2014/2/26 (Wed) at 3:27 pm

映画|ヒステリカル・サイコ|Hysterical Psycho

月の瘴気に当たった狂人がみんなをブッ殺すお笑いホラー映画。おすすめ。ノア・ビーンレノン・パルハムケリー・ハッチンソン。監督ダン・フォグラー。2009年。

ヒステリカル・サイコ / Hysterical Psycho DVDDVD画像

ここはムーンレイクていう湖。

古来より月の光は人間を狂わせるといわれるが、この映画はそんなおとぎ話を裏づけるお話です。狂人が山で暴れ回る!まさにルナティック!

映画の冒頭に楽しいアニメがあり、デブ紳士が出てきて、宇宙の秘話が明かされます。声を演じているのは、監督のダン・フォグラー。誰も知らない、NASAさえ知らない、お月様の怨霊物語を教えてもらえる。こんなの↓

月は地球の息子だった。月はずっと母なる地球を守ってきた。隕石なんかが飛んでくると、月が身代わりになってボカスカと体当たりをする。それであんなにデコボコになっちゃったんですね。

月はだんだん地球が憎らしくなってきた。自分はこんなにヒデー目に遭っているというのに、母である地球は宇宙一番の美しさで存在し続け、豊穣な生命を育んでいる。どうして母はこんな宇宙におれを産み落としたのだ。月が地球に抱く憎悪と妬みはずんずん高まり、その怒りの矛先は地球ばかりでなく、地球のすべての生き物たちに向けられた。

あるとき、大きな隕石が月にドッカーンと当たって、月の一部がブッ飛んで、地球に落ちた。それで出来上がったのがムーンレイクである。その地下には、子々孫々、累々たる怨念の死骸が埋まっている。恐竜の死骸。マンモスの死骸。インディアンの死骸。人間の死骸。そのすべての骨には、宇宙の歴史に遡る、お月様の恨みが込められている。ムーンレイクは狂気の磁場。人間を狂わせる瘴気を静かに発し続けている。

そして、現在。

月の秘密なんか知らない8人の男女、Studio 13ていう映画会社の関係者のみなさんが山遊びにやってくる。彼らは思いもよらないこわい目に遭わされ、ヒーヒーわめいて、あわてふためくのであります。

Meet Mr. Laughy!

おもしろい登場人物のみなさん

登場人物のみなさんを紹介します。この中の誰かが、お月様の瘴気に当てられ、ぐわーんと狂ってしまうのですよ。まさに現代のレンフィールド!ケタケタ!大暴れ!

悪夢に怯える美人妻のアリーさん

彼女は旅行に来る前から悪夢を何度も見ていたそうな。ムーンレイクが発する妖気は様々なかたちで、人間に影響を及ぼすそうで、彼女の悪夢もそのせいらしい。ところで彼女は夫クリスの弟チャックと浮気をしています。

チャリッサ・チャモロ
チャリッサ・チャモロ / Charissa Chamorro 画像

妻を愛するクリスさん

アリーさんの夫だが、夫婦仲はよろしくない。彼はアリーさんと仲直りをするために今回の旅行を企画したらしい。

トーマス・マイケル・サリヴァン
トーマス・マイケル・サリヴァン / Thomas Michael Sullivan 画像

こわがりマザコン男のレニーさん

「ママに電話しなくちゃ」が口癖。ギターを弾いて愛の歌をうたってみんなにバカにされる。

ランディ・バルー
ランディ・バルー / Randy Baruh 画像

アーパーおきらく巨乳娘のサラさん

こわがり男のレニーは変人だが、なぜかカワイコちゃん女優のサラさんは彼に惚れている。「ちょっとようすのおかしいところがすき」だそうな。レニーは果報者!

ゲロ吐き体質のジョーさん

みためはパンク娘だが、けっこうこわがり。こわい目に遭うとすぐにゲロを吐いてしまいます。

サラ・サルツバーグ
サラ・サルツバーグ / Sarah Saltzberg 画像

頭粉砕スティーヴさん

冒頭で『fool(大馬鹿)』と紹介されるが、映画が終わってみれば、この男がいちばんまともだったような気がしますねえ。

アリエル・シャフィル
アリエル・シャフィル / Ariel Shafir 画像

モテモテ優男のチャックさん

クリスの弟でアリーの浮気相手は、婚約者のカワイコちゃんもいて、女には不自由しません。いつでもズンドコ!

ノア・ビーン
ノア・ビーン / Noah Bean 画像

幸せ娘のシンディさん

恋人チャックの浮気にまったく気づいてない、おきらく幸せ娘はギャーギャー演技がいいネー。

ケリー・ハッチンソン
ケリー・ハッチンソン / Kelly Hutchinson 画像

ウディさんと名無しの唖ツンボ妹

ムーンレイクで産まれた兄妹は、先祖代々ムーンレイクの管理人をやっている。ムーンレイクの生き字引的存在。唖ツンボの妹は兄が殺されるや、怒り爆発ドッカーン。どっちが狂っているのかわからない。最後は憎い敵を風船でこわがらせます。あの風船シーンは語り継がれる名場面といえるだろう。

ジェレミー・シルヴァー
ジェレミー・シルヴァー / Jeremy Silver 画像

レノン・パルハム
レノン・パルハム / Lennon Parham 画像

死体のアウント・スー

出てきたときから死体。このオバちゃんがみんなをムーンレイクに呼び寄せたんだが、そこにはウラがあったと映画の最後で明かされる。

元マフィアの殺し屋ジョーイさん

殺し屋だった男はあるとき殺人仕事が嫌になり、ムーンレイクに棲みついた。この付近には彼が殺した者たちの死体がたくさん埋められており、彼はその亡霊たちをいつも見ている。彼自身オバケのような存在に思えるが、いちおう生きているみたいだ。

Nicholas De Cegli
Nicholas De Cegli 画像

オバケのみなさん

殺し屋に殺された者やら、ムーンレイクに迷い込んで死んだ者やら、たくさんの怨霊がそこらへんを歩き回っています。

セラピスト

映画の冒頭で、ミスター・ラーフィ(Mr. Laughy)なる謎人物にズダーンとブッ殺される。この映画の出来事は、ミスター・ラーフィが2年前に体験した過去物語なのである。

ダン・フォグラー
ダン・フォグラー / Dan Fogler 画像

シンディのパパとママ

映画の最初の方でチラと登場する夫婦は、ダン・フォグラーのパパとママ(Shari and Richard Fogler)なんですよ。

トレイラー動画

Hysterical Psycho (2009) trailer

感想

これはアタリ。

映画を見た直後に「おもしろーい」とtweetしたら、ダン・フォグラーさんが返事をくれました。うれしい!

当ブログ、自信を以ておすすめします。コメディアン、ダン・フォグラーの監督デビューということで期待してましたが、まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。私、最初から最後までヒヒヒと笑いっぱなしでした。いまでも思い出すと笑えてきます。上にリンクしたトレイラーではモノクロで編集されていますが、映画はカラーです。

お笑い/ゴアゴア/すべてにおいてドンピシャリ。この映画は編集と音楽に特徴があり、よくできたPVのように飽きないつくりですが、楽しいノリが最後まで持続しているというのは稀有だと思いますよ。フォグラーさんはえらい!惚れた!最後の最後の最後まで楽しさが詰まっているよ。エンドロールの後もちゃんと見てください。

ヘルベンダーズ』は最近日本でもリリースされて好評です。未見の方はぜひ。余談ですが、この映画でJ・T・ペティ監督のファンになった方は『S&Man (Sandman) (2006)』もおすすめです。こちらは日本版は出てませんが。

私は『Hysterical Psycho (2009)』をiTunesUSで見ましたが、US版DVDも同時発売中↓

ちょっとlunaticネタ

ちょっと余談。この映画を見ていたら思い出したので、lunaticつながりで紹介します。トラヴィス・ベッツさんの以下のビデオはとてもおもしろいんですよ。愛を探し求める狂人が女の肉を食って幸せになる。という狂人話です。私、これが好きで好きで、なんべん見たかわからない!

A Piece of You by Traviz Betz

Memorable Quotes

Narrator: Your attention, please. The majority of this film was meant to be seen in black and white, but since the potproduction house screwed it up, it shall forever be known as the red-headed stepchild version.

Narrator: The moon. What does NASA does not know about the moon could kill the average person, literally. Oh, my goodness. Guten tagen. Welcome to another edition of "The Moon Lake Series." I am the proverbial man in the moon, living inside, growing obese from its delectable cheeses. Hello. However, I am merely a servant to a far more sinister power, the moon itself. In the beginning, there was earth, and she was beautiful, a young single mother in a vast, harsh, dark universe. Her only companion was her doting bastard son, the moon. They were inseparable. However, there were certain harsh realities that would test their eternal bond forever. The moon became his mother's unwilling servant, a protector against the forces of nature which rained down on his then rather smooth complexion. The moon became battered and callous and slowly began to resent mother earth for even bringing him into this cruel universe. The moon turned cold, distant, and jealous. And turned its hate toward the new, more precious beings living close to his mother's bosom and at the earth itself. And the moon seethed. The moon once again was finding himself the shield against a massive, deadly meteor shower which thereatened his very existence. Whole cunks of the lunar surface were ripped away and sent hurtling toward earth, creating what is now known as the moon lake crater. Today, the lake bed is still the highest source of lunar radiation of the planet. A dinosaur burial ground sits beneath an elephant graveyard which resides just below a native American burial ground which rests just below an old nursing-home cemetary. They say the place is a natural magnet for pure evil, a virtual time capsule of death. Now the moon must bide his time to exact his revenge on his mother and mankind. Unfortunately for you, that time is now!

Narrator: Well, all the stories of old you've heard about the Dyonysian witches worshipping the moon and drinking human blood like wine and rampaging on their enemies with super-human strength are all true. And the werewolf stuff? Yep, that, too. Except for the Loch ness monster. Now, that's a bunch of bullshit. And Leprechauns don't you gold. They give you herpes. Until next time, good night, everybody!

Lenny: That wasn't funny! AHHH! That wasn't funny!

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (72枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Hysterical Psycho
制作年: 2009年
制作国: アメリカ
公開日: 2009年4月24日 (アメリカ) (Tribeca Film Festival)
2009年5月13日 (アメリカ) (New York City, New York)
2009年9月26日 (アメリカ) (Friars Club Comedy Film Festival)
imdb.com: imdb.com :: Hysterical Psycho
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News