2014/8/19 (Tue) at 3:41 pm

映画|Found|ファウンド

ホラー好き少年が兄の部屋に生首を発見しておののくインディーズのホラー映画。Gavin BrownEthan PhilbeckPhyllis Munro。監督Scott Schirmer。2012年。

Found / ファウンド DVDDVD画像

80年代。

という設定らしいが、部屋の中に『The Taint (2010)』のポスターがデカデカと貼ってあるのはおもしろいですね。

ホラー好き少年のマーティ坊や(Gavin Brown)は、ある日、年の離れた兄(Ethan Philbeck)の部屋に、えらいものを発見して、仰天した↓

Marty: My brother keeps a human head in his closet.

「ぼくの兄は人間の首をクローゼットに隠している」

マーティは兄が留守の間に部屋に入り、偶然に生首を発見したのだが、そのことを誰にもいわない。何食わぬ顔で日常生活を過ごし、当人の兄を問いつめることもせず、自分だけの秘密にしている。映画はそんな彼の日常が淡々と描かれる。

少年は無口で、ホラー漫画ばかり描いているものだから、学校では変人扱いされて、しょっちゅういぢめられる。家に帰るとパパ(Louie Lawless)とママ(Phyllis Munro)がいて、一般的な中庸家庭である。生首コレクターの兄は両親と極端に折り合いが悪い。むっつり顔で食卓に現れたかと思うと、ママをギロリとにらみ、パパに小言をいわれると悪態をつく。すぐに部屋に引っ込む。

夢想好きな孤独少年が常にそうであるように、マーティは人間の裏側を注視/観察/熟考することを好み、しばしば家族の秘密の匂いを嗅ぎ、ほくそえむのが趣味であった。ガレージにパパが秘蔵するエロ本の山を発見し、「うちのパパはこんな乳の女が好きなのか」と驚いたり、ママが大事に隠している昔の恋人からの手紙を読んで、その陳腐さに呆れたり。そんな日常的な冒険の中で、兄のクローゼットから人間の首を発見したのである。そこはかとなく江戸川乱歩風。

マーティは友達(Alex Kogin)と遊んだり、漫画を描いたり、うだうだと生活しつつ、兄の部屋に何度も侵入し、確認作業をする。バッグを開けると、その都度、生首の主は入れ替わっている。黒人女が多い。うちのアニキは殺人者なのだなあと思う。生首を取り出してしげしげと見てから、慎重に元に戻す。マーティのような少年にとって、とびきりの秘密を所有するというのは、何物にも換えがたい宝物なのだろう。

兄の部屋にはホラー映画のビデオがたくさんある。その中に『Headless』ていうキチガイホラーがあって、覆面の変態キラーがジャンジャカブッ殺して、血を浴びてウケケーと喜ぶっていうヤツなんだが、マーティは「うちのアニキはこれを見てキラーになったのかな」なんて夢想する。

衝撃アングラ風味の陰鬱ドラマはじつにソリッド。なかなかのもんです。

トレイラー動画

Found (2012) trailer

感想

「兄の部屋に生首が隠してある」という猟奇事実があまりに淡々と語られていくので、映画を観る私らとしては、「これは非現実なのかな。夢想好きな少年の脳内ファンタシーなのかな。そもそも兄なんかいなかったりして」なんて風にも思えるが、これは夢オチなんかではないんですよ。最後にズズガガーンとくるんですよ。生首は事実だった!

兄が殺人をする理由等はあまり語られず、負け犬の変態殺人者として描かれる。映画の最後で兄はキチガイ性をついに露呈し、弟の見てる前で暴れ回る。マーティはその姿を見て、おそろしく思い、「あれは兄ではない。なぜ二通りの兄が存在するのだろう」と首をかしげる。映画を観る観客は、少年の感覚受容体を共有しているようなきもちになる。

じつに衝撃的なお話ではあるが、描写の大半は地味である。クライマックスにものすごい血塗れ場面があるが、そこが唯一の盛りあがりなんだが、意外なことに、なにが起きているのか直接見せない仕様になっている。隣の部屋からギャーギャー声が聞こえて、少年のヒーヒー顔が映るだけ。こんなのを見せられたら、普段なら「もうちょっと見せてくださいよ」と不満を述べるところだが、この映画に限り、その場面さえ、良い。ものすごく想像をかきたてられた。演技/脚本/音楽/撮影。すべての要素が凝縮し、目の前に迫ってくる。

Scott Schirmer監督のサイトを見ると他にもおもしろそうなヤツがある↓

今後も注目したい。

小説『Found』

映画『Found』は同名の小説が元になっているそうです。原作者はTodd Rigney↓

映画内映画『Headless』は製作決定

映画『Found』の中でシネマインシネマの手法で出てくる架空の映画『Headless』はKickstarterで資金募集し、新たな長編映画として製作が決まっているそうな。こちらも楽しみです↓

US版DVDは9月に発売予定

この映画はただいまiTunesUSで公開中ですが、DVDも間もなく出ます↓

Memorable Quotes

Marty: My brother keeps a human head in his closet. Every few days, it's a new head. Usually, they are black women. But one time he had a white man's head in there. I was going bowling with my friend David one day and I needed to borrow Steve's ball. He wasn't home, so I took it without asking permission. That's a big no-no. When I opened the bag at the bowling alley, I almost cried. I didn't tell anyone about it, and I used David's ball instead. I lied and said the one I brought was too heavy for me. I'm surprised they couldn't smell it. It's another black woman's head, and her hair has been ripped out. I've seen a lot of horror movies, and the heads in those things don't come close to looking like the real thing. I can't explain what it feels like to hold one of them. At one point it had thoughts and feelings and it kissed somebody it loved. Now it's just a bloody head in a bowling ball bag. I hope I don't end up that way. If Steve found out I was in his room, he'd probably kill me too. I worry about him finding out. What if I put the head back in the bag facing the wrong direction? If he's a killer, he probably thinks about things like that, because he's crazy. The first person he would blame would be me. Big brothers blame little brothers for everything. Dad says that's just the way it is.

Marty: Why do there have to be two Steves?

Marty: I'm tired of people always winning and me always losing. From now on, I'm going to make sure I always win. Looking at what I've done to Trevor makes me feel proud. Instead of getting hit and taking it like a wimp, I stood up for myself and did some damage of my own. It may not have been as bad as what Steve does, but it's good enough for me. I hope you go to hell.

Marty: My life is starting to feel like a horror movie. But who's the monster? Is it Dad? Is it Steve? Is it me?

Marty: Everyting I used to love about my brother is gone. This isn't Steve. This is a stranger wearing Steve's skin. And I have to stop him.

Stanley: Lisa! Lisa!
Steve: She's dead, Daddy!
Marty: My life really has become a horror movie. And you know how they end.

Steve: You can't understand right now. But in the mornig, you'll understand. I'm sorry. When you're older, you'll thank me for this. You'll see. Everything is going to be okay. They can't hurt you anymore. You know, I'd never do anything to hurt you. I'm your big brother. I let you borrow my movies. You deserve to know what happened. In the morning, I'll show you, okay? I'll show you everything. Please stop crying.
Marty: Please!
Steve: Please stop crying! I didn't make you sad! I didn't make you cry! Stop crying!!!

Marty: It's Monday morning. School will be starting soon. Will anyone notie I'm gone? Will they notice Dad's not at work? Or that Mom's not at the office? I wonder when they will come search the house. I try to move and it hurts all over. All I can do is wonder, wonder when I'll be found. I look at Mom and I look at Dad, and they scream at me with their empty eyes. My mind wants to scream and kick and freak out, but I keep myself under control. If I loose it now, I might not come back for a long, long time. Stuff like this can really warp a person.

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (29枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Found
別題: Found - Mein Bruder ist ein Serienkiller
制作年: 2012年
制作国: アメリカ
公開日: 2012年7月14日 (アメリカ) (Bloomington, Indiana premiere)
2013年4月5日 (アメリカ) (International Horror & Sci-Fi Film Festival)
2013年4月5日 (アメリカ) (Phoenix Film Festival)
2013年4月16日 (オーストラリア) (A Night of Horror International Film Festival)
2013年9月5日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2013年9月13日 (カナダ) (Montreal Horrorfest)
2013年10月4日 (フランス) (Absurde Seance)
2013年10月5日 (イギリス) (Grimmfest)
2013年10月23日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2013年10月29日 (スペイン) (Festival de Cine de Terror de Molins de Rei)
2014年8月15日 (アメリカ) (limited)
2014年9月23日 (アメリカ) (DVD)
2014年10月13日 (イギリス) (DVD)
2015年4月9日 (ドイツ) (DVD & Blu-ray発売)
imdb.com: imdb.com :: Found
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
特殊効果(Special Effects)

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News