2007/10/26 (Fri) at 2:38 am

映画|隣人 ネクストドア|Naboer

文学的な血塗れ殴打sexサイコサスペンス from ノルウェー。『ジャンク・メール』のポール・シュレットアウネ監督の最新作。クリストファー・ヨーネルジュリア・シャハト他。

隣人 ネクストドア / Naboer DVDDVD画像

ヨンは物静かで知的な印象をたたえる雰囲気の男である。知的だが冷淡ということはなく、謙虚で誠実な人柄みたいである。ヨンは傷心している。なぜかというと愛する人と別れたせいである。物語はヨンのアパートに元カノが入ってくるシーンから始まる。ぎこちない空気。女性は居心地が悪そうであり「持ち物を取りにきただけ」と述べ、ふたりはもぞもぞと挨拶する。イヤーなムード。この空気でぜんぶわかっちゃうみたいな。「そうかそうかアレなんだなうんうん」と深くうなずくあなたはこの映画を気に入るだろう。

孤独なヨン。ある日、隣人が声をかけてきた。きれいな女性である。「ちょっと手を貸して」と頼まれて部屋に入ったら妹がいた。この美人姉妹は謎めいたところがある。妖しいヴァンプのようだ。ちょっと手を貸すつもりがワインを飲まされ、やがてヨンの心は彼女たちに弄ばれて解剖されていく。姉妹は一見すると頼りなさげなトラウマ美人という風に見えるが、意外に女王様なんだなという点が徐々に明かされる。その言葉は容赦がない。

彼女たちは馴れ馴れしく、ヨンの別れ話について意見をいい始めた。部屋の壁を通じてヨンたちの口論を聞いたのだという。ヨンはヤジウマの意見なんか聞きたくないし、他人にそのことを触れられるのは心の傷をグリグリされるようなもんである。彼は怒りを覚えるが、それさえ彼女たちにはお見通しのようである。「あら、怒ったの?」といわれたヨンは「怒ってないさ」と言葉をひっこめてしまう。どうやら彼は "angry" というワードに怯えているようである。ヨンの心は弄ばれ、開放されていく。そして最後には自己嫌悪になる。ヨンがスムーズに堕ちていく流れはドラッグに溺れるようであり、sex描写は暴力的である。それはちょっとしたSMプレイと呼べるものではなく、求め合う男女が本気でゲンコツで殴りあっている。それが愛なのだといわんばかり。鮮烈だ。

暴力sex。血のsexを経験したらヨンの日常風景がだんだん歪んでくる。見馴れたはずのアパートが急に迷路に変わってしまった。これは彼が狂っているのか、美人姉妹に幻覚を見せられているのか私たちにはよくわからないんだが、このあたりからもしかしてコレ ... 限りなく難解な映像作品なのだろうかもしかしてワケワカメのラストで終わっちゃうのかなと私は少しいやになりかけたんだが、それでもキャラがナイスなのでズブズブに引き込まれちゃって、どんどん観ていったら最後はいいオチであった。ゾゾゾと寒気がするエンディング。

『隣人 ネクストドア』『チャイルドコール 呼声』2013年3月 同時公開

邦題『隣人 ネクストドア』にて、2013年3月30日、劇場公開だそうです。詳しくは公式サイトを↓

また、ポール・シュレットアウネ監督の『Babycall (2011)』も2013年3月30日、劇場公開。こちらの邦題は『チャイルドコール 呼声』。公式サイト↓

感想

ミニマムなつくりがたいへんよい。sexと愛と暴力だけに凝縮した禁欲的な脚本である。ヨンを演じたクリストファー・ヨーネルの押し殺した揺れる表情がうまい。その元カノ、イングリッド役のAnna Bache-Wiigは「わたしってえっちでしょー。ほんとはわたしが他の男とナニしちゃってる話を聞きたいんでしょー」っていうシーンがものすごく真に迫っていた。ヨンと美人姉妹の妹がナニするシーンもすごく迫力があって血の匂いがした。人間の体って血でできているんだなと思った。ポール・シュレットアウネていう監督はいいですね。

"Different strokes for different folks."

(訳)「ヒトの好みは十人十色」

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ノルウェーのホラー映画

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV15,432
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Naboer
別題: Next Door
Drzwi obok
I diplani porta
Kapi komsusu
La otra puerta
Naapuri
Next Door - Manche Türen sollten nie geöffnet werden...
邦題(カタカナ): 『隣人 ネクストドア』
制作年: 2005年
制作国: ノルウェー/デンマーク/スウェーデン
公開日: 2005年3月10日 (ノルウェー) (Oslo Filmport Film Festival premiere)
2005年3月11日 (ノルウェー)
2005年3月11日 (ノルウェー) (National Film Theatre)
2005年3月12日 (ノルウェー)
2006年3月16日 (フランス) (Rouen Nordic Film Festival)
2006年3月29日 (ドイツ) (DVD)
2006年4月8日 (ドイツ) (Berlin Fantasy Filmfest)
2006年9月1日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2006年10月27日 (デンマーク)
2006年11月27日 (フランス) (TV初オンエア)
2007年7月13日 (スペイン)
imdb.com: imdb.com :: Naboer
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
セット制作
衣装デザイン
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News