2011/6/26 (Sun) at 7:28 pm

映画|マスク・メイカー|Mask Maker

顔面皮剥ぎキラーが出てきてびっくりするホラー映画。ニッキー・デローチスティーヴン・コレッティマリア・ボナーアナベラ・カサノヴァマイケル・ベリーマン。監督グリフ・ファースト。2010年。

マスク・メイカー / Mask Maker DVDDVD画像

大学生のジェニファーさん(ニッキー・デローチ)は、カレシ(スティーヴン・コレッティ)から誕生日プレゼントに『家』をもらってびっくりする。家ですよ、家。

つっても、この男は大富豪のボンボン息子ってわけではなく、普通のアンちゃんなんだが、なけなしの貯金をはたいて、田舎に40エーカーの土地つきオンボロ一軒家を購入したんだそうな。その価格1万ドル。破格値。

うれしげに「イイだろテヘへ」とニタ笑いするカレシを前に、ジェニファーさんは頭がくらくらしてしまうのであり「こんなド田舎にオバケ屋敷を買ってどうするっていうのさ!バカバカ!」と怒ったら、ほらよ、つって、バースデーカードを渡された。

「いつかぼくのおよめさんになるひとへ。この家はオンボロだけど、きれいに改装したらすごい高値で売れるとおもうんだよ。ぼくにはわかるんだ。うまいことガッポリ儲けたら、残りの一生はsexだけして暮らそう。愛してるぜベイビー」

ふざけているんだかまぢなんだかよくわからない内容なんだが、彼はここに住むっていうより、投資目的で買ったらしいですな。きれいに補修してパッと売っちまえ。みたいな。

そんなにうまくいくわけねーだろバカめと思ったら、家の中には、過去に住んでいた人が残していったアンティークの銀食器などがたくさんあって、それだけでも1万ドル以上の価値はありそうだっていうんで、彼女もソノ気になり、ペンキを塗ったりし始める。

あとから、友達のみなさん(マリア・ボナーアナベラ・カサノヴァA・J・アレグラロス・ブリッツ)もやってきて、みんなでいっしょにワイワイガヤガヤ。

そこに、あれだ、こわいキラーのオバケ(かな)がジャジャーンと出てきてみんなをブッ殺す!いつものヤツ。

その昔、この家には、かわいそうな子供とキチガイママが住んでてどーのこーの、という話が後半になって明かされます。この家の呪われた由来をよく知る、町の金物屋のオッサン役で、マイケル・ベリーマンテリー・カイザーが登場します。

トレイラー動画

Mask Maker (2010) trailer

感想

このキラーは人間の顔の皮を剥いで自分の顔にくっつけたがるという趣向なんだが、ゴアゴアはそんなにないです。新味ゼロの、生ぬるーい調子。おもしろいかと聞かれたら微妙なんだが、80年代風味が好きなひとにはいいんじゃないですかね。

グリフ・ファースト監督のインタビューがあった↓

以下引用↓

I LOVE horror films. I got a hold of Friday The 13th on VHS when I was in the 6th grade and even though it scared the living sh*t out of me, I was hooked. Good ones, bad ones, studio ones, low budget ones. I saw them all. My appetite for the genre has slowed down considerably in recent years, but you can still find me at the cinema on opening night when a good horror flick opens. Mask Maker is a bit of a throw back. As much as I appreciate Saw (1 and 2) and the more contemporary films in the genre (Adam Green's Frozen is great), it's the 80's horror style that really interests me. What I was trying to do with Mask Maker, is give the kids an opportunity to see some of the horror that I loved when I was growing up and give the adults a chance to watch a brand new movie in the same style as the modern "classics" they grew up on.

てことなんで、やっぱりクラシックな雰囲気をやってみたよということなんですな。

キャラの立ちがよかった。導入パートがとても滑らかで、ササーッとみなさんのようすがわかります。冒頭5分のツカミがサラリとよかったなあ。ああいうのいいなあ。

「だれもわたしの誕生日をお祝いしてくれない!」つってぐだぐだ文句をいってるところに、カレシが出てきて「オーイ!サプライズだぞー!旅に出るぞー!」っていうの。彼女はワーイと喜んで「ナニナニ?」ってついていく。

ふたりは楽しげにドライブをして、例の家にやってくる。初めて家の中に足を踏み入れる場面。オンボロなのでホコリ臭い。女が「へんなにおいがするー」っていうと、男が「おまえのおへその匂いといっしょだ」っていうの。おもしろーい。

私、それがスゲーおもしろくって、ゲラゲラ笑ってたんだが、いっしょに見てた友達が「どこがおもしろいんだ」とかいうんで「おへその匂いなんておもしろいじゃん!」っていったら「おへその匂いがおもしろいなんて、おまえのお笑い感覚は子供だなあ」とかいいやがるのです。

んで、そのあとの場面で、地下室のところで「ここはサタンのキンタマの匂いがするね」っていうのもギャハハとウケたんだが、それもさ、彼には「こどもくせえなあ」ってことらしいです。おへその匂いとか、サタンのキンタマの匂いなんて、おもしろいじゃんね。なんでわかんねーの。

あ、あとさ、町の金物屋の場面。地元のオッサンに「お、おまえら、あの家を買ったのか!なにも知らないのか!」って、嫌な顔をされるという、よくある演出があるんだが、普通、地元のひとに変なことをいわれたら心配になりそうなもんだが、こいつらはぜんぜんちがうの。

男が「あのオッサンもこの家を買おうとしてたんじゃないかな。ぼくらが先に手に入れちゃったから、ひがんでいるんだよアハハ」てなことをいうと、女が「わたしのカレシはドナルド・トランプだ!きゃは!」ていうの。

それも笑って見てたら、横で見てたその友達が「ホラー映画に出てるくせに、予想能力の低い女だなあ」なんてぶつぶつ文句をいってるので、私、ちょっとソレおかしいと思って、だってさ、「ホラー映画に出てるくせに、予想能力の低い女」って理屈としておかしいじゃん。こいつ狂ってるのか、と思ったんだが、そこらへんをほじくってめんどくさいことになると困るんでほっときました。私、大人ですから。

あ、あとですね、カップルの友達連中もおもしろかったです。イメージプレイ好きなネーチャンとそのカレシが出てくるよ。パイナップルネタもよかったなあ(見た人はわかる)。

なんて色々と褒めてますが、こういうお笑いのツボてのはひとによって異なるので、あなたにもおもしろいかどうかは知りませんヨ。

グリフ・ファーストさんは似たような低予算のホラー映画を、これでもかっ、ちゅうほどに量産している監督さんですが、アタリハズレが大きいなっていつも思うんだが、これはよかったほうかな。ひとつ前に見た『Wolvesbayne (2009)』もおもしろかったですよ。

DVDのオマケはなんもなかった。英語字幕付き。

Memorable Quotes

Hillary: So I'm a slut then, bye!

Jennifer: This is very romantic... in a very weird kind of way!

Jennifer: Oh. That's an interesting smell.
Evan: Smells like your belly button.

a guy: You know I'm here to turn you on, right?
Evan: What?
a guy: Your power!

Evan: Oh, is that a pineapple? I fucking hate pineapple!

Evan: What is this?
Jennifer: It's an old-fashioned idiot detector. And look! It's working!

Jennifer: What do you think he was talking about?
Evan: I bet he was just pissed off that we beat him to the punch. He's probably in the process of counting his pennies before I swooped in and snatched it out from under him.
Jennifer: Lucky me. I got my own Donald Trump sitting right next to me.

Hillary: Happy fucking birthday, super cunt!

Annette: It's really cute! It's like, bed and breakfast...
Hillary: ...for the manson family.

Mike: Never hide the kush in the bush.

Mike: It smells like Satan's balls in here!

Hillary: That was too quick!
Ken: Hey, well, you know, I was born wtih the sport model, I might not be as big, but I'm twice as fast.
Hillary: It's just what every woman wants.

Hillary: Daddy's girl is ready for the next demonstration.

画像

画像をもっと見る (40枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Maskerade
別題: Mask Maker
制作年: 2010年
制作国: アメリカ
公開日: 2010年 (アメリカ) (limited)
imdb.com: imdb.com :: Maskerade
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News