頭蓋骨は防弾仕様。すごいね。

気絶していた彼が徐々に意識を取り戻すにおいて、最初にやることは『歌をうたうこと』である。いつものぼくなら、ここで「あー。だりー」となるんだが、幸いなことに、これはぼくの大好きなメタルだった。曲もいいが、この男の見てくれがおもしろいからぜんぜんダルくない。ヘッドバンガーズ・ボールを見ていたあの時代が懐かしく思い出された。

すごいなあ。ミュージカル嫌いのぼくが、最初の8分で釘づけになるなんて。これは勝利ではないか。

目を覚ましたブリックスは歌をうたってそこらへんの人たちをレンガで殴り始める。その頃、例のスカーレットという女はなにをやってるかといえば、この女はブリックスが撃たれる直前までいっしょにいたらしいが、いまは彼女は警察に保護されている。と思ったら、彼女自身、警察官だった。彼女のパートナー刑事はデュークス(ヴィト・トリーゴ)というんだが、なんだか知らないが、この男は彼女に対して過保護なほどに気を遣っている。お話が進むにつれ、何が起きたのかが明かされていく。スカーレットはブリックスをワナに落とすため、娼婦に化けて誘惑した。しかし、幸か不幸か、彼女はボコスカにぶん殴られ、ブリックスにレイプされたってことらしい。

最初の20分で思いがけないtwistがあって、ブリックスなる男はとんでもない野郎だと観客は知らされる。彼はレイピストで、警察に追われるお尋ね者。やがて彼は自分をこんな目に遭わせた敵の名前を知り、復讐を決意する。スカーレットのパートナーはヒデー目に遭わされる。

ここから先は映画でご覧になってください。

この映画がおもしろいのは、悪人の心のルーツに深く入り込んで、その情動を巧みに描いている点ではないか。彼はハチャメチャに大暴れしているが、なんだか憎めないヤツである。ブリックスとスカーレットの心にえもいわれぬ情が生まれ、ふたりは惹かれあうようになる。観客は彼らを応援するきもちになるだろう。彼らは立場がまるきり逆なんだが。

また、特にぼくにはありがたいことだが、ミュージカルのバランスがよかった。曲が流れる場面は小気味よく展開するから見ていて飽きない。モノクロとカラーが交互に配された編集はかっこいい。ひとつ文句をいうならば、これは小さな傷なんだが、画質がちょっと低解像度(モヤモヤしてるかんじといえばいいかな/訳者)であるという点である。インディーズ映画はこういうもんなのかもしれないが、もっとシャープな映像ならよりよいと思った。CG血糊は安っぽいけど、そこは許せる。

エンディングもよい。続編を予感させる終わり方だが、次も見たい。ティム・ダックスニコラ・フィオーレのコンビはたいへんよい。ふたりの新作『Slaughter Daughter』てのもあって、こちらは2014年にリリース予定。楽しみです。

日本版の『ヘヴィメタル・ミュージカル (2011)』のセル版DVDには、よい特典映像が含まれている。この映画には、かのモーターヘッドも楽曲を提供しているが、これに関連してTROMA Tribute to Lemmyてのが入ってて、たいへん楽しい。モーターヘッドのファンなら買う価値はある。また、ティム・ダックスロイド・カウフマンのイントロも楽しい。ロイドさんはカメオ出演もしている。『カンヌ占領大作戦(Occupy Cannes)』の映像もある。

総じて、おもしろかった。トロマ・ライブラリーにまたひとつ新たな歴史が加わったといえよう。みんなも見よう。ポップコーンを忘れずに!

動画イロイロ

重音量炸裂トレイラー

主演のティム・ダックスロイド・カウフマン、プロデューサーのジャスティン・A・マーテルの紹介ビデオ

ブレンダンって誰!?Who's Brendan?

Resident of Japan for 12 years and a TROMA fanatic since he was 7 years old. Proud member of the TROMA Japan Team and vociferous supporter of independent cinema. Brendan hopes to one day land a cameo in a B-movie so if anybody needs a Gaijin face in their movie, give him a shout!

ブレンダンは日本に住んで12年。7歳の頃からトロマのファンで、誇り高いトロマ・ジャパン・チームのメンバー。インディペンデント映画を深く愛する熱心なサポーター。B級映画にカメオ出演するのが彼の夢である。もしあなたの映画でガイジンの出演者が必要な場合には、ぜひ声をかけてください。よろしくお願いします。なんかやらして!

(訳者註)彼は日本語オッケーです。

画像

画像をもっと見る (5枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ロイド・カウフマン関連の映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical
邦題(カタカナ): 『ヘヴィメタル・ミュージカル』
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年10月10日 (スペイン) (Sitges - Festival Internacional De Cinema Fantastic De Catalunya)
2011年10月15日 (アメリカ) (Spooky Movie International Horror Film Festival)
2012年1月18日 (アメリカ) (Alamo Drafthouse Spotlight Film Series)
2012年3月2日 (アメリカ) (Queens World Film Festival)
2012年6月9日 (アメリカ) (TromaDance New Mexico Film Festival)
2012年7月14日 (アメリカ) (San Diego Comic-Con)
2013年7月2日 (日本) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Mr. Bricks: A Heavy Metal Murder Musical
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News