2012/11/21 (Wed) at 5:06 am

映画|ザ・テイント|The Taint

勃起チンコと精液がうりゃうりゃ狂乱舞する人体破壊ゴアゴア低予算インディーズのお笑いホラー映画。チンコチンコチンコチンコチンコチンコ!ドリュー・ボルダックColleen WalshCody Crenshaw。監督ドリュー・ボルダックダン・ネルソン。2010年。

ザ・テイント / The Taint DVDDVD画像

どっかの町。

金髪頭の無気力高校生のフィルくん(ドリュー・ボルダック)が森で目を覚ましたら、大ガマを持ったキチガイ男が出てきて、死体から切り取ったチンコをうれしげに見せてきやがるもんで、ひぇえ、とびっくりしたら、男はウンコをビリビリ漏らし、カマを振りあげてきた。

こりゃたまらんと必死で逃げたら、こんどは別の男が、隆々ピンコ勃ちのチンコから精液をびゅんびゅん飛ばしながら襲ってくるではないか。

なんだこのきちがいどもは。まったく世も末である。と思ったら、ネーチャンが出てきて助けてくれた。彼女はミサンドラさん(Colleen Walsh)という。

彼女の話によれば、町の水源が汚染され、男たちが狂っちまったという。水を飲んだ男たちは平静を失い、常軌を逸した暴力衝動の虜となり、勃起チンコをうりゃうりゃと見せびらかし、精液シャワーを飛ばして、周囲のひとたちを襲うようになる。

狂人の脳髄を支配しているのは歪んだ『女嫌い体質』らしいです。とにかく女が嫌い。女を見たらブッ殺せ。女を抹殺しろ。ブスも、カワイコちゃんも、ババアも、少女も、すべて敵である。石で頭をブッ潰す。チンコで頭蓋を粉砕する。狂ったマッチョていうんですかね。

ここでミサンドラさんの悲しいフラッシュバック。

彼女はかつて幸福な結婚生活を営んでいたそうな。ハンサム夫は家に帰ってくると「今日も昼休みには君の写真をオカズにオナニーをしたよ愛してるぜベイビー」とうれしげに愛を告白する、妻思いの男であったが、彼も狂ってしまった。彼女は夫をブッ殺し、わんわん泣きながら夫の脳を両手に抱えて途方に暮れ、やがて大いなる怒りに囚われ、銃を持ち、家を出たのである。

そんな悲しい過去話が明かされつつ、ふたりはコンビとなり、水と食料を求めて移動開始。フィルは喉が渇いてしょうがないんだが、水は汚染されているから飲めない。彼らはこの狂った世界から脱出できるんでしょうか。狂チンコ残虐破壊キチガイ映画であります。でもお笑いです。

トレイラー動画

The Taint (2010) trailer

感想

『ホラー映画大好き!』さんのレビューを読んで私も見てみましたよ↓

さて、感想ですが。あー、びっくりした。いったい何を考えているんでしょうか。

安っぽくて下品なゴアゴアで始まって、とにかくチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコという調子で、このままチンコ全開で突っ走るのかなと思ったら、ひとくぎりつくと、チンコは休憩タイムに入り、登場人物のみなさんのフラッシュバックが随所に挿入されます。ここらへんはうだうだのコントでダルーい調子なんですが、けっこう笑えました。

上に書いたミサンドラさんのハンサム夫もおもしろかったし、あと、フィル君の学校の体育の先生なのかな。いぢめっこ体質の暴力男なんだが、こいつ、へんな台詞をしゃべってました。この男、恋人が悲しんでいるのを見たら「おれが悲しみを忘れさせてやる」つって女をばんばん殴るのです。わけわからん。と思ったらこんなことをいう↓

Houdini: If I fucking give you something to cry about you won't have a reason to cry anymore.

「もっともっと辛い目に遭えば、いまの悲しみを忘れられるだろ」

すっごーい。へんなひとー。こんなやつのいったいどこがフーディーニなんだかさっぱりわかりません。

こんな調子のコントがありつつ、後半になると謎の仮面男が出てきて、これまたわけわかんないことをわめくんだが、仮面男の過去話で狂現象の理由が明かされ、チンコ増強を夢見た科学者がつくった薬が原因だったとわかります。

エンディング近くになると、またまたチンコが出てきて、ガガガーと盛り上がる。映画を観てる方としては、なんだか置いてけぼりをくらっているようではないか、という気もするんだが、とにかく全面的圧倒的にチンコチンコチンコで押し切られ、私、最後まで観てしまいました。

エンドロールを見ながらあっけにとられてたら、これが出てきた↓

The Taint 画像

Burning Head Girlて ... 。

くくく ... ぎゃははは。なにこのへんさ。

オンラインで買ってすぐに観れるよ

この映画は公式サイトでダウンロード購入してすぐに観れます。画質によって5ドル、10ドル、15ドルとありますが、私は15ドルのやつを買いました。これだとDVD相当です。珍しく字幕もダウンロードできるよ。他にも楽しそうなもんが売っています。フィル君がかぶってたかつらもある↓

チンコで思い出した

余談でありますが、チンコ映画といえば、ロン・ジェレミーの『One-Eyed Monster (2008)』が大好きです。未見の方はぜひ。こちらは『The Taint (2010)』みたいなゴアゴアはなく、つくりもののチンコがチラと出てくるだけですが、お話がすごくおもしろいの。最後はチンコが大爆発して、愛がみんなを救うんですよ。あのエンディングはすばらしいです。

チンコ増強ネタだと『Black Dynamite (2009)』もいいです。こちらは人種差別主義者がチンコ増強極秘プロジェクトをやろうとしたら、逆の効果を持つ(つまりチンコを弱くする)薬ができちゃったもんで、それを使って黒人どもを弱体化させてやれ、そんな陰謀と戦うヒーローを描いたお笑いエクスプロイテーションです。『Black Dynamite (2009)』はヒデー場面などはなくて楽しいコメディです。

また、『The Taint (2010)』の後半で、ワイヤハンガーを使った堕胎というゲスな場面がありました。これを見て思い出したのですが、そのものズバリ『Hanger (2009)』というホラー映画がありました。

ヒモ男が妊娠した売女(デビー・ロション!)をハンガーで強制堕胎したら女は死んじゃって、男は「ケッ」つって胎児をゴミ箱に捨てるの。したらその赤ちゃんは奇形で死なずに成長して何十年後かに復活してくるという、強烈な悪臭を放つ内容でした。こちらはマンコにハンガー突っ込んで胎児を引きずりだすところがばっちり写っている。ヒデー。

Hanger (2009)』は奇形ありゴアありの強烈エログロで、そのスジの方にはおすすめですが、これから見てみようという方は必ずunratedを選んで下さい。ratedだと大幅にカットされているそうなので。

The Taint (2010)』もまたチンコ映画の歴史に新たなページを刻んだのですね。感無量であります。

Memorable Quotes

Misandra's husband: You remmeber that picture I have of you in my wallet? I totally beat off to it during my lunch beak.

Phil: That nice-boobed girl! We have to help her.

Houdini: If fucking give you something to cry about you won't have a reason to cry anymore.

Phil: I'm the best cock blocker that I know. And you know what? All your cocks just got blocked.
Houdini: Nobody blocks my cock!

Phil: You misogynistic son of a bitch!

画像

画像をもっと見る (85枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

Drew Bolduc関連

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Taint
制作年: 2010年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年10月8日 (フランス) (Absurde Seance)
2011年10月29日 (フランス) (Fantastique Semaine du Cinéma)
imdb.com: imdb.com :: The Taint
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News