2011/6/22 (Wed) at 4:01 pm

怪談 牡丹燈籠 - 螢火の巻(日本怪談劇場)

1970年に製作オンエアされたテレビ東京の怪談ドラマ『日本怪談劇場』の第3話。戸浦六宏阿部寿美子長谷川待子名古屋章。監督 中川信夫

怪談 牡丹燈籠 - 螢火の巻(日本怪談劇場) DVDDVD画像

怪談 牡丹燈籠 - 鬼火の巻』の続き。

伴蔵(戸浦六宏)、おみね(阿部寿美子)の夫婦は、100両のカネと金無垢の観音如来像をまんまと手に入れ、潮来(いたこ。茨城県の地方都市)にやってきた。

100両を元手に商売を始めたら、大成功でウハウハ。いまや、伴蔵はいっぱしの旦那風情である。貧乏時代の面影はとうにありません。

いい気になって芸者遊びにうつつを抜かしていたところ、毒婦のお国(長谷川待子)と出会い、メロメロ夢中になる。

伴蔵がお国に入れあげるものだから、夫婦仲は悪くなる。伴蔵は、えーい、くそったれえ、とばかりに古女房のおみねをブッ殺す。代わりにお国をヨメに迎えて、おきらくにいこうと思ったら、そうは問屋が卸さない。悪事がバレて分け前よこせと脅されるわ、死んだおみねのオバケが出てくるわ、てんてこまいさせられる。

貧乏長屋時代の古友達の志丈(名古屋章)やら、お国の愛人イケメン男、いまはヒモ、の源次郎(大塚国夫)も出てきて、どいつもこいつもよくばり悪党揃いのみなさんは、金無垢のお宝、観音如来像を巡って足の引っぱり合い騙し合いの末に、まとめて自滅していく。

色恋と欲が渦巻く怪談話の後半エピソード。

感想

おもしろかったけど、ひとつ気に食わないのは、伴蔵にブッ殺されたおみねのオバケが出てくるトコです。おみねさんてのは近所のオバちゃんキャラなんですね。それがオバケになって出てきて「あたしをだましたなあああ」とかいうんだが、オバチャンのオバケなんて、ちょっとなあ。おせんべいをぽりぽりかじってるようなオバチャンなんですよ。

私、ああいうオバチャンは生命力が強そうだっていう固定観念があるので、それがオバケになって恨み言をいってるのを見ると、死んでるとは思えなくって、オバケらしく見えないの。やっぱりオバケはきれいなネーチャンのほうがいいとおもう。オバチャンはオバケにならないでほしいです。

その点以外はぜんぶオッケー。長谷川待子の毒婦っぷり。名古屋章のインチキ医者ぶり。ここらへんは安定感がありますな。加藤欣子が演じためくら乞食女もヨカッタ。

悪党の伴蔵を演じた戸浦六宏が源次郎を相手にタンカを切る場面は、なかなかのもんだったなあ。

伴蔵は源次郎に「カネはらえ」と脅されるんだが「悪事ならおれの方が一枚上手なんだよ、このやろうめ」てなことを、堂に入った節回しで、長台詞をずらずらーとしゃべるのです。独壇場でした。

戸浦六宏は時代劇で悪代官役をしょっちゅう演ってましたが、彼がこれほどの長台詞をしゃべってる場面なんて、なかなか見れないとおもいますよ。戸浦六宏なんて名前を知らなくても(『とうらろっこう』と読む)、この顔を見ればわかるひとが多いはず↓

おまえもわるよのぅ、のひと。戸浦六宏 とうらろっこう 画像

日本怪談劇場

日本怪談劇場』は、1970年、テレビ東京(当時は東京12チャンネル)にて制作オンエアされた怪談ドラマです。

全13話のエピソードリスト

DVDが出ています↓

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (33枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『中川信夫』関連の映画

ホラー映画も普通の映画も :: 日本』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題:
邦題(カタカナ): 『怪談 牡丹燈籠 〜螢火の巻〜(日本怪談劇場)』
制作年: 1970年
制作国: 日本

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News