2014/5/27 (Tue) at 10:53 pm

映画|オール・チアリーダーズ・ダイ|All Cheerleaders Die

事故死したチアリーダー軍団が、死の底から蘇って悪い男をお仕置き!お笑いお色気血塗れウギャーな学園ホラー映画!ケイトリン・ステイシーSianoa Smit-McPheeブルック・バトラー。監督ラッキー・マッキークリス・シヴァートソン。2013年。

オール・チアリーダーズ・ダイ / All Cheerleaders Die DVDDVD画像

ここはBlackfoot Highていう高校。

お色気ビッチの、アーパー娘の、チアリーダーの、アレクシス(フェリシャ・クーパー)てのが出てきて、友達にカメラを持たせて、えらそうにべらべらしゃべる。自分がいちばんだとか、フットボールのキャプテンとつきあってるとか。

この自己陶酔型の尊大ビッチが主人公なのだな。と思ったら、彼女は序盤でサクッと死亡。びっくり。

この女が死んだので、チアリーダーの枠に空きができた。そこに新しく入ってきたのが、死んだアレクシスの親友娘のマディさん(ケイトリン・ステイシー)ていうんだが、こちらは対照的な地味女で、およそチアリーダーには似つかわしくない娘なので、みんなは驚いたんだが、もっと驚くことに、マディさんはこれまでのキャラを捨てて、ばっちりメイクのイケイケ風に生まれ変わっていた。

映画の主人公はこのマディさんである。彼女はチアリーダーの一員となり、やがて一番のチアリーダー(ブルック・バトラー)と親友同士になる。でも、じつは隠された目的があった。それは復讐。

アレクシスは練習中の事故で死んだのだから、誰が悪いってこともないのだから、復讐なんてへんだと思われるが、過去積年に渡る因縁であるとか、アレクシスの死に嘆き悲しんでいたくせに、その恋人だった色男とチャッカリつきあいだしたのが気に食わないとか、めんどくさい理由が色々とあるのである。

(映画の最後に彼女の真の復讐の理由が明かされて、あー、そうだったんですか、となるんだが、それがわかっても回りくどいことをやるもんだと思った)

マディさんはチアリーダー友達に嘘を吹き込み、フットボール男(トム・ウィリアムソン)との仲を悪くさせる。ウィルスみたいな女ですね。彼女の陰湿極まる撹乱作戦は大当たり。色男はカワイコちゃんに顔面パンチ。夜道のカーチェイス。女たちが乗る車は池にドボン。女たちは全死亡。All Cheerleaders Die! All Bitches Die!

やることがいちいち派手。小さな浮気話の嘘が発端でこんなことになるなんて、熱いマインドの高校生たちですねえ。もっとやれやれ。

ここで登場するのが、ゴスゴス女の、変人キャラの、リーナさん(Sianoa Smit-McPhee)。彼女はずっと前からマディさんのことが好きだったんだが、まったく相手にされず、遠くから見ていた。したら大騒ぎになって、マディさんも他の女たちも死んでしまった。

アワを食ったゴス女は大急ぎで死体を回収し、へんなおまじないをやったら、あら不思議、石ころがぼわーんと光って、4名の女たちは生き返ってしまいましたよ。このゴス女は魔女だったのです。うわー。

生き返った女たちは何食わぬ顔で学校にいく。ところが、こいつらは定期的に男の精気を吸引しないと生きていけない魔女ビッチ的怪物になっていた。そこらへんのアンちゃんをガオーと襲うと、びよーんとげんきになる。さらに、姉妹が入れ替わってしまったというハプニングのオマケつきだから、ややこしい。誰が誰だかわからない!でもおもしろい!

ジェニファーズ・ボディ (2009)』に似たかんじのお色気お笑い学園スラッシャーはなかなかのもんです。カワイコちゃん!お色気!血塗れ!ウギャー!

Blackfoot Bloodhouds, bitches!

トレイラー動画

All Cheerleaders Die (2013) trailer

感想

と書いたら、ラッキー・マッキーさんが返事をくれました↓

うれしい!

All Cheerleaders Die』というタイトルといい、ジャケといい、物語といい、低予算ホラー映画で毎月量産されるいつものヤツ。モロにそんな雰囲気だが、なにしろ監督がラッキー・マッキー + クリス・シヴァートソンというから「なにかちがうの?」と思うよね。食いついてみたら、確かにちがっていましたよ。

監督コンビの名前からして、ケッチャム風の猟奇ホラー映画を期待する人がいるかもしれないが、この映画はぐっと趣が変わって、楽しいお笑いポップコーン映画です。ギャーギャーわめくネーチャンがぜんぶおもしろかった。

中でも楽しいのは魔女のリーナさん↓

彼女はずっとマディさんに片想いだったが、ぜんぜん相手にされず、飼い猫をマデリンと名づけて寂しさを紛らわせていた。ある日、猫が急に病気になった。そしたら、「マディに災厄が起きる前兆だ」と信じるのです。すごい発想だ。んで、「わたしが守ってあげなくちゃ」つって、ストーカーのようにつきまとい、魔女グッズを携えて、遠くから粘着視線でジロジロする。変な女。彼女は家でヤギを飼っているんですよ。ムーミン谷に住んでいる人みたいだと思った。

いったいどういう条件が整えば、現代アメリカでこんな思考回路の娘が育つんですかね。彼女の家庭を覗いてみたかったが、両親などは登場しない。家族はネコとヤギだけなのかな。

あと、ハンナちゃんていう娘もおもしろかった。チアリーダーの一員なんだが、ミニスカコスじゃなくてマスコットの着ぐるみ担当で、いぢくられキャラだが、普通にかわいいじゃんね。ああいうのって日本じゃ立派なカワイコちゃんだけど、アメリカじゃ発育不全のできそこない扱いされるよね。

ゴアゴアは適度に。撮影が凝っていて、どきどきする。特に最後のあたりの、ネーチャンがワナに落ちるところは、相当に複雑な撮り方をしているように見える。

ナイスなquotesがたくさんあったが、私的にはコレがベスト↓

Friggin' goat milk!

思い出しても笑えてくる。はははははははははは。

この映画は最後にびっくりするもんが出てきてクリフハンガーで終了。PART1と出る。PART2がいつか製作されるらしい。これについてチョロッと訊いてみたらこんなお答えでした↓

追記。

後から知ったんだけど、この映画は同監督コンビが2001年につくった同名映画『All Cheerleaders Die』のリメイクだそうです。私、そっちは見てない。おもしろいらしいですが。

追記以上。

私は『All Cheerleaders Die (2013)』をiTunesUSで見ましたが、Blu-Ray/DVDは7月にリリース予定です↓

画像

画像をもっと見る (40枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: All Cheerleaders Die
別題: Todas las cheerleaders muertas
Все болельщицы умрут
邦題(カタカナ): 『オール・チアリーダーズ・ダイ』
制作年: 2013年
制作国: アメリカ
公開日: 2013年9月5日 (カナダ) (Toronto International Film Festival premiere)
2013年10月12日 (イギリス) (London Film Festival)
2013年10月23日 (フランス) (Samain du Cinema Fantastique)
2013年10月31日 (アメリカ) (Austin Film Festival)
2013年10月31日 (アメリカ) (Lincoln Center Scary Movies)
2013年11月21日 (フランス) (Paris International Fantastic Film Festival)
2014年3月26日 (アメリカ) (Boston Underground Film Festival)
2014年3月28日 (アメリカ) (Cleveland International Film Festival)
2014年4月5日 (アメリカ) (RiverRun International Film Festival)
2014年5月8日 (アメリカ) (internet)
2014年6月13日 (カナダ) (Toronto)
2014年6月13日 (アメリカ) (limited)
2014年7月22日 (カナダ) (DVD)
2014年8月27日 (ドイツ) (Fantasy Filmfest)
2014年10月27日 (イギリス) (DVD)
2014年12月4日 (ドイツ) (Blu-ray and DVD premiere)
2015年1月24日 (日本)
2015年2月11日 (スペイン) (Blu-ray & DVD premiere)
2015年8月19日 (フランス)
imdb.com: imdb.com :: All Cheerleaders Die
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News