2010/1/19 (Tue) at 2:33 pm

映画|ザ・チルドレン|The Children

子供キラーズ出動!豹変するちびっこたちが残虐に親たちを攻撃する!ハンナ・トイントンエヴァ・バーシッスルレイチェル・シェリースティーヴン・キャンベル・ムーアジェレミー・シェフィールド。監督トム・シャンクランド。2008年。

ザ・チルドレン / The Children DVDDVD画像

幸せファミリーのみなさんがクリスマス休暇を過ごすために親戚の家にやってくる。2組の夫婦とその子供たちはぜんぶで9人(大人4人 + ちびっこ4人 + ティーンネージャー娘1人)。彼らはワーイと集まって仲良く遊ぶんだが、そのうちに子供たちのようすが不気味に豹変。やにわ凶暴化して大人たちを襲う!親たちは大パニック!ひぃ!ママになんてことするの?!ばごーんずがーおおんぐじゅうううう!

The Children trailer

感想

残虐子供キラーズテーマのショッキングホラーがいろいろ出てますがこれもそのひとつ。かわいい子供たちが体内に時限爆弾を持つかのように豹変したようすは、ジョン・カーペンターの『光る眼 / Village of the Damned (1995)』ぽいかんじもしました。肝心の「子供たちが狂った理由」ですが、謎のままで終わっちゃいました。「なにかに感染したらしいヨ」という演出はありましたが、結局、わからない。よくいえば「神秘な余韻を残して終了」だけど「投げやりラスト」と考えるひとも多いでしょうたぶん。

DVDのDeleted Scenesにチョイ長めのエンディングが入ってて、それを見ると少しはっきりしますが、それはヒントが得られるというだけで豹変の理由はわからない。Deleted Scenesを見ないとお話がわからない映画なんてちょっとだめねと思うんで、私的には「はっきりしろ」といいたいです。

てわけで、意味深ラストに不満はありますが、衝撃性はなかなかです。似たようなホラーを見続けていると感覚が馴れてしまうものですが、子供残虐ものテーマだけは馴れません。不快です。

子供たちの猟奇行動に影響を与えているのかどうかは謎ですが、この親たちってのが一見立派そうなんだけど、その会話を聞いているとじつにdumbバカっぽいのですね。「これからは中国語がだいじ!」と信じて子供に外国語をレクチャするとか、ちょっとでも子供がグズると「あーらお利口にしたらゴールドメダルをあげるわよオホホ」ですべてを解決できると信じてるとか、子供を学校に行かせずに家で教育をするとかですね、いろいろいってましたけど、いかにも「わたしらはわたしらの教育方針があるんざます!これでいいんざます!」という調子がうざいうざい。自信家っていやですね。

ハンナ・トイントン演じるケイシーちゃんは唯一のティーンネージャー娘で、彼女だけは「家族イベントにいやいやつきあわされている」というノリなんだけど、私でもあんなのいやです。友達とパーティやってたほうがいいに決まってます。子供たちが狂いだしたら、親たちは当然パニックになるんだけど、仲良し親戚の仮面を捨てて仲間割れし始めるんで、やはり精神性の低いヤツラだったんだなと思いました(といっても友達になりたくない人種だというだけで、彼らが犯罪的といえるほど偏屈なわけではありません。PTAの総会に行けば、あんなパパママはウジャウジャいるのかも)。

この前レビューを書いた『ホーム・ムービー / Home Movie (2009)』に似ていますが、あっちの方はかなりエキセントリックだったとはいえ、善良なパパママだったように私には感じられ、あの残虐ぶりは突然変異としか説明がつかないなと思われたのですが、こちらは「こんなバカ親だから子供が狂うんだな」という印象でした。でも先に述べたように、それが原因かどうかわかりません。子供がゲロを吐いてなにかの病気になったようなシーンがあったし、あのラストからすれば関係ないのかも。

ちょっと追記。ひとつ書き忘れた。

残虐子供テーマのホラー映画ではしょっちゅうネコが殺されます(もちろんヌイグルミですが)。ネコに黙祷。

画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Children
別題: Histeri
Los niños
The Day
Véres karácsony
制作年: 2008年
制作国: イギリス
公開日: 2008年12月5日 (イギリス)
2009年2月10日 (ドイツ) (European Film Market)
2009年7月 (韓国) (PiFan International Film Festival)
2009年7月24日 (カナダ) (Fantasia International Film Festival)
2009年8月18日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2009年9月6日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2009年9月17日 (フランス) (Strasbourg European Fantastic Film Festival)
2009年10月1日 (スペイン) (Sitges International Fantastic Film Festival)
2009年10月6日 (アメリカ) (DVD)
2009年10月21日 (フランス)
2009年12月10日 (ドイツ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Children
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News