2012/11/8 (Thu) at 7:55 am

映画|アタック・オブ・ザ・ハーバルズ|Attack of the Herbals

ハーブティーを飲んだひとたちが狂バーサク。UKのお笑いホラー映画。カラム・ブーススティーヴ・ウォースリークレア・マッカラー。監督デヴィッド・ライアン・キース。2011年。

アタック・オブ・ザ・ハーバルズ / Attack of the Herbals DVDDVD画像

戦時中の話。

ナチスドイツは超人兵士をつくるべく、キチガイ人体実験をやってたが、失敗。実験は中止。その残余物は海に廃棄された。

そして現在。スコットランド。

ロブスター・コープは、かつてロブスター漁業で栄えたが、いまは寂れるばかりのひなびた港町である。

そこにジャクソン(カラム・ブース)という男が鬱顔で帰ってくる。その昔、彼は故郷を捨てて都会にいったが、ヨメに逃げられ、離婚した。元ヨメはレズビアンだったそうな。挫折し、故郷に舞い戻ったというわけである。

家に帰ったらおじいちゃんとおばあちゃんがうれしげに迎えてくれたが、近所のオバちゃんなどはヒソヒソと噂し、彼のことをコバカにしているようである。ジャクソンは自分に向けられる好奇の視線に居たたまれなく思いつつ、昔勤めたロブスター市場に再就職させてくれと頼んでみたが、ぜんぜんだめ。

そうこうやってるうちに、現在この町が抱える大問題を知る。欲深い不動産屋(リアム・マシソン)が地上げをやっているのである。土地を買い占め、巨大ショッピングセンターやらカジノの建設を予定しているそうな。

悪徳不動産屋は『スカートをはいた金子信雄』という雰囲気の、ニタ笑いの、イヤミなオッサンである。こいつはちょくちょく町にやってきては、強引な手法を用いて着々と勢力を拡大し、最後に残ったのは、町で一軒の郵便局だけ。

この郵便局の持ち主が、ジャクソンさんのおじいちゃんなのである。おじいちゃんは「負けてなるものか」と抵抗していたが、旗色は悪い。ジャクソンはおじいちゃんを助けたいが、名案浮かばず。

したら、ジャクソンの幼なじみ男(スティーヴ・ウォースリー)が、いわくありげな大きな木箱を見つけてくる。ある日、海に流れ着いたんだそうな。箱の中には乾燥ハーブがどっさり入っていた。これをお茶にして飲んでみたら、うまいのなんの。ジャクソンは金儲けを思いつく。ハーブを売って資金をつくり、郵便局を救済すればよいではないか。

この企画は大当たりで、おいしいハーブの噂は町中に広まり、ジャンジャカ売れた。ジャクソンをバカにしていたオバちゃんたちも喜んで買いにくる。人間というのは現金なものである。ジャクソンが道を歩いていると、あちこちから賞賛の声がかかる。「おはよう!ジャクソン!」「すきだよ、ジャクソン!」なんつって、町の名士扱い。

やったぜざまーみろ。金子信雄め。まいったか。

と思ったら、このハーブを飲んだひとたちがやがて狂って殺し合いを始める。びっくりウギャー!

ジャクソンの元カノのカワイコちゃんに、クレア・マッカラー。元陸上ランナーでいまは車イス男に、リチャード・キャリー。ジャクソンの元雇い主の怒れる男に、リー・ハッチオン。といったみなさんが登場します。

トレイラー動画

Attack of the Herbals (2011) trailer

感想

ゾンビ映画なのかなと思っていたら、少し違いました。このハーブティーは強烈な麻薬物質で、中毒者になると、バーサク状態となり、狂っちまって、誰彼なしに襲うようになるのだが、死人ではないのだからゾンビとは違う。でもガオーと襲っている場面は似たようなかんじでした。

先日レビューをアプした『ロンドンゾンビ紀行 (2012)』と同じく『Attack of the Herbals (2011)』も「おじいちゃんを助けよう」が主題です。イギリスじゃお年寄り主題が流行っているんですかね。テーマは似てるが、こっちの方がずっと安っぽいです。ゴアメイクはアマチュア臭いレベル。

でも、お笑い映画としてはよかったです。主要キャストのみなさんは無名俳優ばかりだが、そのわりにはちゃんとしていた。ジャクソンはヌボーとした風貌でDilbertみたい。ジャクソンのおばあちゃんも最後の方で狂っちまうんだが、彼女はシーラ・キースみたいでした。シーラ・キースてのは、ピート・ウォーカー映画によく出てくる狂ったオバちゃんです。

ジャクソンさん
Attack of the Herbals 画像

Dilbertに似てる
Dilbert

狂ったおばあちゃん
Attack of the Herbals 画像

こちらはシーラ・キース
シーラ・キース 画像

DVDのオマケ

Attack of the Herbals (2011)』は2013年1月15日にUS版が発売予定なんですが↓

UK版は一足早くリリースされています↓

UK版のオマケはメイキングのみ。字幕はナシ。

メイキングよりAttack of the Herbals 画像

画像

画像をもっと見る (67枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Attack of the Herbals
制作年: 2011年
制作国: イギリス
公開日: 2011年5月11日 (フランス) (Cannes Film Festival)
2011年5月17日 (イギリス) (Aberdeen Premiere)
imdb.com: imdb.com :: Attack of the Herbals
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News