2010/10/31 (Sun) at 7:24 pm

映画|U.M.A レイク・プラシッド|Lake Placid

巨大ワニがでてきてびっくりするホラー映画。ブリジット・フォンダビル・プルマンオリヴァー・プラットブレンダン・グリーソン。監督スティーヴ・マイナー。1999年。

U.M.A レイク・プラシッド / Lake Placid DVDDVD画像

メイン州の静かな湖に、いるはずのない巨大ワニが出てきてびっくり仰天。

古生物学者のおねーちゃん(ブリジット・フォンダ)、ワニのことなら万事お任せの変人男(オリヴァー・プラット)、地元のシェリフ(ブレンダン・グリーソン)、Fish & Game(なんと訳せばいいのかわかんないが、魚類鳥獣に関する政府機関)の責任者男(ビル・プルマン)というみなさんが集合し、湖畔にキャンプを設営。ワニ退治に乗り出すのであった。

トレイラー動画

Lake Placid (1999) trailer

感想

Lake Placid 3』が最近出たので、古いヤツからおさらいです。Syfyのテレビ映画なので、出来は期待できないけど、コリン・ファーガソンが出てるから観ておこうかなと。

さて、この映画ですが、ブリジット・フォンダはNYの博物館に勤務する学者さんで、彼女は職場の上司と恋愛中だったが、親友女に男を取られて「キーッ!」としちゃったところに「メイン洲の湖で巨大な歯を持つ生き物が出現!」と連絡がきたもんで、元カレである上司が「このうるさい女をあっちに飛ばしてしまえ」なんつって出張を命じられたという不運な女なのです。

この導入パートはよくできたラブコメみたい。巨大ワニのことなんか忘れちゃって「こんなカワイコちゃんを捨てるなんてバカな男だな!」と思わず乗り出して見入ってしまいました。

ブリジット・フォンダは都会女で、キャンプなんかぜんぜん似合わないし、その専門は古代生物(恐竜とか)なので、ワニ退治なんか素人なのです。だからまったく役に立たないんだけど、ま、なんちゅうか、にぎやかし目的でそこにいるんですね。

「テントで寝るなんていやだなあ」とぶつぶつ文句をいって、夜中にワニ騒ぎがあるとかわいいパジャマ姿で飛び出してきたりするんだが、頭にカーラー巻いて、顔パック状態で登場してもらいたかったと思うんだけど、それはなかったです。

ウィキペディアを見て、彼女は『Ally McBeal』にキャスティングされていたと知りました↓

この映画の彼女の早口ペシャリを聞いていると「彼女のアリーもよかったかもしれないなあ」と思うと同時に「キャリスタ・フロックハートがワニ退治をやったらおもしろいだろうなー」と考えてニヤニヤしました。チャラチャラした格好で出てきて、ギャーギャーまくしたてるにちがいない!キャリスタ嬢はガリガリだし、香水臭そうだから、ワニは食って吐きだすんじゃないですか。

そして、途中から参加するオリヴァー・プラットは、ワニの専門家ってことなんだが、これが異常に濃いキャラで、彼はワニのことを崇拝しているといってもいいくらいに、ワニに魅せられた変人男です。このひともおもしろい。

ラストは彼の発案で、ワニワニ生け捕り大作戦をやります。この最後のアクションは大掛かりでおもしろかった。モーモー牛をヘリコプターで吊るしてワニをおびきよせるのです。ヘリの残骸に巨大ワニがハマっちゃっうシーンとかすごくよくできていて、ドキドキした。捕まったワニはちょっとかわいそうだったですが。

てわけで、後半20分はどどーんと盛り上がるんだが、その途中は、いくつかの驚かせはあるものの、映画の大半はコメディノリで進行するので、巨大ワニのアクションだけを期待するとハズすかもしれないけど、私的には、ブリジット・フォンダがかわいくておもしろいから許す!というかんじでした。

Betty White rocks!

この映画のもうひとつの見どころはベティ・ホワイトです。ワニにエサをあげてたオバチャン↓

Betty White / ベディ・ホワイト画像

彼女は野良猫にエサをやるような調子でワニに餌づけをしているのです。だれにもナイショで6年間もやってたそうな。人騒がせなババアです。牛を引っぱっていって、ワニに食わせるんですよ。ワニがおとなしく待ってるというのが笑える。ははははは。

シェリフに「あんたのせいで死人が出たんだぞ!」と怒られても「だってかわいいよ」とかいってぜんぜん気にしないの。夫もワニに食わせちゃったらしい(本人は「事故だった」といってたけど)。あー、おもしろい。

ベティ・ホワイトは88歳ですがまだまだ現役です。みんな彼女が大好きです。スーパーボウルのスニッカーズのCMのおばあちゃんといえばわかるひとが多いはず。とってもかわいらしいですね↓

スティーヴ・マイナー監督も出ているよ

映画の最初のほうで出てくるパイロットさんがスティーヴ・マイナー。彼はご機嫌斜めのブリジット・フォンダに「アタシに話しかけないで!」なんつっていわれて、八つ当たりされていました。「まいったなあもう」という調子の顔演技がなかなかのもんでした。

関連作品

画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

メガメガ巨大生物のバカ映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Lake Placid
別題: Lake Placid
El cocodrilo
Спокойно езеро
Pânico no Lago
Lac Placid
Lake Placid - Der Schrecken aus der Tiefe
Mandíbulas
Lake Placid - tappaja syvyyksistä
To mystiko tis mavris limnis
Το Μυστικό της Μαύρης Λίμνης
Jezero straha
A szörny
Lake Placid - Il terrore corre sul lago
U.M.A/Lake Placid
U.M.A: Lake Placid
Aligator
O Lago
Monstrul din Lake Placid
Strah iz dubine
Лэйк Плэсид: Озеро страха
Kara Göl
邦題(カタカナ): 『U.M.A レイク・プラシッド』
制作年: 1999年
制作国: アメリカ
公開日: 1999年7月16日 (アメリカ)
1999年8月28日 (韓国)
1999年10月21日 (香港)
1999年10月28日 (オーストラリア)
2000年1月28日 (スペイン)
2000年2月24日 (ドイツ)
2000年3月17日 (イタリア)
2000年3月31日 (イギリス)
2000年4月1日 (日本)
2000年7月5日 (フランス)
imdb.com: imdb.com :: Lake Placid
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News