2009/2/10 (Tue) at 3:21 pm

映画|ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー|The Haunting of Molly Hartley

カワイコちゃん女子高生が狂人ママの幻に追われてウギャー!18歳の誕生日になにかが起こる?!ヘイリー・ベネットシャンナ・コリンズジェイク・ウェバーシャノン・ウッドワードアナリン・マコード。監督ミッキー・リデル。2008年。

ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー / The Haunting of Molly Hartley DVDDVD画像

ヘイリー・ベネット演じる主人公モリーは、狂人ママにハサミで胸を刺されたという過去トラウマのある女子高生で、映画はその後のようすから始まる。狂人ママは精神病院に拘束され、彼女は優しいパパといっしょに新人生を始めようではないかと別の土地に引っ越してきたところ。

新しい学校は優しいパパが気配りをして選んだお嬢様お坊ちゃま学校である。新環境でフレッシュにいこう!と思うんだけど、彼女はいまだ過去の恐怖体験を忘れることができなくて、授業中に鼻血ブーしたり、こわい幻のオバケに追い回されたりする。18歳の誕生日が近づくに連れてますますヒドくなる。パパは大心配。セラピストも役に立たない。イヤーもうタスケテー!とわめくカワイコちゃんはどうなるんでしょうかあああああ。

The Haunting of Molly Hartley trailer
The Haunting of Molly Hartley
The Haunting of Molly Hartley TV Spot
The Haunting of Molly Hartley

※感想

物語は「18歳の誕生日になにかが起こる」っていうのがベースで、冒頭にだけチラと出てくるカワイコちゃんがいるが、過去にもこういうことがありましたって意味のプロローグとして挿入されているんだと思うが、ここで出てくるのが『90210』のジェシカ・ロウンズ。そしてお話が始まって、ヘイリー・ベネットが新しい学校にいくと、こんどは同じドラマからアナリン・マコードがいぢわるギャルの役で出てくる。モリーをやたらデートに誘いたがる金持ち息子はチェイス・クロフォードで、こっちは『ゴシップガール』のレギュラー。配役からしてチャラチャラ路線だ。こんなもん見てられっか!といいつつ、見る。

映画は単調なノリで進行する。チャラチャラしたドラマや映画にありがちなチャラチャラしたみなさんが出てきて、チャラチャラした台詞をいって、チャラチャラした演技をする。その合間に、ありがちなホラーな演出がチャラチャラと挿入される。

梶原一騎にこれを見せたら、立腹のあまりにテレビを破壊するだろう。あるいはおせっかい心をだして「おれが脚本書いたるわ!」とイキリたつかもしれない。私は何度もDVDのストップボタンを押しかけたんだけど、ついつい見ちゃうんですヨ。カワイコちゃんだから(恥)。

ラストのオチはなにかの映画でこういうのがあったような気がするけれど、それはまぁおいといて、スーパードライでよかったのでは。期待するとハズすが、テレビドラマきぶんで見れば楽しめるかも。最後のモリーのスピーチはなかなかよかったですね。パート2もやるんでしょうか。

ラスト近くでモリーが医者にいう台詞がコレ↓

It's just the way things were meant to be.

この台詞の意味は映画をご覧になって(あるいは下のネタバレを読めばわかりますが)、ご確認下さい。

ところで、ひとりだけ毛色の違う聖書マニアのクソまじめ女子(シャンナ・コリンズ)がいたが、彼女は女子高生版『ミセス・カーモディ』ってかんじがした(『ミスト』ネタ)。いや、ミセス・カーモディはもっと狂信的なんだけど、こんな娘がこの先、大人になるうちに、いぢめられるとかバカにされるとかしてですね、ミセス・カーモディ化していくのかなと思った。という意味です。

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV16,516
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Haunting of Molly Hartley
別題: La profecía del diablo
A Maldição de Molly Hartley
Jovens Malditos
Le cauchemar de Molly Hartley
Molly Hartley - Die Tochter des Satans
Molly Hartley - Pakt mit dem Bösen
Molly Hartley: I mathitria tou Diavolou
She Lived
邦題(カタカナ): 『モリー・ハートレイ 血塗られた制服女子高生』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ
公開日: 2008年10月31日 (カナダ)
2008年10月31日 (アメリカ)
2008年12月11日 (ロシア)
2009年10月5日 (ドイツ) (DVD)
2010年6月14日 (イギリス) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Haunting of Molly Hartley
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News