2012/12/15 (Sat) at 9:54 pm

映画|サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース|Silent Night

サンタクロースがみんなをブッ殺す、スラッシャーなホラー映画『悪魔のサンタクロース/惨殺の斧 (1984)』のリメイク。ジェイミー・キングマルコム・マクダウェルドナル・ローグ。監督スティーヴン・C・ミラー。2012年。

サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース / Silent Night DVDDVD画像

クリスマス。

ここはウィスコンシンのクライヤーていう小さい町。人々はホリデーで浮かれています。

みんなをブッ殺すサンタクロースキラーがジャジャーンと登場。闇夜にまぎれて徘徊し、浮気者やら、ママにへらず口を叩く生意気娘やら、ポルノ制作者(アーロン・ヒューズ)やら、エッチな聖職者(カーティス・ムーア)やら、けしからん連中をボコボコにブッ殺す。ゴアゴアたくさん。

惨殺死体が発見され、ポリスが出動するが、この町の警官は連続殺人事件を捜査した経験なんてないのである。行方不明になったネコを探すとか、駐車違反を取り締まるとか、そんなのしかやったことがない。ヒロイン役のオーブリーさん(ジェイミー・キング)さんはDeputyなんだが、死体を見たら驚いてゲロを吐いちゃうし、もうひとりのDeputy(Andrew Cecon)はこわがり男である。

このふたりに指示を与えるのが、年長のシェリフ(マルコム・マクダウェル)で、彼だけはまともなのかなと期待させるんだが、じつは彼も役立たず。達者なのは口だけ。こんな3人に加え、電話番のネーチャン(エレン・ウォン)がいるだけ。4人しかいないの。

検死医さえいないというのは極端だが、ま、ホラー映画というのはこういうものである。何度か事件が起きて、ビデオ映像から「犯人はサンタクロースだ」とわかるんだが、いまはクリスマスホリデーなので、町中にサンタさんがあふれているのです。だから有力な手がかりとはいえない。

映画を観ている私らは「あんたら、ちょっとむり」といいたくなるが、シェリフはカラ元気をだして「おれらだけで解決するのだ」と言葉だけは威勢がいいのである。

ダメポリスがうだうだやってるあいだに、どんどんブッ殺される。だが、ヒロインのオーブリーさんは元警官のパパに激励され、こわいのをがまんしてがんばる。

市長の娘のお色気ミニスカサンタに、コートニー=ジェーン・ホワイト。犯人扱いされる気の毒サンタ男に、ドナル・ローグ。じゃこっちが犯人かと思ったら、やっぱり間違いだったサンタ男に、マイク・オブライアン

話題の新作『SUSHI GIRL (2012)』に出ている、スシ娘のコートニー・パームも登場します。彼女はポルノのモデル役なんだが、ものすごい殺され方をする。彼女の絶叫演技はスゲーよかった。Groovy!

ブレンダン・フェアは主役級なのかと勝手に思っていたんだが、すぐにブッ殺され、その後は出番ナシ。あれが彼であると気づかないひとが多いのではないかくらいのチョイ役だった。こわがり演技はがんばってはいましたけど。

トレイラー動画

Silent Night (2012) trailer

感想

スティーヴン・C・ミラー監督の作品を観たのは『ゾンビ・トランスフュージョン (2006)』『キッズ・リベンジ (2012)』に続いて3本目で、他のいくつかは未見ですが、確実に腕と予算を上げてきているなと進歩がうかがえます。

彼の映画の持ち味は荒削りなやったれやったれ感で、細かいとこは気にすんな!と納得させちゃう寄り切り感が好きなんだが、本作はそんな荒っぽさはそのままに、ずいぶん演出が巧みになったのではないか。

テンポよく進行し、撮影に工夫がある。少しやりすぎなところもあるが、楽しいからいいです。どこで味を出しているのかわからないが、なんかしらんけどおもしろい!多少のアラは許す!という気にさせるオーラがあるんだよね、このひとは。

本作では、ヒロインが過去に夫(かな。Johnていってた)をなくしたという逸話が随所に挿入され、なにやら意味深なんだが、結局、大したつながりはないのです。いや、あるといえばあるような気もするが、きちんと説明されなかったと思う。監督の頭の中では必然性があるのかもしれないが、私はよくわからなかった。でもなんか許せちゃう。まぁいいよ。ってさ。こういうの、この監督さんらしいよね。

スラッシャー好きなホラーファンが喜ぶしかけが盛りだくさんの、サービス心にあふれた、クリスマスホラーであります。

オリジナル版『悪魔のサンタクロース/惨殺の斧 (1984)』とはまったく別の物語だが、いくつかオマージュ場面がありました。私が気づいたのは次の3点。

最初の方で、ボケ老人が急にしゃべりだすところ。あれはいいよね。オリジナルの名場面でした。あとは、お色気ネーチャンのコートニー=ジェーン・ホワイトが鹿のツノに串刺しになっちゃう場面。オリジナルではリネア・クイグリーが演じました。あとはおまわりさんがゴミ出しする場面。これは『悪魔のサンタクロース2 (1987)』にあった、リッキーが「やってらんねー」口調でゴミ出しをやってた場面に似ていました。

DVDのオマケ

オマケはこれだけ↓

  • Silent Night: Behind The Scenes
  • Deleted Scenes

Deleted Scenesはそう大したものは入っていなかったです。これはカットされるわなというかんじで。このDVDは英語字幕つき↓

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (126枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Silent Night
別題: Silent Night - Leise rieselt das Blut
Tiha noć
Безмолвная ночь
邦題(カタカナ): 『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』
制作年: 2012年
制作国: カナダ/アメリカ
公開日: 2012年11月30日 (アメリカ) (limited)
2012年12月4日 (カナダ)
2012年12月4日 (アメリカ) (DVD & Blu-ray発売)
2013年11月11日 (イギリス) (DVD)
2013年12月4日 (イタリア) (DVD)
2014年12月5日 (ドイツ) (Blu-ray and DVD premiere)
imdb.com: imdb.com :: Silent Night
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News