2009/5/12 (Tue) at 11:15 pm

映画|JIGSAW デッド・ゾーン|Perkins' 14

10年前に幼い息子を奪われた悲しみの父が、サイコパス犯人に大復讐!パトリック・オケインリチャード・ブレイクシャイラ・ビーズリー。監督クレイグ・シンガー。2009年。

JIGSAW デッド・ゾーン / Perkins" 14 DVDDVD画像

パトリック・オケイン演じるドゥエインはシェリフで、愛する息子を拉致されたという悲しみの過去を持つ。彼の息子は10年前に起こった連続子供誘拐事件の14人目の犠牲者だった。犯人はじつに大胆な手口で、ドゥエインから子供を奪っていった。警察は必死の捜索をしたが、犯人捕まらず。真相は闇の中。ドゥエインは絶望した。息子が生きているかどうかもわからない。彼には妻と娘がいるが、家族の空気はじつに悪い。事件の陰が家族を覆っている。

誘拐されてからからちょうど10年目となる日、ドゥエインはヒョンなことから容疑者を捕まえる。別件容疑で留置した男のプロファイルがじつに怪しかったのでぴんときた彼は、マ、マサカ、コイツが!?と調べていったら、疑いは確信に変わった。復讐のオニと化したドゥエインはボスの命令に従わず、ルール無用で突進し、男の自宅を強制捜査。したらば、そこから拉致監禁の証拠がゾロゾロ出てきた!

子供たちをケモノのように檻に閉じこめて長期間虐待をしていたのは一目瞭然であり、証拠のビデオもあった。ワナワナと震える手つきでビデオを探したら自分と息子が遊ぶところを隠し撮りしたヤツが出てきて唖然とした。犯人の歪んだ動機が明かされる。男は子供の頃に両親を惨殺された過去があり、そのせいで社会に対する憎悪を持つようになり、幸福なひとたちを苦しめてやりたいと思うようになった。幼児を虐待したいから誘拐したのではなく、父母が泣き濡れるところを見たかったから誘拐したのである。真相を知ったドゥエインは問答無用で男を射殺。ズズズガーーーンとチャールズ・ブロンソン状態。

ここで前半終了。ここから先が映画のラウンド2となる。

Perkins' 14 trailer

※感想

新作ホラーを続けて見ていると、キャラたちに感情移入をするなんてことはめったになくなってしまう。ホラーが好きだからホラーを見ているのに、ホラーを楽しめない体質になってしまうというのは悲しいですね。といいつつ今日もホラーを見てるんですが、この映画はよかったですヨ。ハラハラドキドキして「そっちに行っちゃだめ!」とか思いつつ「このひと助かるといいなー」なんて思ってしまいました。こういうのはひさしぶりです。

ところがimdbのbbsを見たらみなさんの評定がじつに厳しいのでびっくりしました。ケチョンケチョンに書かかれてある。そこで指摘されているいくつかのダメな部分は私も認めますけれど、それでもなおこの映画のパトリック・オケインはよかったと思うのですけれど。私的には『Perkins' 14』は、今年のAfter Dark Horrorfestの中でいちばんよかったです。みなさんは?

ネタバレ
SPOILER ALERT!!!!!

映画の前半で犯人がアッケなく死亡。どうすんの?と思ったら、後半は意外な展開に突入する。犯人男が閉じこめていた犠牲者の子供たちはいまは大人の年齢になっていまも生きていたのだった。ドゥエインが犯人を相手にしているあいだにこっそり脱出した彼らは、町に出てきてケモノのように人々を襲いはじめた。人肉を食らう姿はゾンビのようであるが、この場合、死人ではないのでゾンビとは呼べないと思われ。もとは気の毒な子供たちだったが、いまや完全に人格は破壊され、殺戮バケモノになってしまったのだ。そしてその中にはドゥエインの息子、カイルくんも含まれる。ドゥエインは変わり果てた息子の姿に涙する。

町はケモノたちに蹂躙され、壊滅状態となる。ドゥエインも含めておまわりさんたちはてんやわんやで救出活動をやってるが、そこらじゅうに死体の山ができる。ドゥエインは必死で家族を守る。不良娘は不良友達とパーティをやってるし、不良妻は不良男と浮気のまっさいちゅうだったが、ドゥエインは黙々と彼らを助け、家族の絆を取り戻そうとがんばるのだ。ホラーなアクションシーンの合間にいくつかのじわーんな会話もある。

ラスト。

3人家族は警察署の地下に隠れてバケモノと闘うが、次第に追いつめられる。妻は浮気していたことを反省し、必死で自分を守ってくれる夫に深く感動し、自ら危険な役目をやる。クルマのキーを取ってこようとするんだけど、彼女はヤラレちゃう。娘は泣きわめく。そこに、バケモノと化したかつての息子がガオーとやってくる。ドゥエインは救ってやれなかった息子を相手に対話を試みる。その前に娘を留置場に入れてショットガンを渡した。「パパは必ず戻ってくる」と約束し、息子の前に出ていく。両手を挙げてゆっくり接近し「正気に戻ってくれヨ」とお願いしてみたが、相手はやっぱりバケモノだった。ドゥエイン、即死。バケモノは父から鍵を奪うと自分の姉がいる留置場に接近。姉、泣きわめく。

シリアルキラーの声のナレーション。「みんなに新しいともだちを紹介するヨ。彼はカイルだ」に続いて銃声。ズダーーン。

たぶん姉を殺したんだと思いますが、もしかして自殺したのかもという風にも思えるエンディングでした。

画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『After Dark Horror Fest』関連のエントリ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Perkins' 14
別題: Fright Nights
Jigsaw: Dead Zone
Perkins' 14 - Die Brut des Wahnsinns
Ta 14 plasmata
邦題(カタカナ): 『JIGSAW デッド・ゾーン』
制作年: 2009年
制作国: アメリカ
公開日: 2009年1月9日 (アメリカ) (After Dark Horrorfest)
2009年3月31日 (アメリカ) (DVD)
2010年4月9日 (日本) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Perkins' 14
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News