2014/2/28 (Fri) at 1:30 pm

映画|デッド・バット・ドリーミング|Dead But Dreaming

ちょっと変わったボリビアのヴァンパイア映画。Veronica PaintouxAmy HeskethMila Joya。監督Jac Avila。2013年。

デッド・バット・ドリーミング / Dead But Dreaming DVDDVD画像

ここはアンデス山脈。

険しい山道を馬に乗ってひとり旅をする謎のカワイコちゃんが登場。モイナさんという。彼女は大事な使命を帯びて隠密旅行中らしい。これを演じるAmy Heskethは、この映画のプロデューサーでもある。

そして、彼女をこっそり追い続けるマント女(Veronica Paintoux)がいて、こちらはヴァンパイア。いったいどんなわけがあるのでしょう。

モイナさんはやがて町にたどり着く。その町では、最近タテ続けに残虐な殺人事件が起きていた。夜になると女ヴァンパイア(Mila Joya)が出てきて、若い男を誘惑。ガオーと襲っている。というのが真相なんだが、それが妖怪魔物の仕業であるとは誰も知らない。殺人ヴァンパイアとモイナさんを尾けているヴァンパイアは別人です。

ある晩、モイナさんは路地でヴァンパイアの殺人を目撃したが、運悪く、そこにおまわりさんが出てきて「わるいやつめ」とあらぬ疑いをかけられ、そのまま連れて行かれて、牢屋に放り込まれてしまう。

満足な取り調べをやってもらえず、殺人犯と決めつけられ、兵士たちにボカスカと連続レイプされ、身も心もズタボロですわ。こんなのひどいですわ。と泣き崩れるが、彼女を助ける者は誰も現れず、広場で人々が見守る中、素っ裸にされてムチをばんばん。いたーい。きゃー。地獄の痛苦を与えられたのち、ズダーンと公開処刑されてしまう。あー。かわいそう。

というようすを涙ぐんで見守るふたりの人物がいた。ひとりは地元の神父様(Jorge Ortiz)。もうひとりは修道院で育った若い女(Claudia Moscoso)。ふたりは彼女が無実であることを知っているが、助けてあげられない。勇気ある女性の死を見守り、せめてそのなきがらを厚く弔うことしか、彼らができることはないのである。

ところが、処刑が終わり、モイナさんの死体を引き取ろうとしたらば、彼女を尾けていたマントのヴァンパイア女が横からヒョイと出てきて、不思議なおまじないをかけ、ふたりを家に帰してしまう。そして、モイナさんをヴァンパイアとして復活させる。彼女がやっていることは、ラザロを復活させたイエス様みたいである。ヴァンパイアなんだが。

というお話が進行する中、別のサブストーリーがある。こちらは殺人犯のわるもんヴァンパイア女。彼女にとっては、誰が死刑になろうが知ったこっちゃないので、相変わらずのんきにやっていたんだが、そこに、長年ご無沙汰だったご主人様ヴァンパイア(Jac Avila)が戻ってくる。

この大物ヴァンパイアとモイナさんを助けた女ヴァンパイアの間の遺恨、数百年に遡る彼らの秘密がフラッシュバックで明かされるってわけです。

トレイラー動画

Dead But Dreaming (2013) trailer

感想

よかったところ↓

  • ネーチャンのレベル高い
  • 美女だらけ
  • 脱ぎっぷりもよし
  • ゴアゴアもよし
  • ボリビアのヴァンパイア映画という珍奇さは一見の価値がある

わるかったところ↓

  • しばしばお話がわかりにくい
  • 演出が単調で退屈
  • エンディングもあまり盛りあがらない

ボリビア映画ってのを初めて見ましたよ。どんなもんだろと期待していたが、セルジオ・レオーネとハマーフィルムを足して、ラテンアメリカ風味をパラパラしたってかんじだった。全体的にインディーズ臭い。

映画を観た直後にこれをpostしたんだが↓

これだけ見るとかなりグッとくるかんじだが、これらの画像はハイライトシーンの寄せ集めなのである。じつは色々とアラが多く、あまり期待するとハズしたきぶんになるだろう。

上に挙げた『しばしばお話がわかりにくい』『エンディングが盛りあがらない』という点は、もしかしたら欠点ではないのかもしれない。私には意味不明と思える部分が、ボリビアの人にとってはぴんとくるところなのかもしれないから。

しかし、『演出が単調』という点は確かだと思う。やりたいことはわかるが、やたら単調なのでしばしばダルーい。女をムチ打ちする場面では、「いーち、にー、さーん」と数えながらバシバシやるんだが、30を過ぎるまで律儀に勘定し、えんえんと同じ場面が続くのである。スペイン語の数字を覚える授業かと思った。いくらなんでもあれは飽きるじゃないか。

また、カワイコちゃんがレイプされる場面では、若い兵士の演技が素人臭く、女優さんに遠慮しながらやってるように見えてしまった。せっかく美女が気前よく脱いでいるんだから、もっと気合いを入れて演じてほしかったところである。

と、まァ、文句はあるが、ボリビアのヴァンパイア映画なんて珍しいから、一見の価値はあると思いますよ。

ちょっと余談だが、ムチ打ち処刑される女と修道院の女が出会う場面は少し笑ってしまった。ものすごいシリアスな雰囲気なのに、ふたりは赤ずきんちゃんみたいなかわいい恰好をしているのである。こんなの↓

映画|デッド・バット・ドリーミング|Dead But Dreaming (5) 画像

これがボリビア的なヴァンパイアハンターのコスなのだろうか。異文化に接するというのはおもしろい。こういうものに触れたとき、自分がなじんだ社会の尺度で判断して「いいわるい」を決めてはいけないよね。なんて気長に見守っていきたいきもちになるホラー映画であった。

30ドルでVOD販売中

Dead But Dreaming (2013)』はamazonでも売っているが↓

公式サイトでVODを買う方が安い↓

vermeerworks.com
vermeerworks.com

安い。といっても高い。30ドル。ここのヤツはiTunesなんかとは違う方式で、FluxPlayerという専用アプリケーションを使う(アプリは無料)。専用アプリをインストールし、そのアプリからログインし、映画をダウンロードする。そのアプリで視聴できるし、DVDに焼いたり、スマートフォン用のcopyをつくったりできる。ちょっとめんどくさいが、いちどDVDに焼いてしまえばあとはらくちんである。

DVDに焼けるのはWindowsOSだけ。映画を見るだけなら、Macでもできる。詳しいことはサイトを見てください。サイトにはテスト用のデータもあるので、心配なひとはそれをやってみてから買ったらいいだろう。

amazonで売ってるヤツはDVD-Rと書かれあるので、おそらくここで買うものと同じなんじゃないかな。このDVDには監督さんのコメンタリがついている。英語字幕つき。

私はここのDVDを初めて買ったんだが、サイトを見ると、他にも興味深い作品がいくつかある。ちょっとソソられるが、高いんだよね。1本30ドル前後する。期間限定のレンタルでいいから、5ドルくらいで見せてくれるとありがたいんですけどね。ただいま思案中です。どうしよう。

English Review

It was my first experience to watch the movie from Bolivia. In short, it looked some sort of "Sergio Leone meets Hammer Film." I have heard a lot of Latin American horrors have been influenced by Western horrors so I believe it's one of them. "Hidden In The Woods" from Chile is my recent favorite.

"Dead But Dreaming" is a low budget indie flick which is not perfect but it is so enjoyable if you are a true/devoted vampire lover. Beautiful actress and bloody scary imagery are impressive. Gory effect is superb. Yes. That's what we love most. Very sexy.

I thought it could be better. Let me mention a few flaws in it. The story is hard to follow. Probably that's because of the lack of my knowledge of Latin American history though. It's a shame that some actors looked wooden especially the young boy soldier raping the prison girl. The scene of the whipping girl was also a little boring/dull. Hearing the guy counts, "Uno, Dos, Tres...." I felt like I was attending the Spanish learning class to remember numbers.

Here's one thing I remember most. I felt a bit surprised when I saw the girl is wearing red hood costume. She was looking good with it. It was adorable and pretty. But one big question popped up in my mind. Is it a normal vampire hunter outfit in Bolivia?

I overall love this movie. I am pretty much interested in other films from Vermeer Works. I've been browing their website and wondering what to watch next. Any recommend?

画像

画像をもっと見る (55枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Dead But Dreaming
制作年: 2013年
制作国: ボリビア
公開日: 2013年7月25日 (ボリビア)
imdb.com: imdb.com :: Dead But Dreaming

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News