2011/7/22 (Fri) at 4:34 am

映画|ホーボー・ウィズ・ショットガン|Hobo with a Shotgun

渡り鳥ホームレス男がショットガンをばんばん!わるいやつらをブッ殺せ!ゴアゴア勧善懲悪チシブキ満載ホラー映画。ルトガー・ハウアーブライアン・ダウニーモリー・ダンスワース。監督ジェイソン・アイズナー。2011年。

ホーボー・ウィズ・ショットガン / Hobo with a Shotgun DVDDVD画像

さすらいの渡り鳥ルンペン男(ルトガー・ハウアー)が、小さな町に流れ着く。町の名前はホープタウン。

映画の題名にあるHoboというのは彼の名前でなく『hobo = 浮浪者/ルンペン』という意味で、だから、彼は名無しのホームレスなんだが、このエントリでは『ホボさん』と呼ぶことにします。英語の発音では「ホゥボォー」てかんじですが。

ホボさんは町に着くなり、ギャングの凄惨リンチ場面に出くわしておったまげる。真っ昼間からギャングたちが男をとっつかまえ、マンホールで首切り処刑をやっているではないか。うへー。

ギャングのボスは「おれがドレイクだー、わっはっはー」と王様の如くであり、ヒキツリ顔で見守る市民たちを相手に「ほーれ、ショータイムだぞ!」と大演説をブチあげ、自分の弟(ロブ・ウェルズ)の生首を片手に持ち「ほれほれウケケ」と見せびらかして、さもうれしげ。イカレ女がチシブキを全身に浴びて、喜びのダンスをします。

この町では、ドレイク(ブライアン・ダウニー)なる大ボスと、その息子コンビ、スリック(グレゴリー・スミス)とアイヴァン(ニック・ベイトマン)てのがいて、こいつらは人々を恐怖で縛り、不埒な悪行三昧やりたい放題。

こんな無法地帯なので、町のそこらじゅうでわるいひとたちが暴れ回っています。筋肉ヒモ男が売女をブン殴るわ、サンタコスの変態ペド男が子供をさらってレイプするわ、キチガイ映画マニアが流血沙汰を撮影してニタニタするわ。強盗/スリ/かっぱらい/レイプ、なんでもこいの、まさに犯罪オールスターズ。ロス暴動を煎じ詰めて、1000倍濃くした悪の町。市民たちはおそれおののくばかり。ヒャーと逃げまわる。

ホボさんは町のあちこちでヒデー現場を目撃し、なげかわしや、と心を痛めていたが、ある日、ギャング息子のスリックがカワイコちゃん売女のアビーさん(モリー・ダンスワース)をいぢめているところを見たらば、もうがまんがならぬ、と堪忍袋の緒はブチ切れ、彼女を救い、チンピラをとっつかまえ、警察署に連行した。

「この大バカを牢屋に入れてやっておくんなせえ」と突き出すだけでは腹の虫はおさまらず、ここはいっちょう警察署長にカツを入れてやらねば、という気合いで臨んだのであるが、彼としては、よき市民の見本を示したつもりであったが、これがとんだヤブヘビであった。この町じゃ警察官さえギャングの手先に成り下がっていたからである。

警察署長に「なまいきな乞食ヤローめ!」と銃を向けられ、さっきホボさんが捕まえたスリックがニタ笑いで登場。ついでに兄弟のアイヴァンも出てきて、うりゃうりゃと痛い目に遭わされ、ゴミ箱に放り込まれた。なんてひどい町なんだ。

怒れるホボさんはショットガンを手に入れ、町の浄化作戦に乗り出す。わるもんどもはブッ殺せ!タクシードライバー・ミーツ・ルトガー・ハウアー

ならず者は許さない!悪は滅びろ!悪は死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!どどどどーーーーうぎゃああああぁああギョェエエエエエ!

Delivering justice, one shell at a time!

トレイラー動画

Hobo With A Shotgun (2011) unrated trailer

フェイク・トレイラー・コンテスト

みなさんご存知の通り『Hobo with a Shotgun (2011)』は、タランティーノ + ロドリゲスの『グラインドハウス (2007)』のフェイク・トレイラー・コンテスト受賞を経て、『マチェーテ (2010)』に続き、映画化されました。そのときの作品がコレ↓

Hobo With A Shotgun (2011) fake trailer

制作費150ドルだからといって安易なものではなく、ジェイソン・アイズナー監督はずいぶん前からこの案を温めていたそうです。このトレイラーでホボさんを演じたのはDave Bruntという素人さんで、監督の友達だそうな。撮影の経緯など、詳しくは以下のリンク先に詳しく書かれてある↓

フェイクトレイラーのホボさんと
本編のホボさんのツーショット
映画|ホーボー・ウィズ・ア・ショットガン|Hobo with a Shotgun (96) 画像Cardboard Robots, Supercreeps, and Killer Trees

てわけで、ジェイソン・アイズナー監督は見事にチャンスをゲットしたんだが、さらに、こんどは『Hobo with a Shotgun (2011)』のトレイラー・コンテストもある。『Van Gore』という作品が受賞決定しました(2011年4月)。コレ↓

受賞作品は『Hobo with a Shotgun (2011)』のDVD / Blu-Rayに収録された。映画化されるかどうかは未定。監督はKeith Hodder。彼のインタビューがあった↓

惜しくも敗れた他の応募作品はこちらで見れます↓

こんなかんじで『グラインドハウス (2007)』の系図が拡がりつつある。文化ですなあ。

ちょと余談ですが、私はいいたい。

日本じゃ『水戸黄門』がついにおしまいだそうですが、あれこそエクスプロイテーションの雰囲気にぴったりじゃないですか。TBSは社の威信を賭けて『水戸黄門サヨナラお祭り大会』を催すべきだと、私、おもいます。

西村喜廣井口昇といった方々を招聘し(もちろん三池崇史チームでもいいですが)、最後で最後の、『水戸黄門スペシャルバージョン』をやるんですよ。里見浩太朗伊吹吾郎、その他オールスターキャスト。既に世を去った東野英治郎西村晃はCG出演。仮面ライダー1号2号みたいなかんじでさ、歴代の黄門様が並んで出てきたらおもしろいじゃん。

バアちゃんの度肝を抜くゴアエフェクト満載。意外とお年寄りファンも気に入るかもしれない。それくらいやって、バーンとブチあげないと、文化ってのものが継承されないとおもうのですね。

関係ない話ですません。

感想

さて、『Hobo with a Shotgun (2011)』の感想ですが、期待以上のおもしろさであった。私的には『マチェーテ (2010)』より上です。あれの惜しかったトコを清々しく凌駕し、場外ホームランをカッ飛ばしてくれたなあっておもいました。

テンポよし/ゴアゴアよし/キャラの立ちよし。ホボさん以下、善人も悪人もネーチャンもキチガイも、すさまじいテンションで暴れ回る。彩度とコントラストをギューッと高めたような色合いの映像で、ビシビシガンガン進行します。こんなにも充実した人生を駆け抜けていきたいと、だれもが思うでしょう(思わないか)。

満点ブラボー。BLOW YOUR MIND!!!!

ここから先はネタバレ度中です。

※結末には触れていませんが、イロイロ書いちゃいました。頭マッシロで映画をご覧になったほうがいいとおもいますよ。

いうまでもなく、ゴアチシブキ満載の怒濤アクションが見どころですが、台詞や演出等、細かいトコもすごくおもしろかった。特に印象的だったのはコレ↓

  • チンピラ兄弟がスクールバスを襲撃するところのBGM。
  • カワイコちゃん売女のアビーが病院に担ぎ込まれるときの看護婦の台詞。

スクールバスのシーンはとても悪趣味ですが、そこでThe TrammpsのDisco Infernoが流れます。あの選曲センスはすごい。

また、病院のシーンてのは、少々説明が要るんだが、アビーはだれからも売女呼ばわりされ、本人も「マタ開くのが商売だからしょうがないわ」とかいってるネーチャンなんだが、チンピラ息子のスリックに重傷を負わされ、病院に担ぎ込まれて、一時は心拍停止してしまうんだが、このとき、看護婦が「死ぬな!売女!」っていうの。あれ、おもしろーい。

nurse: Live! Live, you fucking whore!

説明のなさ加減がよい

この映画、やたらめったら説明ヌキで「そういうもんだから納得しろ」的な演出が多用されます。

たとえばですね、売女のアビーさんですが、なぜかホボさんだけは彼女を「学校の先生」だと信じているのです。彼は会った瞬間「きみは学校の先生にちがいない」っていう。別のシーンで彼女を救う場面では「先生をいぢめるな!」っていう。これはきっと、ホボさんが少年時代に出会った憧れの先生に似てたのかなって思いますが、わかんないトコが他にもあるよ。

『The Plague』ていう謎の悪魔兵士が出てきました。ホボさんの逆襲に腹を立てたドレイクが「The Plagueを召還するのだ!」と命じる。すると鉄づくめのヨロイ姿の兵士が出てきて、そいつは悪魔みたいなもんで、ドレイクの手先として働くんだが、これについても説明ナシ。The Plagueはエンディング近くでアビーさんにへんなことをいう(この台詞に関連するシーンが、Special FeaturesのAlternate Endingに入っているよ)。

あれはいったいなんだ、と不思議に思ったのは、私だけではなかった↓

他にも「ドレイクはなぜアイヴァンよりもスリックをかわいがったのか」とか、疑問点がイロイロあります。

この『説明のなさ』に身を任せていると、すべてが浮世離れしていて、おとぎの国のような雰囲気が醸しだされます。『グラインドハウス的ムーミン谷』みたいな。それが妙にしっくりくるんだなあ。

最初、ホボさんは芝刈り機を手に入れたかったんですよね。それを買おうと思って店に入ったら、強盗にでくわして、頭にきちゃってショットガンを手に入れた。芝刈り機は彼にとってなんだったのか、後のシーンで彼はアビーに告白します。

「ちゃんと仕事に就きたいから、芝刈り機を買おうと思った」ていう。それを聞いたアビーはすごく感動して、いっしょにこの町を出よう、という。でも、そこにわるもん勢が攻めてきて、ふたりの夢を妨害する。

芝刈り機はまたあとから出てきて、ものすごいゴアシーンの小道具として使われます。アビーさんは『芝刈り機』の意味を汲んで、アレを武器につくりかえたんだよねきっと。

ホボさんが病院で赤ちゃんたちを相手にしゃべる長台詞を聞いていると、彼は赤ちゃんに生まれ変わりたいと願っているように感じられた。彼は人生的な償いをしたがっているのかなあ。あの赤ちゃんの中に、彼自身も混じっているのかも。この映画では、芝刈り機てのは『過去と未来をつなぐ希望の道具』てことになってるんじゃないかなあ。

また、アビーさんは町を出ようという段になったとき、料理の食材とかテレビなんかを運び出そうとして、そんなのむり!といわれます。あれはきっと、彼女はいいおよめさんになりたいとか、テレビに出てくるスターになりたい、って思ってたんじゃないかなあ。

だからさ、この映画の舞台装置は、天国と地獄の境い目の場所(煉獄みたいな)ではないかなあ。Glorious Holeてのは地獄に堕ちるピットなんだ。

いやー、こんな深読みをする必要はないし、みなさんに押しつける気もないんですよ。私が想像して遊んでいるだけですから聞き流してやってください。

私、映画をすごく気に入ると、空想が空想を呼ぶというかですね、いろんなことが頭に浮かぶんですね。自分的『Deleted Scenes』を想像して遊ぶのです。ひとりっこだからそういう癖がついたのかな。こんな空想をさせてくれるっていうのは、私とすごく波長が合ってるからなんだろうなあとおもいました。

この映画のネタバレは書けないなあ。圧倒的な映像破壊力が持ち味の映画ですから。

すごくおもしろいからみんなも見よう!

感想おしまい。

DVDのオマケ

私が持ってるのは『2-Disc Collector's Edition』てヤツで、オマケがたくさんある↓

DISC1のオマケ↓

  • Commentary With Jason Eisener And Rutger Hauer
  • Commentary With Jason Eisener, John Davies, Rob Cotterill And David Brunt

DISC2のオマケ↓

  • More Blood, More Heart: The Making Of Hobo With A Shotgun (45:19)
  • Deleted Scenes (05:57)
    • A Stroll Through Hope Town
    • This Landlord
    • Montage
  • Alternate Ending (00:33)
  • Video Blogs
    • Live From Dartmouth
    • The Goods
    • Day 4 Wrap
    • Interview With Niv
    • Rookie Cop
    • Breaking News: Chaos In The City
    • Blood Truck
    • Budget Cuts
    • Waves Of Blood
  • Camera Test Reel (03:25)
  • Fangoria Interviews
    • Rutger Hauer (11:20)
    • Jason Eisener (33:07)
  • HDNet: A Look At Hobo With A Shotgun (05:13)
  • Grindhouse Trailer Contest Winner: Hobo With A Shotgun (02:00)
  • Hobo With A Shotgun Faux Trailer Contest Winner: Van Gore (02:00)
  • Redband US Theatrical Trailers (04:07)
  • Canadian TV Spots (00:45)
  • Also From Magnolia Home Entertainment

メイキングはすばらしいドキュメンタリです。監督以下関係者のみなさんがコンテスト受賞して夢を叶えた喜びを語る。監督さんの横にいるひとたちが、もうね、親戚の優しいおじさんみたいな顔になってるのがほほえましいです。フェイクトレイラーでホボさんを演じたDave Bruntのちょっと泣ける話から始まって、撮影のようすが見れます。

クルーたちはなんでもやりますスタイルで、例えば、音声担当のアンちゃん(Zan Rosborough)は本業以外にスリックのボディダブルやら覆面チンピラ脇役やらをやってて、さらに彼は自分の車を撮影小道具に提供した。スリックとイヴァンが乗り回してた白いスポーツカーです。撮影したフッテージの長さは、映画本編の長さの65倍だった。この種の映画としては、異例に長いそうです。

Video Blogsてのがおもしろいよ。短いお笑いコント集。プロデューサーがしゃべってるトコにわるもん兄弟が現れ、Fucking Producer!つってボコボコにしちゃうヤツとか。

映画本編は英語字幕ついてないんだが、CC(Closed Caption)がついてました。オマケは字幕ナシ。

Memorable Quotes

Drake: Ladies and gentlemen, welcome to the Drake Show. Tonight's special episode is gonna be filled with thrills and chills and my own personal favorite... lots and lots of that red shit that flows inside all our bodies!

Drake: You know, ever since our mother brought Logan home from the hospital, I knew he was a fucking coward.
Logan: I'll leave town! You'll never fucking see me again. Just please. I can't feel my legs, Drake.
Drake: He wants mercy from the Drake. From the Drake?! And he should know better than anybody! Mercy ain't my style.
Logan: What do you want from me?
Drake: Logan is no longer my brother. Our relationship has been severed. And now he's all alone in the world, with nothing but a barbed-wire noose around his neck.
Logan: You can't let him do this! It's not just my life he's ruining. Please! Help me! Please!
Drake: You should have started begging a long time ago. I have never enjoyed listening to you as much as I do right now.
Logan: You're a fucking animal, Drake! You're a shitty fucking weird little animal.
Drake: The way I see it, I'm a fucking miracle worker, because I am going to make it rain! Gun it, Slick! Well, can you feel your legs now? Can you, huh? A little something else you wanted to say to me? Hmm? Well, thanks for tuning in, ladies and gentlemen. Who knows, maybe next time one of you will be our lucky contestant.
Slick: Enjoy the ride, my favorite fucking uncle.
Ivan: Go the fuck home, everybody! And don't forget to wash your dicks!

Slick: The only thing I'm gonna let slide is my dick in your pussy.

Hobo: Let the girl go, punk! I'm making a citizen's arrest.
Slick: Huh. And who the fuck are you?
Hobo: Put the knife away, kid. Or I'll use it to cut welfare checks from your rotten skin.
Slick: Well, you better cut one to Mother Teresa so you can give it to her while she's finger-banging you in hell.
Hobo: Shut your filthy mouth! Mother Teresa is a goddamn saint! Serves you right. What did you think? He was gonna put a ring on your finger?

Hobo: Lock him up with the sodomites and get me the goddamned chief of police now.

Chief of Police: Welcome to Fucktown!
Ivan: Hold still, you slimy maggot!
Hobo: Get off me!
Chief of Police: These two are the princes of Fucktown!
Ivan: Any idea what we should do to him, Slick?
Slick: Yeah, hold him still.
Hobo: You're a damn kid.
Slick: I'm gonna carve a billboard into his chest.
Hobo: You better get that knife away from me!
Ivan: Easy, Slick. I think you might be hurting him.
Chief of Police: Jesus. God, boys, whatever happened to delicacy and finesse?
Slick: This is so you'll never forget what you are.
Hobo: I thought this was a police station. Not a fucking circus. I just wanted to help.
Chief of Police: Ahahaha. And don't forget, you fucking piece of shit, that everyday is garbage day for street trash like you.

Hobo: I just, tell my brain when I know I'm hurting, I just say, "I got nothing for you, buddy. Nothing to make it go away, so just go to hell." And he goes. He's like a brother to me now and brothers fight sometimes.
Abby: I think it's time to put you and your brother to bed.

Hobo: The bear is a solitary animal. They like their space. They live in a magic circle. They don't mind if you're like a mile away, but if you get inside their circle, they will maul you. If a bear's claw would ever strike your face, it would take your whole face right off your skull... your eyes, your nose, your lips, everything. And you would die from it.
Abby: Wow. I didn't know bears could be so vicious.
Hobo: They are wild animals. There's something else about bears not many people know. If a bear gets hooked on the taste of human blood, he becomes a man killer. He'll go on a rampage and has to be destroyed. And that's... why you should never hug a bear.

Hobo: I'm gonna sleep in your bloody carcasses tonight! Jesus Christ! You vultures... circle this city tearing off the flesh from everything that is innocent.
robber: Please don't shoot me. I didn't even hurt her.
Hobo: I want you out of this city... you and your grave-robbing friends. Spread the word.
robber: No!
Hobo: Pay guns! Keep the change.
store guy: Oh fuck!

Hobo: Hallelujah.

Hobo: Jerk on this, you child-molesting shitlicker.

Drake: Fuck! A shotgun?! This town is impressed by a homeless man with a fucking shotgun?! Oh! Where's the creativity in that?

Drake: So what happened to you? School bully get your lunch money?
Slick: I don't want to talk about it.
Drake: Look, Slick, don't make me mad. Tell me who did this to you.
Slick: I don't know. Some bum.
Drake: Some bum!Have you been watching the fucking news lately? Huh?
Ivan: Don't worry, Dad, we carved that fucker up.
Drake: You carved him up. Somebody does this to your brother and you treat him like a jack-o'-lantern. Put your head on the table. Head down now! Don't worry, son. Everybody gets knocked out once in a while.
Slick: Really? Have you ever been knocked out?
Drake: Fuck no. I'm the Drake. Who's gonna fuck with me?
Slick: I'm Slick! No one's supposed to fuck with me either!
Drake: Listen, you've got a lot of potential... way more than your brother. Head down. Maybe even more potential than me eventually, but first you've got to learn to think bigger.
Slick: Bigger? I'll crucify him to a homeless shelter.
Drake: That's revenge. Don't look for revenge. Look for people's fear.
Slick: Okay, fear. I'll cut a hole in his body. I'll make them watch as I spread his intestines out all over the street.
Drake: Well, you be ugly, you be hateful when you do that, some will fear you... Slick, I wanna fear you, but I don't. You've got to show me that you can scare the shit out of everybody! So why don't you unlock that imagination of yours and give them a show that is so fierce that everybody in this town will remember your name forever.
Slick: What should I do?
Drake: Well, you need to figure that out for yourself, but I can give you one sweet morsel of advice. When life gives you razor blades, you make a baseball bat covered in razor blades. Hyah!

Chief of Police: We're all dirty cops!

Hobo: She is a teacher!

Ivan: It's a beautiful day for a skate rape!

Slick: Do you fucking see me?! Do you fucking hear me?! Do you fucking... feel me? Do you fucking fear me?

Ivan: Turn that whore into a baby factory!

Slick: Hey Dad... you were a pretty rad father.

nurse: Live! Live, you fucking whore!

Hobo: A long time ago, I was one of you. You're all brand new and perfect, no mistakes, no regret. People look at you and think of how wonderful your future will be. They want you to be something special, like a doctor or a lawyer. I hate to tell you this, but if you grow up here, you're more likely to wind up selling your bodies on the streets or shooting dope from dirty needles in a bus stop. And if you're successful, you'll make money selling junk to crackheads. And you won't think twice about killing someone's wife because you won't even know what was wrong in the first place. Or maybe... you'll end up like me... a hobo with a shotgun. I hope you can do better. You are the future.

Ivan: Ah, the Plague. You guys fucking rock!
(monstrous voice): Do you want to see him?
Ivan: No, I trust you guys. I can fucking smell him from here. Take him to the truck.
Hobo: You know, I almost feel sad for you. You're in the shadow of your brother. And you're just a little tiny thug.
Ivan: A thug?! Listen, you homeless piece of shit, I'm the only son Drake has left! And you know what that means? That means I run the fucking show! I'm gonna show everybody. They're gonna fear the fuck out of me! In fact, they're gonna make comic books out of my hate crimes!
Hobo: I promise you when I get out of here, I'm gonna bite your face off.
Ivan: That's funny 'cause I promised myself I would bash your fucking teeth in and make a chainsaw out of them. Fucker!

Abby: Some people got a bed to sleep on where they can crawl under the covers and have a good night's rest. But other people, they don't got beds at all. Instead, they gotta find an alleyway or a park bench where some fucker's not gonna stab them. Just 'cause they don't got beds doesn't mean they're homeless. 'Cause guess what, they've got the biggest home of any of us. it's called "the streets"! And right now we're all standing in their home, so maybe we should show them some goddamn respect. If this is their home, they've got a right to keep it clean, don't they? Sometimes on the streetsa broom just ain't gonna fucking cut it. That's when you gotta get a shotgun! So if you want to kill me, go ahead. But I'll warn you, from where I'm standing, things are looking real fucking filthy!

Drake: Ladies and gentlemen, welcome back to the Drake Show!
Ivan: Yeah! That's how you cheer, you fucking creatures. Whoo!
Drake: Thank you, thank you. Thank you, everybody. Tonight I have a special treat for you all, the culmination of one of the bloodiest spectacles we have ever witnessed. Everybody, please a round of applause for the team that made this possible, the Plague! Now I wa nt you all to meet our special guest, a man I'm sure you've all heard about. Ladies and gentlemen, without further ado, let's bring on the man of the hour, the one responsible for the death of my favorite son.And here he is, a worthless homeless piece of shit.
Hobo: Get your hands off me, demons! You're crushing my smokes.
Drake: When God lost His son, He knew He'd get him back in a few days. He didn't have to mourn, not for a single second. But I know I can't get my son back. So what does that make me, when I know more about pain than the most powerful being in the universe?
Hobo: You're a fool and a shitty father.
Drake: Take him to the glory hole.

Drake: No one upstages the Drake! Do you see what I mean, folks? I provide you with nothing but the highest-quality, adrenaline-filled family entertainment!

Drake: Let's start with a nose job, huh?

Hobo: Bears don't belong to the zoo.

Hobo: Show's over.
Drake: You know, except for killing my son, you made my town a lot more interesting. You're so fucking crazy. I would have been your biggest fan, you worthless street rat.

Hobo: You and me are going on a car ride to hell.
Drake: You're gonna miss me.
Hobo: You're riding shotgun.
Abby: Nooooo!

画像

画像をもっと見る (96枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

グラインドハウス/エクスプレイテーションおすすめ

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Hobo with a Shotgun
別題: Бездомник с двуцевка
O Mendigo com uma Escopeta
O Vingador
Koldus puskával
Włóczęga ze strzelbą
Skitnica sa sačmarom
Бомж с дробовиком
邦題(カタカナ): 『ホーボー・ウィズ・ショットガン』
制作年: 2011年
制作国: カナダ
公開日: 2011年1月21日 (アメリカ) (Sundance Film Festival premiere)
2011年2月26日 (イギリス) (Frightfest)
2011年3月25日 (カナダ) (limited)
2011年5月6日 (アメリカ) (limited)
2011年7月15日 (イギリス) (limited)
2011年9月3日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2011年9月17日 (フランス) (Strasbourg European Fantastic Film Festival)
2011年10月5日 (フランス) (DVD)
2011年11月26日 (日本) (Tokyo)
2012年3月9日 (スペイン) (Madrid 9º Syfy Festival)
2012年3月22日 (ロシア)
2012年10月4日 (ドイツ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Hobo with a Shotgun
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News