2013/1/13 (Sun) at 9:35 pm

映画|ボディ・ハント|House at the End of the Street

両親をブッ殺す狂娘が出てきてびっくりするホラー映画。ジェニファー・ローレンスエリザベス・シューマックス・シエリオット。監督マーク・トンデライ。2012年。

ボディ・ハント / House at the End of the Street DVDDVD画像

どっかの田舎町。

離婚直後の母サラ(エリザベス・シュー)と、その娘エリサ(ジェニファー・ローレンス)が一軒家に引っ越してくる。母娘の会話はどこかぎこちない。離婚直後ということで、双方、複雑が想いがあるようです。

最初の夜。

隣は空き家だと思っていたら、電気が点いていることに母が気づく。後日、ご近所さんに聞いた話によれば、ライアンなる若い男がひとりで住んでいるそうな。そいつはナニモノであるか。

4年前にその家で起きた陰惨事件のあらまし↓

狂娘キャリーアン(エヴァ・リンク)が父母をブッ殺した。彼女はダムで溺死したとされているが、死体は発見されていない。そして、現在、その家に住むライアンはキャリーアンの兄である。事件当時、彼は伯母の家で暮していたが、事件以降、生家に戻った。現在ひとり暮らし。

という話であるが、このライアンという男はじつに評判が悪い。ご近所さん連中は「あの家は燃えちまえばいいのに」なんていう。母娘はきもちわるく思う。いったいどんな男かしら。いやですわ。こわいですわ。

ところが、会ってみたら、ライアン(マックス・シエリオット)は人々が噂するような変人ではなく、親切な青年だった。悲しい目をした繊細男という雰囲気。娘エリサは彼となかよくなり、キャリーアンのことを詳しく聞いた。

その昔、ライアンの家庭は幸福な4人家族だったが、不幸なブランコ事故により、妹は重傷を負った。脳に損傷が残り、彼女は気が狂った。まもなくしてライアンは伯母に引きとられた。そんな事情で兄が不在のあいだに、妹がヒデーことをやらかしたという話であった。

妹の部屋は当時のままきれいに残されている。悲しい過去話を聞いたエリサさんは深く同情を寄せ、ふたりはラブラブになる。過保護ママのサラさんがキーッと怒ったり、町の連中がライアンをいぢめたり、いろいろあるんだが、そうこうやってるうちに、ライアンの秘密が明かされる。

彼は家の地下にキャリーアンを匿っているのであった。その姿は100%狂女であるから、野獣を監禁しているような調子であるが、狂っていようがなんだろうが、彼は妹を深く愛しており、自分でめんどうを見たいのである。でも恋人ができたらいつまでも隠しておけない。彼はどうするのだろう。

母サラの話相手になってくれる親切警官にギル・ベローズ。彼はライアンを幼い時分から知る人物であり、理解者でもある。エリサの同級生仲良し娘にアリー・マクドナルド。いぢわる金持ち息子にノーラン・ジェラード・ファンク。その父親にクレイグ・エルドリッジ。事件に巻き込まれてヒデー目に遭う親切娘にジョーダン・ヘイズ。といったみなさんが登場します。

トレイラー動画

House at the End of the Street (2012) trailer

邦題『ボディ・ハント』

この映画は、邦題『ボディ・ハント』にて2012年11月劇場公開されたそうですが↓

私は最近発売されたUS版DVDを観ました。2013年2月2日に日本版DVD/Blu-Rayも発売予定↓

感想

なかなかおもしろかったです。ジェニファー・ローレンス・オン・ステージ!ってかんじで。彼女の役はバンド娘という設定なので、歌をうたうシーンもある。ファンはうれしいよね。私的には『ハンガー・ゲーム』よりもこちらの方がおもしろかった。

この監督さんは撮影技法がじつによかった。キャリーアンが初めて逃げだすところ。狂女が木立の中を走り回り、なにも知らないジェニファー・ローレンスは家の中にいる。という緊迫場面で、カメラが上へ下へとぐにょぐにょ動いて、家の外と中で同時に起きている出来事を映していくんだが、両者の位置関係が直感的にわかりやすいの。あれはすごいよね。あんなのどうやって撮るんですかね。

私が観たのはUS版のDVDなんだが、TheatricalとUnratedの2バージョンが入っている。Unratedの方が1本程長いです。私は両方観たのですが「そのシーンがあるのとないのでは大ちがいではないか、なんでこれをカットしたんだろう」って不思議に思いました。日本の劇場で公開されたときにはどちらのバージョンだったのか、私は知らないのですが。詳しくはネタバレの方に書きます。

US版DVDはUnratedが入っている他はオマケナシでした。英語字幕つき↓

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (67枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: House at the End of the Street
別題: House at the End of the Street
La casa de al lado
Къщата в края на улицата
A Última Casa da Rua
Maja tänava lõpus
La casa al final de la calle
La maison au bout de la rue
Sakhli quchis boloshi
To spiti sto telos tou dromou
Kuća na kraju ulice
Ház az utca végén
Hates - House at the End of the Street
Bodi hanto
Body Hunt
Dom na koncu ulicy
A Casa do Fim da Rua
Дом в конце улицы
Sokagin Sonundaki Ev
Будинок в кiнцi вулицi
邦題(カタカナ): 『ボディ・ハント』
制作年: 2012年
制作国: アメリカ/カナダ
公開日: 2012年9月21日 (カナダ)
2012年9月21日 (イギリス)
2012年9月21日 (アメリカ)
2012年10月11日 (ロシア)
2012年11月17日 (日本)
2012年11月21日 (フランス)
2012年11月29日 (香港)
2013年1月17日 (ドイツ)
2013年6月13日 (イタリア)
2013年8月28日 (スペイン) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: House at the End of the Street
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News