2011/4/14 (Thu) at 7:55 am

映画|エイリアン・プラネット|Ferocious Planet

科学者チームが平行宇宙に飛ばされてびっくりするSF映画。Syfyのテレビムービー。ジョー・フラニガンジョン・リス=デイヴィスキャサリン・ウォーカー。監督ビリー・オブライエン。2011年。

エイリアン・プラネット / Ferocious Planet DVDDVD画像

政府管轄の研究ラボに、上院議員(ジョン・リス=デイヴィス)が、政府の顧問科学者(キャサリン・ウォーカー)と取り巻き連中を連れてやってくる。

本日は、このラボにおける研究の成果を、議員先生にご理解頂くためのプレゼンが予定されており、これは研究予算の増減に直結する一大事なので、ラボのひとたちは緊張気味。

議員一行が部屋に通されると、科学者リーダーの女(ダグマー・ドーリング)の説明が始まる。

「ついに我々は偉業を成し遂げたのであります。本日、ごらん頂くのは、異なる次元に存在する平行宇宙(parallel dimentions)の風景なんですよ。わたくしの父が提唱した理論を元に研究を重ね、ようやくここまで実ったのでございます。さささ、みなさま、ごらんあれ!」

すると、大きなホログラフィ映像が出てきて、どっかの星らしき風景がバーンと出てくる。おぉお。と感嘆すべきところなんだが、議員先生も他のみなさんも、いまいち反応がわるい。あー、そう。みたいな。

「これがつくりもんじゃないって、どうしてわかるわけ?」と至極ごもっともな疑問を抱くのである。『アバター』みたいなもんすかってかんじなので、これが本物っていわれてもよくわかんないのである。

科学者女は焦って、説明を重ねる。彼女の話によれば、この装置は別宇宙の世界を見れるというだけで、直接いったりきたりはまだできないそうな。「ふぅん。そうすか」「ちょ、でも見れるだけでもすごいでしょう?」てな調子でやってたところで、不意に装置が故障する。

大きな光の玉がどっかーんと出てきて、全員は気絶した。ややあって人々は目を覚まし、あたりを見回す。なにが起きたんでしょう。

こんな非常事態のために、部屋の中には護衛の軍人(ジョー・フラニガン)がいて、彼は部下(Yare Michael Jegbefume)とコンビでテキパキと動き、人々の安全を確保しようと図るのであるが、彼が廊下にいったら変な生き物がうろついているではないか。

さては、別宇宙から迷い込んできたのであるな!とかいってたんだが、じつは大きな間違いで、彼らの方が別宇宙にいっちゃったのでありました。

廊下の先の扉を開けたら、森の中だった。ひぇえ。なんすかこれ。とおったまげたら、恐竜のできそこないみたいな怪獣がガオーと出てきて襲われた。

人騒がせな装置を発明した女科学者はジタバタして、元いた世界に戻れるように苦心する。みなさんは力を合わせてがんばる。

兵士たちが怪獣と闘っているあいだ、女科学者が故障箇所を修理して計算をしたらば、元の世界に戻るためには、大量の水が必要なんだそうな。さらにタイムリミットがあって、6時間以内に戻らないとだめだそうで。

この話を聞いた一行は、大事な装置(スーツケースくらいの大きさ)をかついで、よっこらしょうと移動開始する。このシーンを見ると「電源とか要らないの?そんな小さいのを持ち歩くだけでいいの?」といいたくなるんだが、Syfyですから。

一行が水を求めて進んでいったら、遠くに文明的な建物らしきものが見えてびっくりする。ここには原始的な生物だけではなく、知的生命体がいるのであるかとびっくりするんだが、ここでみなさんの意見は割れる。

水を求めていくか、あるいは、そっちに行ってみるかという話なんだが、キャサリン・ウォーカー演じるネーチャンだけが興奮顔でこういう。

「ぜひぜひ知的生命体と接触したいですわ。こんなチャンスはありませんですわ。わたし、ぜったいそっちにいってみたーい!」

事件の当初から、この女はひとりだけハイになって「すっごーい!」とかいって喜んでいたので、危険好きなタイプみたい。野心的というか、名誉欲に駆られているというか。そういうひとなんですね。

一行は話し合った末、ふたてにわかれて進むことにする。さてさて、彼らは元いた世界に無事に戻ることができるんでしょうか。

トレイラー動画

Ferocious Planet (2011) trailer

感想

途中でなんとか水が手に入ったらそれだけじゃうまくいかなくて、こんどは「フロン代わりのアンモニアが要る!」とかいって、それを求めていくんだが、なんだかこいつらの話を聞いていると、台所にあるものを使ってタイムマシンをつくりましょうとかいってるやつらみたいよ。

この映画でいちばんニタニタしているのは、ジョン・リス=デイヴィスさんではないですか。彼は出てきたと思ったら、政治家らしくえらそうな台詞をいって、イバリ倒して、んで、序盤でバーンと死んじゃうのです。これでいくらギャラがもらえるんでしょうか。なんてゲスな勘ぐりをしたくなるくらい。

一方、この映画でいちばんヒデー目に遭ってるのは森の怪獣さんです。平和に森で暮らしていたところに人間が出てきて、ガオーと怒ったらわるもん扱いされるんですから。人間ってのはどこにいっても破壊者です。

Syfyのテレビ映画ですからいつものショボショボですが、ゲラゲラ笑って突っ込みながら見たら楽しめるとおもいますよ。

Memorable Quotes

Dr. Jillian O'Hara: Don't Poke the Alien!

Dr. Jillian O'Hara: You first.

画像

画像をもっと見る (21枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

Syfyその他のテレビムービー

SF映画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Ferocious Planet
別題: Ferocious Planet
Alien Gateway
Planet der Monster
The Other Side
Dühöngő dimenzió
Alien Planet
邦題(カタカナ): 『エイリアン・プラネット』
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年4月9日 (アメリカ)
2011年5月16日 (日本) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Ferocious Planet
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News