2015/2/10 (Tue) at 11:12 pm

映画|マーメイド NYMPH|Killer Mermaid

スーパーモデル美女人魚が出てきてびっくりする、セルビアのホラー映画。この記事にはミラン・トドロヴィッチ監督のインタビューがあります。クリスティーナ・クリーブフランコ・ネロナタリー・バーン。2014年。

マーメイド NYMPH / Killer Mermaid DVDDVD画像

Attention!

This is my review of KILLER MERMAID directed by Milan Todorovic. It's Japanese written but wait! you can find English part at the bottom, which is our interview with the director. It's interesting to read. So please scroll down and check it.

ここはモンテネグロのきれいな海。

アメリカ人のカワイコちゃんコンビ(クリスティーナ・クリーブ + ナタリー・バーン)が、バカンスにやってきましたよ。

ふたりを出迎えるのは、大学時代の同級生、ハゲの金持ちイケメン男(Slobodan Stefanovic)と、その美人婚約者(Sofija Rajovic)。少し遅れて、もうひとり別の男が出てくる。こちらは地元のアンちゃん(ドラガン・ミカノヴィッチ)。

5名はおきらくにバカンス遊びをやりつつ、誰と誰が昔つきあってたもんで婚約者の女がキーッと怒るとか、誰と誰が酔っぱらってbangしてしまうとか、色々とホームドラマがあるんだが、そこらへんはそう大したもんではないので、私らはきれいなネーチャンの水着姿を見て、ポケーと喜んでいればいいのである。

クリスティーナ・クリーブ演じる女には水トラウマがあって、子供時代に弟が溺れ死んだのを助けてられなかった、ゆえに彼女は水を恐れている、という打ち明け話があるが、これも大したもんではないので、私らは「ふーん」とハナクソをほじっていればいいのである。

んで、この海には小さな島があって、そこには19世紀に建造された砦の廃墟が、2度の大戦を経て、いまも残っている。地元のひとが「危ないから近づいちゃだめ」なんていう場所にノコノコいくわけですよ。そこにバケモノがいるんですよ。人魚ですよ。人魚。

きれいなきれいなスーパーモデル人魚(Zorana Kostic Obradovic)がいて、魔法の歌をうたって、男を幻惑させる、フラフラーと近づいていくとガオー!ウギャー!たいへんだたいへんだ!

注目のフランコ・ネロは、怪しいオッサンとして登場し、メルヴィルの『白鯨』の台詞をブツブツいう。このひとはわるもんなんだな。と思ったら、そうではなくて、どうやら行方不明の娘さんを探しているらしいです。彼は序盤でチョロッと出てきて、その後はながらくご無沙汰なので、「カメオみたいなもんすか」と思っていたら、最後に彼の見せ場がドドーンとあります。さすがの存在感。

Niko: True places never are.

トレイラー動画

Killer Mermaid (2014) trailer

感想

きれいなネーチャンとバケモノ人魚が出てくれば幸せ。というひと向け。

「カワイコちゃんコンビ」と書いたが、クリスティーナ・クリーブはあいかわらず個性的な顔をしている。愛嬌あるブス顔ていうのかね。余談だが、彼女は『Proxy (2013)』ていうのにも出ていて、こちらもおすすめです。おそろしくゲスい話です。日本版出たのかね。あと彼女は『Bela Kiss: Prologue (2013)』にも出ていた。こちらは気合いの入った絶叫アクションを見れます。

ミラン・トドロヴィッチ監督は『ゾーン・オブ・ザ・デッド (2009)』以来、私に色々とよくしてくれます。今回は彼にインタビューをすることができました。この記事の一番下にあります。私の感想はその中で触れているので、詳しくはそっちを読んでくださいと思うが、簡単にいうと、これは一般的な低予算ホラーですが、人魚ってのは珍しいし、VFXもがんばっているので、そこそこ楽しめる内容になっています。

邦題『マーメイド NYMPH』

この映画は邦題『マーメイド NYMPH』にて、2015年3月4日に国内版がリリース予定だそうです↓

US版DVDは発売中

メイキングより↓

ミラン・トドロヴィッチ 監督
"This movie is actually from fans to fans."
ミラン・トドロヴィッチ / Milan Todorovic

クリスティーナ・クリーブ
彼女はこの映画のプロデューサーでもある
クリスティーナ・クリーブ / Kristina Klebe

スーパーモデル人魚を演じたのはこんな人
Zorana Kostic Obradovic
Zorana Kostic Obradovic

US版DVDには以下のオマケが入っています↓

  • Behind the Scenes Featurette
  • Making of the Killer Mermaid
  • Bonus Crowdfunding Promo
  • Killer Mermaid Trailer
  • Additional Trailers from Epic Pictures

メイキングでは監督とキャストのみなさんが出てくる。人魚を演じたきれいなひとは台詞がひとつもないから、彼女はセルビア人で英語が苦手なのだなと思っていたが、メイキングでは英語をベラベラしゃべってた。あっち風のアクセントがこれまた魅力。美人はなにをやっても絵になるのである。

Memorable Quotes

There is, one knows not what sweet mystery about this sea, whose gently awful stirring seems to speak of some hidden soul beneath...

Niko: From hell's heart, I stabbed thee. For hate's sake, I speak my last breath at thee.

Niko: You know, the sirens still have more fatal weapons than their song. Namely, their silience. And though admittedly, such a thing never happens, it is considerable that someone might possibly have escaped from their singing. But from the silence, certainly never.

Niko: Starting with you!

ミラン・トドロヴィッチ監督にインタビューをしましたよ

ミラン・トドロヴィッチとフランコ・ネロ

Here's our interview with the director Milan Todorovic who reveals how he created KILLER MERMAID for you. And his message for Japanese fans. Hope you enjoy. Here we go!

以下、ミラン・トドロヴィッチ監督のインタビューは、英語/日本語併記でお伝えします。

Hiro: The location, the fortress island, was perfect, isn't it? I believe the beautiful landscape scene was not CG. I've checked Wikipedia and learned Mamula acutally exists in Montenegro. You are from Serbia. I guess you are familiar with the place. Were there any difficulties to get there? Presumably, you are gonna need a lot of paper work or occasionaly, you even need to bribe someone to get the permission to shoot the movie in this place. Any fun story to share with fans about that?

ロケーションが完璧でしたね。あのMAMULAていう島は本当にあるんですよね。だからCGじゃないんですよね。ああいう場所の撮影許可を得るのは大変なのではありませんか。山ほど書類を出せといわれたり、誰かに賄賂を払ったりしたんですか。

Milan Todorovic: I always loved this island. Since Montegero and Serbia were the same country until recently, I was in that area every summer vacation. The island Mamula was always so mysterious and beautiful. It is at the entrance of an amazing bay - Boka Kotorska. It’s the most beautiful part of Montenegro.

Every time I go to summer vacation and I see the island I was imagining some movie stories that could take place there. I even started writing one action thriller once, but I dropped the idea at some point. The story was not integrated with the place well enough.

So when a friend of mine said that he has an idea about a mermaid that lives beneath the island, I just had a picture of that film in my head instantly and I knew that would be the movie I want to make. My producing partner, Marko Jocic, has a summer house in that small town Rose, which is very near Mamula island, so he also loved the idea and he knew how to pull it off production vise.

The main difficulty was actualy how to get there with the crew and equipment. Although it is close to Rose, there is no proper pier at the island, so it was very complicated to get on and off the island. No electricity there, no toilets... When wind blows and waves are high you just cannot leave the island. One night we had to stay there in complete dark for a few hours, just waiting for the possibility to leave the island.

The City of Herceg Novi, which is in charge of the island, gave us permission with no problem, because they felt it will be a good worldwide promotion of their natural beauties and promotion of the tourism. Although it’s a horror movie, you know it’s a fantasy tale, and the landscape is real.

I am so sorry to hear that the City will sell the island to a hotel chain. They will make a fancy hotel there. And the place of such a long history and beauty, that was also a memorial ground as it was a concentration camp, will be closed for ordinary people and it will be resort for rich.

あの島は最高です。モンテネグロとセルビアは以前は同じ国だったので、夏にはよく海水浴に行きました。MAMULAは神秘的で美しい。Boka Kotorskaの入り江は、モンテネグロのいちばん美しい場所です。

僕はこの島に行く度、ここで映画をつくりたいといつも考えていました。以前、ここを舞台にスリラー映画をつくろうとしたことがあります。でもそれはボツになりました。物語がこの場所にうまく合わなかったから。

だから、友達から人魚の映画をつくらないかといわれたときには、すぐにこの島を使おうと思いつきました。プロデューサーのMarko Jocicは、MAMULAの近くのRoseという町に別荘を持っているから、彼もよく知っていて、映画の企画にノリノリになってくれました。

クルーと撮影機材を島に運ぶのがたいへんでした。Roseと島はとても近いけれど、あいにく島には波止場がないのです。だから上陸するのがたいへん。電気もないし、トイレもない。風が強くなったら島から出ていけなくなる。島に足止めされて、数時間を暗闇で過ごしたこともありました。

Herceg Novi市が島を管理していますが、彼らはすぐに撮影の許可を出してくれました。観光のよい宣伝になると思ったのでしょう。これはホラー映画だけど、ファンタジー物語でもあるから。この映画の島の風景は本物です。

ですが、この島は近々ホテルチェーンに売却されると聞いて、残念に思います。あの場所に高級ホテルができてしまうなんて。島には歴史があります。かつては強制収容所だった。それなのに、一般の人々は気軽に入れなくなり、お金持ちのリゾートになってしまうでしょう。

Hiro: Hmmm.. I was expecting such stories like, "They forced me to do a lot of paper work and even tried to make me to do blowjob twice! But thanks to Kristina! She punched his face and we could make our film!" But apparently something like this never happened. Sounds Serbian bureaucrat is very kind to filmmakers. It is good. BTW all actresses are super gorgeous. Kristina Klebe, Natalie Burn, Sofija Rajovic and the evil and beautiful mermaid, Zorana Kostic Obradovic whom I don't know at all, I believe she is so popular face among Serbia, she is so talented and her acting got the great atmosphere. Please tell us about them. How do you feel that you gather 4 top-notch beautiful girls in the beautiful island and shoot the film? I even can't imagine that.

そうですか。こんな話を期待したのですが →「ヤツラは僕に山ほど書類を出させたばかりでなく、僕に2度もフェラチオをさせようとしましたが、クリスティーナが顔面パンチで救ってくれました」なんていうかなと思いましたが、何事もなくてなによりでした。セルビアの官僚は映画製作者に優しいのですね。ところで、4人の女優さんはみんなきれいでした。クリスティーナ・クリーブナタリー・バーンSofija Rajovic、そして、人魚を演じたZorana Kostic Obradovicさん。私はこの方をぜんぜん知りませんけど、きっとセルビアでは有名なんでしょう。とても雰囲気がある。彼女たちのことをしゃべってください。あんなきれいな4人のセレブを、きれいな島に集めて、映画を撮るってのはいったいどんな気分なのでありますか。わたしゃ想像することもできません。

カワイコちゃん

クリスティーナ・クレーブ

Milan Todorovic: Although it looks like it was a dream shooting on a beautiful island with pretty women, it was actually a really really hard job to do. We had ONLY 16 days to shoot this film, it was the end of September, so water was cold and the weather was changing all the time. The storm at the end is actual storm. But having such a beautiful and dedicated actresses on the set made it much easier.

Kristina Klebe was lead actress in my first film - ZONE OF THE DEAD - and we stayed friends over the years and I always wanted to work with her again and again, as I think that, not only that she’s pretty, but she’s an excellent actress. So she was the first one that I called for this movie. We didn’t even had a script. I called her and said that I want to make a movie this summer about a mermaid, I showed her pictures of location and she said “Fantastic. Send me the script!” and I didn’t have it. But she said she’ll do it anyway. How often do you get to do a Serbian film with mermaids on such a nice location?

I met Natalie Burn just a few weeks before I come up with the project, we met in Cannes, and I went to her birthday party... I was without a gift, so I wrote a “contract” on a piece of paper that she will be in my next film. And she laughed. But a month later I called her said it is time that we activate the birthday gift!

Zorana Kostic Obradovic is one of the most popular and acclaimed top models in Serbia. She’s a fashion star. And she was the only one I wanted to be the mermaid. So we approached her and she thought it could be much fun - to be a first ever Serbian mermaid. And she was fantastic in her first film role, and even though she doesn’t have any lines, she gave such an impressive performance.

Sofija Rajovic was the only part of the cast that got the role on the audition. And I think we made a great choice. She was very charming in the role and have such a pretty face. She became a big TV star after the film, because she became a host of popular TV quiz show.

Also don’t forget the fifth beautiful girl - talented young actress Jelena Rakocevic, that played blonde at the beginning of the film.

きれいな島で美女たちを集めて映画を撮るなんて夢のようですが、実際はたいへんでした。撮影期間は16日だけ。9月の終わり頃でしたから、水は冷たいし、お天気はコロコロ変わるし。映画後半の嵐の場面は実際に嵐の中で撮影をしました。でも、女優さんたちはみんながんばってくれたから、うまくやれました。

クリスティーナ・クリーブとは、初監督作品『ゾーン・オブ・ザ・デッド (2009)』以来の交流で、僕たちはまたいっしょにやりたいと考え続けてきました。彼女は美人であるばかりでなく、女優としても最高です。この映画をやろうとして、一番最初に連絡したのが彼女です。電話して、アイデアを話して、ロケーションの写真を見せたら「すばらしい!はやく脚本を送って!」といわれて、「まだ書いてない」っていったら、「とにかくわたしはやる!セルビアで、こんなすばらしい場所で、人魚の映画を撮るなんて滅多にない話だ!」といってくれました。

ナタリー・バーンとは、この映画の企画が始まる数週間前にカンヌで出会いました。それは彼女の誕生日パーティだったんだけど、僕はプレゼントを持っていなかったので、「こんど映画を撮るときには、あなたをキャスティングします」って書いた『契約書』を紙切れに書いて彼女に渡したら、大笑いされました。でも、その1ヶ月後、さっそく電話して「1ヶ月遅れの誕生日プレゼントですよ」といいました。

Zorana Kostic Obradovicは、セルビアではとても有名なファッションモデルです。最初から人魚の役は彼女にお願いしようと思っていました。我々がお願いしたら、「おもしろそうだ」って引き受けてくれました。彼女はセルビア初の人魚を演じました。彼女には台詞がないけど、じつに印象的な演技で役をこなしてくれました。

Sofija Rajovicだけはオーディションを通じてキャスティングしました。彼女を選んでよかったと思う。美人だし魅力的だから。彼女はこの映画に出演した後、テレビ番組の司会に選ばれてノリノリです。

あと、映画の冒頭に出てきたJelena Rakocevicさんも忘れないでくださいよ。

フランコ・ネロ

Hiro: And Franco Nero! He was strong. Literally. He made the character bigger I think. The line from Moby Dick was really cool. His acting was like a magic. Please tell us about him.

フランコ・ネロはよかったです。モビーディックの台詞をぶつぶついったりして、彼の演技は魔法ぢみていて、彼のせいでキャラがひとまわり大きくなった気がする。フランコさんについてなんかしゃべってください。

Milan Todorovic: Franco Nero is one of my favorite actors. He is a living legend. One of the most prolific actors in the history of world cinema. He is a movie star, in a real sense of the word. And he was the perfect choice. I met him at Grossmann film festival in Slovenia, and I told him I have a role especially written for him (which was true). As soon as I started explaining the character and how would I direct it, he liked it. Because it was a character made with him in mind, and also with the most popular characters he has played in mind. So it was a Franco Nero character from the very beginning. He’s archetype of a hero. He’s name is Niko in the movie. Which means “Nobody!”

I must say that the entire cast was amazing, both Serbian and international cast, But Franco was the most impressive. He helped me a lot and gave a bunch of very good advices. He was very dedicated and I believe he made a really great role.

I am very happy with the story, and the connections we made with the myths, legends, with “Moby Dick” and with fallout of Yugoslavia. Also, having Franco Nero in the movie gave full speed to our imagination, so we have his character in the core of everything that happens in the movie. Franco doesn’t have much of a screen time in the movie, but when movie ends you have a feeling that he is the main character.

フランコ・ネロは大好きな俳優です。映画史に幾多の業績を残した伝説的な人物です。真の映画スターといえるでしょう。僕はスロベニアのグロスマン映画祭で彼と出会いました。そのとき「あなたのために脚本を書いた(これは本当!)」といいました。その場でどんな風にディレクションをしたいかを話したら、すぐに乗ってくれました。彼が過去の映画で演じた役柄を踏まえて、それを頭に思い描いて、キャラクターをつくりました。まさにフランコ・ネロキャラです。彼の役名はNikoですが、これはnobody(無名の誰か)という意味なんですよ。

セルビアからも国外からもキャストを集めましたが、これはたいへんうまくいったと思います。フランコはピカイチに光っていました。彼は僕に有益なアドバイスをくれて、献身的に役を演じてくれました。

この映画の物語を僕は気に入っています。おとぎ話/伝説/モビーディック/そしてユーゴスラビア解体といった関連要素が含まれています。フランコ・ネロが入ったことにより、躍動感が生まれました。彼が登場する時間は少ないけれど、その存在は物語の中心に常にある。そして、最後には、彼は主役級の活躍をします。

人魚

Hiro: I thought KILLER MERMAID got the biggest budget among your past films. The fighting scenes in climax toward the ending was really exciting. It looked way better than Syfy's TV movie. Oh, don't get me wrong. SHARKTOPUS is my hero. I mean.. in technical part, it looked so real. Someone once taught me that shooting in the water is one of the most difficult things to do so a lot of low-budget filmmakers reluctantly avoid it. I believe you used a lot of techniques to make what you want to make. And it was successfully done. Was it so hard to create these vfx scenes?

マーメイド NYMPH (2014)』はあなたの過去作品の中でいちばん予算が潤沢であるように思えました。クライマックスの格闘場面は、Syfyのテレビ映画よりもよかったです。いや、間違えないでほしいんですが、私は『シャークトパス (2010)』を大好きなんですよ。そういう意味じゃなくて、技術的にすごくリアルに見えたという意味です。以前、誰かに教わったんですが、水中撮影ってのは苦労が多いので、低予算ホラーの監督はあまり手を出したがらない、と聞いたことがあります。やっぱりそんなに大変なのでありますか。

Milan Todorovic: Well, you won’t believe it, but it was really a low budget film. The smaller budget! But we had so very dedicated crew and cast, and everybody gave their maximum and it looks really great and expensive. But you are right - shooting in the water is the most difficult thing in the world. You never know what can happen, and the smaller wave can move your shot....

When we started shooting the final sequence, it was beautiful night and calm sea. But it was so hard to make proper shots. But we were managing to do it somehow. Then, suddenly a strom started. Huge waves were hitting the set. Boat was all over the place. It was impossible. And dangerous. Somebody could die. But Franco Nero came to me and said, “This is perfect. It will look great on film, because you need huge studio to make effect like this, and you have it here naturally. It will add more dramatic feel.” So he jumped to the boat and started doing the scene. And huge waves were in the background and it looked amazing.

So there were no effects in these scenes. It was all natural. (except mermaid effects, but during shooting it was a girl in mermaid makeup that was swimming in the dark cold water)

信じられないかもしれないけど、これはたいへん低予算です。前よりも安いのですよ。この予算でつくれたのは、クルーとキャストのお陰です。みんなががんばってくれて、ずいぶん高級に見えるものができあがった。そうなんですよ。水中撮影は本当にたいへんです。なにが起きるかわからない。小さな波がぜんぶ台無しにしちゃう。

最後の場面を撮影したときのこと。そのときは海は穏やかで美しい夜でした。でも、なかなか思うように撮影できませんでした。でもなんとかやれた。と、そこで、急に嵐になった。波がざぶーんとセットにかかって、ボートはぐちゃぐちゃになった。びっくりした。誰かが死ぬかと思った。そしたら、フランコ・ネロがこういったのです。

「これはイイネー。こんな嵐をエフェクトでやろうとしたらたいへんだよ。でもそれがいまここにあるじゃないか。ダイナミックな絵を撮ろう」

彼はそういって、ボートに飛び乗って演技を始めた。大きな波がざぶんざぶんときて、すばらしい絵を撮ることができました。だからあの嵐はvfxじゃないんですよ。実際に嵐の中で撮影したのです。人魚のエフェクトはつくりものですが、実際に女優さんが冷たい水の中にいたんですよ。

そのときの様子を撮影した映像です。
なかなかすごいですよ。

Hiro: The mermaid's face changes into ugly monster when she's upset. It was fun. It was funny that I found a little similarity with Japanese folklore monster called KAPPA which is very common in my country. How did you come up with the monster design? It was scary!

人魚の顔がぐわーんとバケモノ顔になるのがおもしろかったです。あれはちょっと日本の河童に似ていると思いました。あのバケモノデザインはどうやって思いついたんですか。こわかったですよ。

Milan Todorovic: I am sorry to say but I didn’t know about Kappa before. Looks very interesting. As for the monster - we had many ideas how to portray the mermaid. We even had ideas where she could transform her tail to legs and walk.

But then we decided to have two phases of her look - one is beautiful enchanting woman, that can hypnotise you not only with her look, but also with the song she makes. And the other version is when she wants to eat you - she becomes the monster. The monster version cannot make the song, but she is deadly, like piranha. And I also wanted to make her a little more “realistic”, so I didn’t want her to have fish tail and human upper part of the body, I wanted her to be of the same skin - like a dolphin.

The mermaid was made half prosthetics make up, half was CGI. The tail was always CGI. It was very hard to make it, and both Zorana Kostic Obradovic, who played “pretty mermaid”, and Mina Sablic, who was body double for “monster mermaid”, did amazing job and made an impressive character out of it.

河童は知りませんでした。おもしろいですね。人魚の造形に関しては、いろんなアイデアを検討しました。二本足で歩く姿にトランスフォームするなんていう案もありました。

考えた末、人魚は二通りの外観を持つと決めました。ひとつは超美人で、歌をうたって男を誘惑する。もうひとつは怪物の外観で、歌を歌わない代わりに、ピラニアみたいに人間を襲う。あと、リアリスティックにしたいという希望から、魚の尾が下半身についているというよりも、イルカの肌のような質感が望ましいと考えました。

人魚には特殊メイクとCGIの両方の技術が使われています。尾の部分はぜんぶCGI。これをつくるのは本当にたいへんでした。人魚を演じたZorana Kostic Obradovicと、怪物に変化したときのボディダブルを演じたMina Sablicはよくがんばってくれました。

Hiro: I've heard that KILLER MERMAID was screened in Frightfest and other film festivals around the globe including Korean festival last year. How people reacted? How did you feel to stand in front of the audience at Frightfest which is the biggest festival every horror director dreams of.

マーメイド NYMPH (2014)』はFrightfestを始め、いろんな国で上映された(珍しく韓国でも)と聞いております。評判はどうだったですか。Frightfestで上映されるというのはすべてのホラー監督の夢であります。あそこの舞台に立って、ファンを目の前にして、どんなきもちだったですか。

Milan Todorovic: Yes. The movie had really nice festival life. Screened on more than 30 festivals worldwide, including some of the greatest festivals such as Frightfest, Sitges, Pifan and others.... Won several awards...

It was really exciting to show my film to different audiences and different cultures... It was never the same. Even on Frightfest. We had three screenings, and each screening had different reactions. But in general people really liked it, because it is an entertaining flick made for the audience.

It is funny - in Serbia it was screened at local festivals of domestic films. And audience here is used to comedies and dramas. So they were so scared watching killer mermaid attacking people. A lot of people were running outside of theaters. They were not expecting something with so much blood, and gore and with monster!

この映画はたくさんの映画祭で見てもらえました。世界各地で30回以上です。その中には、Frightfest、Sitges、Pifanといった有名な映画祭も含まれます。いくつかの賞を頂きました。

自分の映画を、様々な文化の国の、様々な観客に観てもらえるというのは楽しい体験です。観客の反応はいつも違います。Frightfestでは3度上映されましたが、それぞれ反応が違う。でも全般的に多くのみなさんに気に入ってもらえたようです。みんなに喜んでもらえるのがなによりです。これは娯楽映画ですから。

セルビア国内でも上映されましたが、おもしろかったことがあります。この国では映画といえばコメディやドラマが主流なのです。だから、観客はホラー映画に馴れていない。だから、こちらがびっくりするほどこわがってもらえました。映画館から逃げ出した人もいた。この国の観客は、怪物だの血塗れゴアなんかを見慣れていない人が多いです。

Hiro: Please tell us about your upcoming project. WRATH OF THE DEAD, the sequel of ZONE OF THE DEAD, is coming next? Any updates about that? Any other projects?

今後の予定を教えてください。『ゾーン・オブ・ザ・デッド (2009)』の続編の『WRATH OF THE DEAD』はぼちぼちきますか。何か他のプロジェクトもありますか。

Milan Todorovic: Well, I would love to say that WRATH OF THE DEAD is next, but, again, it is not. It is a big project and I want to do it properly, and it takes more time to raise enough money for it. But the script is ready, Ken Foree is ready... zombies are almost ready... so we are getting closer with that. We already made the prologue teaser scene. I hope we will be able to start by the end of the year.

In the meantime - we are shooting another film next month. I cannot reveal too much, but it will be a science fiction horror, with some space terror coming to rural part of Serbia. It is something like Lovecraft meets Event Horizon. I won’t be directing it, only producing. The director is Dejan Zecevic, famous Serbian director (The Enemy).

It is the concept my producing partner and I wish to continue every year with at least one film per year. Smaller movies but great potential.

As for my directorial next film - apart from WRATH OF THE DEAD, which I will co-direct with ZONE OF THE DEAD’s co-director Milan Konjevic - I am developing a few more projects. One of them is also NYMPH 2, for which Franco Nero himself wrote the storyline. Also, I have an idea for one more crime action film with Franco Nero. And there is one more project - a slasher movie with supermodels.

次はいよいよ『WRATH OF THE DEAD』がきますよ。といいたいけれど、これはまだ時間がかかりそうです。大企画だからきちっとやりたい。そのためにはお金と時間がもう少し必要です。脚本はできています。ケン・フォリーの出演も決まっている。ゾンビたちもだいたい準備できた。もう少し待っててくださいよ。いまプロローグ的なティーザーをつくったところです。今年の後半あたりから本格的に始めたいと思っています。

来月、別の映画の撮影が始まります。詳細はまだナイショですが、これはSFホラーで、セルビアの田舎に宇宙からなにかがやってくるという内容です。ラブクラフト・ミーツ・イベント・ホライゾンみたいなかんじ。僕はこれの制作をやっています。監督をやるのは、『The Enemy (2011)』をつくったセルビアのDejan Zecevicです。

この映画のように、小規模ながら潜在力のある作品を、少なくとも年に1本づつ制作していこうと思っています。

WRATH OF THE DEAD』以外に、いくつかの企画が進行中です。その中には、本作『マーメイド NYMPH (2014)』の続編PART2もあります。これはフランコ・ネロが物語を書きました。フランコといっしょに犯罪アクションものをつくるアイデアもあります。最後にもうひとつ。こちらはスーパーモデルが出てくるスラッシャー映画です。

Hiro: Japanese DVD of KILLER MERMAID will be out in March, 2015. Japanese fans are looking forward to seeing it. Could you please give your words to them?

日本では『マーメイド NYMPH (2014)』のDVDが2015年3月に出ます。みんなは楽しみにしているでしょう。日本のファンに向けてなんかしゃべってください。

Milan Todorovic: It is a film made from a film fan to film fans. Since I am a small town boy from Serbia, it was like a dream come true to me - I had beautiful girls, fantastic locations, sea monster and Franco Nero! Hope you’ll enjoy it as much as I did making it. It is a first ever Serbian creature feature and I hope it is not the last one! Thanks!

この映画は映画ファンが映画ファンに向けて作った映画です。僕はセルビアの小さな町出身です。そんな僕にとって、こんなことができるのは夢のようです。きれいな女優さん。すばらしいロケ地。海の怪物。そしてフランコ・ネロ。僕がこの映画を楽しんでつくったようなきもちで、この映画を楽しんでくれたらうれしいです。これはセルビア初のクリーチャー映画です。これから先もどんどんこのような映画がセルビアから生まれることを祈っています。ありがとう!

Thanks so much, Milan! You are awesome!

画像

画像をもっと見る (50枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Mamula
別題: Dark Sea
A Sereia Assassina
Nymph - Mysteriös. Verführerisch. Tödlich.
Killer Mermaids
Sirena ubojica
Nymph
Nimfa
Mamula
Мамула
邦題(カタカナ): 『マーメイド NYMPH』
制作年: 2014年
制作国: セルビア/モンテネグロ
公開日: 2014年3月8日 (セルビア) (Belgrade Film Festival)
2014年5月1日 (セルビア)
2014年6月25日 (セルビア) (Cinema City International Film Festival)
2014年8月26日 (アメリカ) (digital premiere)
2014年8月29日 (ドイツ) (Blu-ray and DVD premiere)
2014年9月9日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Mamula
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News