2014/1/14 (Tue) at 9:54 am

映画|オープン・グレイヴ 感染|Open Grave

5人の記憶喪失男女 + 唖のアジア人女が、森でオタオタするホラー映画。シャールト・コプリージョセフ・モーガントーマス・クレッチマン。監督ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ。2013年。

オープン・グレイヴ 感染 / Open Grave DVDDVD画像

どっかの森。

男(シャールト・コプリー)が暗闇で目を覚ましたら、回りは死体だらけ。ヒャー!

ナンじゃこれ!?つってアタフタしてたら、上からロープが落ちてきた。よっこらしょうと登ったら、そこは森の中で、自分がいた穴を見下ろすと、累々たる死体の山だった。

どうしておれはこんなところで寝ていたのだ。と考える間もなく、近くに家があった。中から人の声がする。おそるおそる入っていったら、5人の男女がいた。

この中のひとりがさっきロープを投げてくれたらしいが、こいつらはナニモノであるか。「おまえらはいったいだれだ!」と問うたら、「おまえはだれだ?」と問い返され、「ンン.... あれれ?」と口ごもってしまう。

男は「じぶんが誰かわからない!」という点に気づいて唖然とする。さらに、驚くことに、家の中にいた連中も彼と同じように記憶がないという。連中は少し前に家の中で目が覚めて、オタオタしていたところに、男が飛び込んできたということらしいです。

てわけで、一同は「わたしら全員は同じ境遇なんだ」と確認するや、へたへたと座り込み、協力体制となり、謎解きに取り組むんだが、怯えと緊張から、疑心暗鬼になって感情的に怒鳴り散らかすヤツもいるから、たいへんなのである。

メンツの中に唖のアジア人女(ジョシー・ホー)がいる。彼女は言葉が理解できなくて意思を伝えられない。中国人なのかな。この謎女が鍵を握ってるぽいですね。

他のみなさんはこんなかんじ↓

シャロン(エリン・リチャーズ)... 普通のカワイコちゃん。

ネイサン(ジョセフ・モーガン)... 記憶は戻らないが、なぜかいろんな言葉を読み書きできることに気づく。学者さんだったのかな。

マイケル(マックス・ロッツリー)... この男も記憶は戻らないが、なぜか銃の扱いに手馴れていることに気づく。元は警官か兵士だったのかな。

ルーカス(トーマス・クレッチマン)... なんだか知らないがゲホゲホやって具合の悪いアンちゃん。

どうして名前がわかったかというと、家の中に免許証なんかの写真つきIDがあったからです。でも記憶は戻らない。

おれは一体誰なんだ!おまえらはなんだ!あの死体の山はなんだ!誰があんなひどいことをしたんだ!ぜんぜんわからない!こまった!

トレイラー動画

Open Grave (2013) trailer

感想

開始の雰囲気は『Modus Anomali (2012)』と似てる。あっちは生き埋めで、こっちは死体の山だが、どちらにおいても、記憶をなくしているという点が同じだからそう思ったんだが、その後の展開はかなりちがう。

記憶をなくした主人公がアタフタするという設定のスリラーはよくあるが、出てくるヤツラの全員が記憶喪失なんてびっくりだよね。なかなかおもしろい。最後に明かされるオチはギョッとする。明かされてみれば単純な話だが、この設定だけで、90分を引っぱる演出の手腕は大したもんだと思った。ダルダル感がぜんぜんなくて、適度にショッキングシーンもあって楽しかった。狂ったオババなんかが出てくるよ。うへー。

シャールト・コプリーは『第9地区 (2009)』で鮮烈にメジャーデビューしたのち、ご存知の通りの大躍進で「このオッサンはナニモノなんだ!」とみんなを驚かせているが、ほんとにすごいよね。この映画においても、彼の真に迫った冷や汗ダラダラ演技は、雰囲気づくりに大いに貢献している。ジョシー・ホー他、他のみなさんもよい。

6人の男女は、各人タイプは違うが、あからさまに悪人顔をしているヤツはいない。ガーガー怒鳴ったりするヤツはいるけれども、まぁ、なんちゅうか、わりと常識的な人たちに見える。でも、記憶が戻ったら「コイツはとんだわるもんだった!」なんてこともあり得るから、容易には信用できないよね。そこがおもしろいところです。

この映画はまだメディアリリースはされていないが、私はiTunesUSで見ました。

オープン・グレイヴ 感染 (2013)』は852 Filmsの3作目

この映画は、唖のアジア人女を演じたジョシー・ホーが、その夫コンロイ・チャンといっしょに設立した香港の制作会社『852 Films』の3本目にあたる。過去の2作品(『ドリーム・ホーム (2010)』『復讐の絆 Revenge: A Love Story (2010)』)とはちがって、in association withとあるので、共同製作ってヤツです。彼らは製作本数はまだ多くないが、良作を出しているから今後も期待しよう。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (41枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Open Grave
別題: Anoihtos tafos
Otvoreni grob
Tömegsír
Graves
Nad grobem
Otvoren grob
Открытая могила
邦題(カタカナ): 『オープン・グレイヴ 感染』
制作年: 2013年
制作国: アメリカ
公開日: 2013年8月14日 (イタリア)
2014年1月3日 (アメリカ)
2014年2月18日 (アメリカ) (Nevermore Film Festival)
2014年6月14日 (日本)
2014年9月26日 (ドイツ) (Blu-ray & DVD premiere)
imdb.com: imdb.com :: Open Grave
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News