2013/4/12 (Fri) at 6:11 pm

映画|Modus Anomali

森で生き埋めにされて記憶をなくした男が、キラーに追われてヒーヒーするインドネシアのホラー映画。Rio Dewantoハナ・アル・ラシッド。監督Joko Anwar。2012年。

Modus Anomali DVDDVD画像

どっかの山。

地面からニョキッと手が出てきて、生き埋めにされた男(Rio Dewanto)が自力で脱出する。彼は命が助かったのはいいが、記憶を失っていた。自分がなぜ埋められたかわからない。ここはどこなのかわからない。自分の名前もわからない。

どうしようどうしよう。

と、パニクるうち、別荘風の山小屋を発見する。中に入ってみたら、テレビの前にビデオカメラがあり「これを見よ」とメモがあった。ビデオを再生したら、妊婦さんがブッ殺される場面が出てきた。うへー。なんてひどいことをするんだ。と思ったら、部屋の中に妊婦さんの死体があって、ますますびっくり。

彼は腰を抜かして小屋から飛び出す。怯えたケモノのように身を隠し、あたりの空気をうかがう。どこかに敵がいるのかもしれない。そう思うと、いてもたってもいられない。

ポケットの中に財布があり、IDと家族写真があった。それによれば、自分の名前はジョン・エヴァンスというらしい。家族写真にはママ(ハナ・アル・ラシッド)と子供たち(中高生くらいの姉弟)が写っている。そして、男の右手には結婚指輪がある(インドネシアじゃ結婚指輪は右手の薬指なんだそうです → こちらに教わった!ありがとう!)。

これはおれの家族なんだろうか。この女性はさっきの妊婦さんなんだろうか。そして、ふたりの子供たちは、おれの血を分けた子供なんだろうか。お、おれはいったい誰なんだああああ!?どうすればいいんだああああ!?

男はひとりきりで森をさまよい、ひーひーいって、見えない答えを探し続ける。そこに謎のキラーがジャジャーンと出てくる。最後にびっくり仰天のインドネシアのホラー映画。

Wilder paranoia this time, please!
Give me some motherfucking monsters!

トレイラー動画

Modus Anomali (2012) trailer

感想

ナマニクさんが全力で絶賛しているのを読んで↓

なんかすごそうだなー私も見たいなーと思っていたら、最近ドイツ版DVDが出たので、さっそく買ってみましたよ。

確かにスゴいtwistではあるが、ちょっとさ、plot holeがあるというか、説明不足ではないかなあ。私は3度見たんだが、どうしてもわからない点がいくつかある。

が、DVDのオマケに入っているインタビューを見たら、「『Modus Anomali (2012)』は理解するのがむずかしい映画ですよね?」という問いに対し、Joko Anwar監督は、以下のように答えているのです。

てわけで、その回答ですが、チト言い訳ですが、このインタビュー映像はかなりよくないのです。映像と音声がズレているし、ときどき音声が遠くなる。また監督さんの英語はスゲーブロークンなんですよ。私の耳が悪いせいもある。かなり聞き取りにくい。だから、少し不完全なんだが、意味はわかると思う↓

Joko Anwar: Everytime I make film, I want to take the audience with me, and me and my audience will be on the same level. So if I give too much, it's kind of insulting for the audience because I will be assuming that they're not smart enough to get what movie is all about. Even if I make a film as everything is very ??? down all the information is there, I will take one or two information to make it big but still understandable. People want to think about it. By doing that, I think me as a filmmaker, have more respect for the audience. And how important it is to challenge people emotionally. I don't know... I guess that... the emotional challenge will come automatically if you really let the character in your films truly ???, you know, in their universe. So you'll be more emotionally involving, I guess so, just being the characters story this is going to be emotional challenging for the audience.

「私は、常に、私自身と観客は同じレベルであるという想定で映画をつくります。観客に過度の情報を与えるのはよくないです。もしそれをやったら、「観客はアホだからこれくらい説明してやらないと理解できないだろう」と侮蔑していることになってしまいます。すべての情報を配置したあと、理解できる範囲内で、いくつかの情報をあえて取り去ることもあります。人々はきっと自分で考えたいだろうと思うから。私のこのような姿勢は、映画製作者としての、観客に対する敬意の表れなんですよ。また、さらに重要なんですが、そういうやり方を選ぶのは、人々に感動を与えたいからです。観客は自由にキャラクターに感情移入する。物語の世界に自分自身を内含させていく。それが感動の呼び水になるってわけです」

ま、簡単にいうと「ギリギリのセンで説明を排除することにより、より多くの感動を味わえ、これが俺流なのだ」と自信満々で語っているのであります。コレに対して「説明不足じゃないの?」などといっている私は頭が足りないんだろうか。ひー。

ま、そこは残念なんだが、この映画に出てくるキラーの動機というものについて、自分なりの答えを見つけることができたように思う。このキラーはものすごく変態的で、自己破滅的で、突飛なことをやるんだが、もしかして、これって、人間の一面を鋭く照射しているのではないか。という手応えを確かに感じることができたので、まぁ、よかったと思います。

最後の20分の急転回twistにいくまではスローな進行具合なので、ちょっと忍耐を要するが、ナマニクさんもいってるように、主演のアンちゃんの冷や汗ダラダラ演技がかなりいいんで、その部分も飽きずに観れました。

私の解釈及び疑問点を下のネタバレの方に書きました。ずーっとスクロールするとあります。映画を既にご覧になった方はお考えをお聞かせください。未見の方は読まないほうがいいですよ。ほんとにおもしろいオチですから。

Joko Anwar監督のブログ↓

Modus Anomaliはぜんぶ英語台詞

この映画はインドネシア映画だが、全編英語をしゃべっている。俳優さんのアクセントはおおむねオッケー。へんなアジア英語でなく、ほぼ普通のアメリカ英語のように聞こえた。完璧ではないがこれなら十分許容。

映画を国際市場に売り出すため、そのようにつくったんですよ。という話をいくつかの記事で読んだが、これはたいへんけっこうな試みであります。

私、以前にも書きましたように、アジアのホラー映画において、英語字幕つきのDVDがリリースされるまで相当の日数を待たされるという状況にイライラしているので、今後、同様の試みが広がることを望みます。

全編英語台詞というこの試みに関し「(一部の)アメリカ人は俳優のアクセントに文句をつけるんじゃないの?」というような話ををうだうだと長々と書いたんだが、つまらないので消しました。まぁ、文句をいうヤツはほおっておけばいいわ。

ドイツ版DVDは絶賛発売中

Joko Anwar監督
ジョコ・アンワル / Joko Anwar 画像

ドイツ版DVDのオマケは監督さんのインタビューとトレイラーのみ。インタビューは内容はおもしろいんだが、上に書いたように映像がヒデー。音声がズレているし、ときどき声が遠くなる。じつに聞き取りにくい。インタビューだけですよ。映画はちゃんとしています。言語は英語。字幕はナシです↓

この映画を未見の方は、以下閲覧注意。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (79枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: アジア』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Modus Anomali
別題: Modus Anomali
Modus anomali: Le réveil de la proie
Cinnet
Ritual
制作年: 2012年
制作国: インドネシア
公開日: 2012年4月26日 (インドネシア)
2012年11月10日 (イギリス) (Leeds International Film Festival)
2012年11月23日 (フランス) (Paris International Fantastic Film Festival)
2013年1月31日 (フランス) (Gerardmer Fantasy Film Festival)
2013年3月31日 (フランス) (Lyon Festival Hallucinations Collectives)
2013年4月5日 (ドイツ) (DVD)
2013年4月26日 (イギリス) (Dead by Dawn International Horror Film Festival)
2013年5月15日 (フランス)
imdb.com: imdb.com :: Modus Anomali
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News