2016/4/10 (Sun) at 6:12 pm

映画|What The F**k!

男前セレブ歌手が汚いデブ夫婦に拉致され、強制種つけsexさせられるお笑い映画は、『ムカデ人間 (2009)』でおなじみのトム・シックス監督の初期作品です。送料無料サインつきDVD発売中。2008年。

What The F**k! DVDDVD画像

ここはオランダ。

男前シンガーのドリーシュ・ルールヴィンクさん(Dries Roelvink)は、ヒットチャート記録更新中。甘い歌声で数多の女性ファンの心とマンコをとろけさせます。イエー!

そんなセレブ男がコンサートを終えて家に帰ろうと思ったら、駐車場で汚いデブ男にガツーンと襲われ、拉致される。わー。

彼が目を覚ましたら、そこは汚いトレイラーハウスで、汚いデブ男とデブ女がいた。いったいあなたたちはなんですか。

このひとたちは夫婦らしいです。ふたり揃ってドリーシュさんの大ファンらしい。ラジカセでジャンジャカ彼の音楽を流してうれしそう。

ドリーシュさんはテレビ局が仕込んだドッキリカメラかと思い「カメラはどこにあるんだい?」つってつってニヤニヤしていたが、やがて彼らの本心を知るや、そのあんまりな理由に顔がひきつるのであった。

拉致した理由はこうである。

デブ夫婦は子供ができないことに悩んでいた。できない理由は種なし亭主ゆえである(sexはできるんだが)。ふたりは子供がほしくてたまらない。デブ妻は今をときめくセレブ歌手のドリーシュさんの大ファンであるから、ここはいっちょう、彼の精子をもらおうではないか。それならデブ夫も異存なし。愛する妻のためにがんばるぞ。デブ夫はデブ妻の願いを叶えるため、彼をぶんなぐって、トランクに突っ込んで、家に連れてきたという次第である。

哀れなドリーシュさんは毎日デブ妻と強制sexさせられる。彼女が妊娠するまでは何年でもやりますよ。それまであなたはうちにいてください。おれらは本気なんだから。がんばってくれよ。

セレブ男は無事に種付けを終えて、家に帰ることができるんでしょうか。

ムカデ人間 (2009)』でおなじみのトム・シックス監督の初期作品が、英語字幕つきのDVDになって発売されました。いまならサインつきのDVDを買えます。送料無料です。

トレイラー動画

What The F**k!

Tom Sixのサイトで買えます!送料無料!

Sixさんのサイトから直接買えます。英語字幕つき。サインつき↓

私もこちらで買いましたが、なんと送料が無料なのです。Paypalでお金を払ったら2週間くらいで届きますから便利でいいですよ。ぜひぜひどうぞ。

感想

What The F**k!

トム・シックスさんは昔からへんな映画をつくっていたんだなーという彼の軌跡を感じます。基本的にいまとあまり変わらないですね。姿勢が。汚いデブとか、ウンコとか、彼はやっぱり好きなんだなーというのがしみじみとわかります。この映画は最後はちょっとイイ話に落としてくるので、そこがいまとちがうかな。この頃のほうがまともだったのかもしれないです。でもやっぱりウンコネタは変わらない!

私はトム・シックス監督をクリエイターとして尊敬しているんですが、彼の持ち味のひとつに『キャスティング』があります。ハイター博士を演じたディーター・ラーザー、マーティンを演じたローレンス・R・ハーヴィー、そしてカツローの北村昭博といった方々を初めて見たとき、みんなはびっくりしたよね。よくこんなヤツラを見つけてきたなあと思った。

そんな彼の非凡なキャスティング力が、本作『What The F**k! (2008)』においても発揮されており、デブ夫婦が本当におもしろい。彼らはセレブ歌手を襲って拉致してきたんだけど、基本的にファンなので、普通の誘拐とはちがって色々と優しいのです。いっしょにめしを食いながら、「頼むよー。子供がほしいんですよ」とかいう。でもいったん彼が逃げようとすると、オイコラつって怒られて引き戻されるんですが。

What The F**k! (2008)』はホラー映画というよりコメディ映画で、ゴアシーンなどはぜんぜんないですが、汚いトレイラーのセットは誠によくできており、ここらへんのこだわりも変わらないなという印象です。エクスプロイテーション風のフィルム傷効果が入っていますが、これは一昔前に流行った手法なので、最初は意外に思った。「独創性を重視するシックスさんにしては平凡なことをやるなー」って思ったけど、製作年が2008年であることを考えると、当時は斬新だったのかもしれない。

シックス監督の愛犬パグのナイジェルくんも登場しますよ。いまはもうパパになったんだよね。てかまだ生きてるのかね。だいぶ年を食ったはずだけど。彼のようすをイローナさんにお尋ねしたら「10歳になって年を食ったけどげんきですよ」つって、写真を送ってくれました。

Nigel

Nigel (2)

I really enjoyed "What The F**k!" and happy to hear Nigel is living happy! Thank you for sending me the photos, Ilona!

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV5,905
ホラーなブログの方はどうぞ

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News