2015/2/6 (Fri) at 5:43 pm

映画|サイレント・リトリート|Silent Retreat

カワイコちゃんが『無言の修行』瞑想センターにいったら洗脳センターだった!のホラー映画。ギャアアあァアアアアアアアア!Chelsea JenishSofia Banzhafロバート・ノーラン。監督トリシア・リー。2013年。カナダ。

サイレント・リトリート / Silent Retreat DVDDVD画像

どっかの山。

不良娘のジェイニーさん(Chelsea Jenish)は裁判所のお達しで、山の瞑想センターに送られた。

彼女は30日間の『無言の行』をやらされる。一切のコミュニケーション断絶。スマホだめ。パソコンだめ。音楽を聴くのもだめ。ひたすらに無言に徹し、己に没入しなさい。きみは生まれ変わるんだ。

という話だが、こういうのはヨガにありますね。「断食とセット」というのを聞いたことがあるが、この映画では断食はやらない。でもルール違反すると食わせてもらえないから厳しい。

山の瞑想センターはボーイスカウトの合宿所みたいな雰囲気。敷地内に小さなコテージが点在し、瞑想する者たちは各自の部屋を与えられる。朝起きて、めしを食って、一日中、座禅をやらされる。日が暮れると寝る。その繰り返し。誰ともしゃべっちゃいけない。他人との関わりを一切遮断するのがルール。

ここを管理しているのは、カウンセラーの先生男(ロバート・ノーラン)で、息子ふたりが仕事を手伝っている。瞑想する者たちはジェイニーさんを含めて5人のみ。似たような年頃/境遇の少女たちばかり。彼女たちは各自の事情で、落伍者扱いされて、ここに送り込まれてきた。

おしゃべり禁止とかスマホだめとかいうのは不便ではあるものの、要は「黙って座禅してろ」というだけの話で、とにかく30日間ぢっとしてりゃいいだけなんだから、矯正施設としては楽な部類に入るんではないか。と私などは思うが、なにしろ、箸が転げてもキャハハと笑いたがる年頃の娘さんには「黙ってろ」というのは堪え難い拷問みたいです。

ジェイニーさんも嫌々ながら従っていたのであるが、そのうちにあることに気づいた。ここでは少しでもルール違反をすると、ある小屋に連れていかれる。すると不思議なことに、さきほどまで反抗的だった娘がコロリと従順になってしまうのである。はて面妖な。

そうこうするうち、彼女に友達(Sofia Banzhaf)ができた。ふたりはカウンセラー先生の目を盗んでこっそり会話をする。「こんなところはいやだわ」「はやく出ていきたいわ」「もー」「いやー」とかいいつつ、あの不思議な部屋の話をした。あそこにはどんな秘密があるのだろう。どうしてみんなは人が変わってしまうのだろう。

やがて彼女たちは自分たちの記憶が途切れていることに気づく。なにかひどいことをされている、という強い確信があるものの、それがなんなのかわからない。摩訶不思議な洗脳プロセスをやられちゃってるみたいですね。

こんな薄気味悪い場所はもうごめんだわ。すぐに出ていかなくっちゃ。ふたりの娘は手に手を取って逃亡を企てるが、森の中からへんなものが出てきてびっくり仰天。えぇええええええええええええ。

このホラー映画はかなり意外ですね。最後に血塗れゴアあります。低予算にしてはがんばっているし、変わったことをやろうとする気概が感じられる。

The only way to escape the silence... is to SCREAM.

トレイラー動画

Silent Retreat (2013) trailer

感想

よかったところ↓

  • カワイコちゃんはカワイコちゃん
  • 演技うまい
  • 撮影も音楽もうまい
  • スゲーどきどきした
  • びっくりした
  • 独創的である

悪かったところ↓

  • 特にない
  • でも
  • 好き嫌いが分かれそう

虚を突かれた。「えぇぇええええええー」って思った。バカな子供の感想文みたいですません。

なにが起きるのか見当もつかないんだよね。瞑想センターは宗教かぶれじゃないから、『サクラメント 死の楽園 (2013)』なんかとはぜんぜん違う。この映画でも洗脳をやるが、宗教ネタではない。なにをどう洗脳するのかは、映画をご覧になってください。最後はこんな大絶叫で終わる↓

超気合いの入った絶叫です
無言の修行なんかしてる場合じゃないですね
映画|サイレント・リトリート|Silent Retreat (39) 画像

森になにかいるんですよ。最初のうちは「Grrrrrrr」とうなり声だけがする。オオカミがいるのかね。それが徐々に姿を現わす。つっても、ほんとにチョロッとしか見せてくれないんだが、最後の最後でズダーンとあらわになる。

あれはいったいなんだ。どうして××を後生大事に抱えているんだ。数々の疑問を残して映画は終わる。観客は完璧に置いてけぼりを食わされる。

でも、これもアリなんじゃないの。って思った。ああいうのが森にいたらおもしろいじゃん。森の中には得体のしれないものが潜んでいると、大人も子供も本気で信じていた、そんな時代を生きていた人々にこの映画を見せたら、ガチにおののいて心臓発作で死ぬかもしれない。

アクションシーンでは低予算ホラーらしくチョイ見せの焦らしワザが多用されるが、撮影が巧みだ。ゴア描写もいい。クライマックスはズダーンと盛りあがり、わけわからないなりにえらく迫力があった。生きるか死ぬかのドタンバ場面を目撃できる。

この映画の制作者は明らかに攻めている。ただ『なにを』攻めているのかが薄ぼんやりとしか見えない。そこを想像して遊ぶのがおもしろい。こういう調子の映画は観客を選ぶだろう。でも私は好きだ。下にネタバレを書きますけれど、未見の方は読まないほうがいいですよ。

Silent Retreat (2013)』はただいまiTunesUSで公開中。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (39枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Silent Retreat
制作年: 2013年
制作国: カナダ
公開日: 2013年10月20日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2014年5月28日 (スペイン) (Nocturna Madrid International Fantastic Film Festival)
2014年6月13日 (カナダ) (limited)
2014年9月2日 (カナダ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Silent Retreat
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News