2008/10/29 (Wed) at 2:15 pm

映画|凶人ドラキュラ|Dracula: Prince of Darkness

『吸血鬼ドラキュラ』の10年後の物語。復活するドラキュラを描いた続編。クリストファー・リースーザン・ファーマーアンドリュー・キアフランシス・マシューズ他。監督テレンス・フィッシャー。1966年。by ハマー・フィルム。

凶人ドラキュラ / Dracula: Prince of Darkness DVDDVD画像
SPOILER!!!
ネタバレです!!!

【登場人物のみなさん】

ドラキュラ伯爵 ... ご存知ヴァンパイアの帝王は10年のブランクを経てジャジャーンと復活。

シャンドー神父 ... ドラキュラと闘う修道僧。聖職者らしからぬワイルドな風貌。

チャールズ・ケント ... アニキ夫婦を殺されて復讐に燃える普通男。

ダイアナ・ケント ... チャールズの美人ヨメ。ドラキュラのメインターゲットにされて何度も絶叫。

アラン・ケント ... チャールズの兄。ドラキュラ復活の生け贄にされる。

ヘレン・ケント ... アランのヨメ。ドラキュラ城に迷い込んだ4人のうち、彼女だけが当初から危険を察知して他のみなさんに警告したが聞き入れられず。カンがいいから生き残るというわけでもないのであった。

クローヴ ... ドラキュラ復活をサポートする忠実召使い。ブキミ系演技が秀逸。

ルドウィグ ... ドラキュラ城から救出された狂人。いまはシャンドーの修道院に幽閉されている身だが、コイツがドラキュラがダイアナを襲う手引きをしちゃうのであった。

ヴァン・ヘルシング ... 冒頭プロローグの前作ラストシーンのみ。

【物語】

前作『吸血鬼ドラキュラ』のラストシーン。ヴァン・ヘルシングがドラキュラ伯爵相手に死闘を演じ、活劇アクションの末に敵をやっつけたあのシーンからはじまりはじまり〜。

そしていまはその10年後。

ヨーロッパのどっかを旅行中の4名。チャールズ・ケント&アラン・ケントの兄弟と、そのヨメたち、ダイアナ、ヘレンである。「カールスバッドの城に近寄るな」とシャンドー神父に警告されたばかりだったが、彼らは「そんなの気にしないヨ」とずんずん進んできたのだけど、森の中でとつぜん馬車が止まった。御者のオッサンは「ここから先は死んでもイヤ!」とゴネまくり、4人は置いていかれた。

そこに無人の馬車が通りがかった。コレ幸いと乗ったらば、馬はヒヒーンと勝手に走り、4名をドラキュラ城に運んだ。おそるおそる城に足を踏み入れたら、4人分の食事と寝室が用意されていた。へんだなーと思ってたらば、ブキミな召使いが出てきた。彼はクローヴという。

クローヴは不思議がる4人に説明した。「わたしはドラキュラ伯爵の忠実なる召使い。伯爵亡き後、この城を守り続けております。伯爵の遺言に従い、迷える旅人のみなさんをおもてなししているのでございます。どーぞお召し上がり下さい」なんていう。おとぎ話みたいだ。

いたれいつくせりのサービスを受けてますます不思議がる4人だったが、野宿するよりはこっちのほうがマシかとお世話になることにした。アランの妻ヘレンだけが「ここは危険だから逃げよう」と提案したが、聞き入れられず。4人はドラキュラが仕掛けたワナにマンマとハマっちゃう。

アランとヘレンは夜中に目を覚ます。深夜に廊下を徘徊するクローヴのあとを尾けたアランは襲われて死亡。クローヴはその死体から得た血液にドラキュラ伯爵の灰をミックスして復活の儀式を行う。ドラキュラ伯爵、ジャジャーンと復活。オーイエー。夫の後を追ったヘレンは復活後第一号のエサになった。

翌朝。兄夫婦がいなくなったことに気づいたチャールズたちは青くなる。こりゃヤバいとふたりは逃げた。チャールズは愛するヨメを安全な小屋まで運ぶと、こんどはたったひとりで兄夫婦救出に向かうが、城内でアランの死体を見つけてキモを潰す。

一方、夫の帰りを心配して待つダイアナはクローヴに誘われて再びドラキュラ城に引き戻され、ヴァンパイア化したヘレンに出くわした。ウヒャー。ふたりに詰め寄るドラキュラ伯爵。チャールズはヴァン・ヘルシングがやったのと同じやり方、2本の燭台をクロスさせた即席十字架攻撃でピンチ脱出。ダイアナを救ってウヒャーと逃げた。

ふたりは修道僧のシャンドーに助けてもらった。シャンドーは安全な修道院にふたりを案内。ヴァンパイア退治の心得をチャールズに授け、ふたりは協力してドラキュラ退治の作戦を練る。が、そうこうしているあいだにドラキュラはアグレッシヴに攻めて来る。

クローヴとルドウィグの2名をアシスト役に従え、安全と思われた修道院に侵入してきた。ダイアナに吸血ガブリしようとする。シャンドーたちはジタバタと闘いつつ、物語はラストのクライマックスに突入!

ダイアナをさらって城に戻ろうとするドラキュラとそれを追うシャンドーたち。ラストは厚い氷の上での活劇アクション。ドラキュラに銃弾は通用しないことを知るシャンドーは絶望したが、ハッとひらめいてドラキュラの足元の氷をばんばん。厚い氷はメシメシと割れ始め、ドラキュラは冷たい水の中にドボン。ウギャーと絶叫。めでたく退治されました。

おしまい〜。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ノスタルジックな古典ホラー/サスペンス

ハマー・フィルムの映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV10,811
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Dracula: Prince of Darkness
別題: Dracula: Prince of Darkness
Disciple of Dracula
Dracula 3
Revenge of Dracula
The Bloody Scream of Dracula
Drácula, o Príncipe das Trevas
Drácula: O Príncipe das Trevas
Blut für Dracula
Drácula, príncipe de las tinieblas
Dracula - mörkrets furste
Dracula - pimeyden ruhtinas
Dracula, pimeyden ruhtinas
Pimeyden prinssi
Dracula, prince des ténèbres
Drakoulas, o arhon tou Skotous
Δράκουλας: Ο άρχων του σκότους
A sötétség hercege
Dracula principe delle tenebre
Kyôjin Dorakyura
Drácula, el príncipe de las tinieblas
Dracula: Ksiaze ciemnosci
Drácula, Príncipe das Trevas
Дракула: Принц тьмы
Dracula karanliklar prensi
邦題(カタカナ): 『凶人ドラキュラ』
制作年: 1966年
制作国: イギリス
公開日: 1966年1月9日 (イギリス)
1966年1月12日 (アメリカ)
1966年6月14日 (日本)
1966年12月21日 (フランス)
1972年6月12日 (スペイン) (Madrid)
1974年1月1日 (フランス) (再リリース)
imdb.com: imdb.com :: Dracula: Prince of Darkness
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News