2013/9/20 (Fri) at 4:51 pm

映画|ザ・イースト|The East

環境テロ組織に潜入する女スパイを描いたスリラー映画。ザル・バトマングリ(監督)+ ブリット・マーリング(主演)コンビの『Sound of My Voice (2011)』に続く話題作。サンダンスで絶賛。アレキサンダー・スカルスガルドエレン・ペイジ。2013年。

ザ・イースト / The East DVDDVD画像

ジェーンさん(ブリット・マーリング)は元FBI捜査官で、現在は、民間セキュリティ会社Hiller Broodに籍を置く女スパイである。彼女の次なるミッションは潜入捜査。

敵はThe Eastと名乗る環境テロ組織である。The Eastはアメリカ社会に君臨する大企業群に対し「おまえらに天誅を下す!許さん!」と敵対メッセージを送り、テロ予告をした。

The Eastの攻撃対象は、副作用がある薬を売る製薬会社とか、有害物質を河川に垂れ流すケミカル企業とかですね、こういうヤツラは、クリーンなイメージを宣伝しつつ、裏では、貧乏人をいぢめたり、環境を破壊しているのです。

んで、ジェーンさんが属するHiller Broodてのは、世界の金持ち資本家だけを相手にするセキュリティ会社で、世界中にアンダーカバー捜査官を擁し、権力中枢と絡んでいる。いわば『金持ち御用達のハエ叩き』を自認する金持ち軍団。

そんな会社に雇われるくらいだから、ジェーンという女はシドニー・ブリストウ並に優秀で、女上司(パトリシア・クラークソン)から「あなたは頭が良すぎるのが欠点」なんていわれるくらいだが、この女上司てのはそんな台詞を吐きつつ「わたしの若い頃を思い出すわオホホ」とかいっているくらいなので、どいつもこいつも我の強いヤツばかり。いいよね金持ち。

ジェーンは普段はカレシ(ジェイソン・リッター)と暮らしていて、自分の仕事は雇われスパイであると明かしているようだが、当然ながら、任務の内容は極秘である。だから「ドバイにいく」と嘘をついて空港で別れた。

自転車で旅をする家出娘のフリをして、The Eastとつながりとあるとみられるヒッピー連中に接近。彼らと行動を共にし、ゴミ箱から拾ってきたピザをいっしょに食ったり、無銭旅行をやってポリスに追われたりする。そうこうするうち、敵の中枢に潜入成功。

The Eastの首領はベンジー(アレキサンダー・スカルスガルドTrue Bloodのエリックさん!)という男で、彼を中心に数人のメンバーが森の家に隠れて暮らしていた。彼らは普段はヒッピーみたいな質素な暮らしをしているが、でもヤクはやらない。時がくると破壊活動(彼らはjamと呼んでいる)を行う。ジェーンは『サラ』と名乗り、こんなひとたちと出会った↓

イジー(エレン・ペイジ)... 大企業に恨みを持つ若い女。彼女の悲しい過去が映画の中盤で明かされます。

Doc(トビー・ケベル)... 医者の男なんだが、ときどき手が震えてあぶなっかしくてしょうがない。彼はかつてケニアでボランティアの医療活動をやってたんだが、へんな抗生物質を服用し、副作用でこうなっちまったそうな。その薬をつくった製薬会社は標的のひとつです。

イヴ(Hillary Baack)... 耳が聞こえない女。ジェーンは手話ができるので彼女とすぐに友達になった。

ルカ(シャイロー・フェルナンデス)... ジェーンをThe Eastに案内したヒッピー男。

テス(Danielle Macdonald)... デブ娘。

他にも何人かいるんだが、だいたいこんなひとたちなんだが、彼らを束ねるベンジーてのは、意外にも、優しげで物静かな雰囲気の男で、テロ組織の首領らしくないかんじ。自分に反対する部下を銃殺したりしないし、怒鳴りつけたりもしない。

ジェーンさんは彼らといっしょに生活をするうち、だんだんそっちの世界に染まってしまう。世の欺瞞に疑問を覚え、リーダー男に惹かれるようになっていく。

トレイラー動画

The East (2013) trailer

邦題『ザ・イースト』で来年1月に劇場公開

この映画は邦題『ザ・イースト』にて、2014年1月31日、劇場公開予定だそうです↓

感想

アメリカにはdumpster diverという連中がいて、ゴミ箱から食べ物を漁ります。貧乏だから、という理由もあるけど「食べ物を粗末にするのはけしからん!」と主張するためにわざわざそんな活動をする。『dumpster diver activist』なんてキーワードで検索するとたくさん出てくる↓

こんなヤツラの中には、この映画に出てくるようなアナーキストが存在するかもしれないという話で、社会の側面にスポットを当てたという点で評価できるのかもしれないが、好きな方にはすませんが、あまりおもしろくなかったですね。

私、元々、こういう連中を嫌いなんですよ。ゴミ箱を漁って世の中が変わるとは思えませんから。ジェーンさんがあっちの世界に惹かれていくきもちがぜんぜんわからない。前作『Sound of My Voice (2011)』は大変よかった。この映画にもザル・バトマングリ監督らしいミステリアスな演出 + 意外なtwistがあったけど、でもなあ、ちょっと合わなかったなあ。

印象に残るキャラもいなかった。エレン・ペイジ演じる娘は単に駄々をこねてるお嬢様だなって思ったし、アレキサンダー・スカルスガルドは相変わらず男前なんだが、この映画の彼のどこにそんなカリスマがあるのかぴんとこなかった。ブリット・マーリング演じる女スパイもつまらなかった。企業スパイ女がああいう人たちに出会って社会的な正義に目覚めてしまうなんてお花畑っぽいなあ。

べちべちと文句を書いていますが、みなさんご承知の通り、これは今年のサンダンスで大変話題になり、批評家ウケはよく、観客ウケもよく、IMDbでは7pt超えなんですよ。だからきっとすごいものなんですよ。私にわからないだけなんですよ。あー。わからない!

私的結論↓

この映画を観るくらいなら、『エイリアス』を見て、シドニーが高いところから飛び降りたり、銃をばんばん撃つのを見物しているほうがずっといい。

DVDのオマケ

ザル・バトマングリ(監督 + 脚本)
ザル・バトマングリ / Zal Batmanglij 画像

メイキングの中で「The Eastていうタイトルはどこからきたのか?」という問いに対し、監督さんが答えている。L・フランク・ボームが『オズの魔法使い』を書いたとき、東の悪い魔女というキャラはどうして『東』かというと、東といえばワシントンで、ワシントンには悪いヤツラがウヨウヨで、ゆえに東の悪い魔女ていう風に命名したんですよ、という逸話があって、監督さんは子供の頃からその話を知ってて、アイデアを頂戴したそうです。New England privilegeの象徴みたいな意味合いですね。

ブリット・マーリング(脚本 + 主演)
ブリット・マーリング / Brit Marling 画像

アレキサンダー・スカルスガルド
アレキサンダー・スカルスガルド / Alexander Skarsgard 画像

エレン・ペイジ
エレン・ペイジ / Ellen Page 画像

私はDVDを買ってこんだけ入ってて、これらはメイキングやらインタビューなんだが↓

  • Two Brothers: Collaboration
  • Caulse And Effect: The Movement of The East
  • Examining The Moral Gray
  • Theatrical Trailer
  • Sneak Peek

後から知ったんだけど、Blu-RayだとDeleted Scenesが入っているらしい。どんなシーンだったんですかね。DVDもBlu-Rayも英語字幕つきです↓

Memorable Quotes

Sarah: It's easy when it's not your home... easy when it's not your life. The place where you sleep. Your kids, your wife. But when it's your fault... it shouldn't be so easy to sleep at night. Especially when we know where you live. Barry Redmond, CEO of Lorex Oil. 2641 River Rock Road, East Hampton. You dumped fifteen million barrels of crude into the Atlantic. We don't care how rich you are. We want all those who are guilty to experience the terror of their crimes. Because it shouldn't be so easy to get away with murder. Lie to us... we'll lie to you. Spy on us... we'll spy on you. Poison our habitat... ...we'll poison yours. We are The East and this is just the beginning. We will counterattack three corporations in the next six months for their worldwide terrorism.

Sharon: Who would you choose?
Jane (Sarah): Me. I'm unexpected. Being unexpected is the only advantage that matters. But you chose Tom.
Sharon: Why do you say that?
Jane (Sarah): He's your last interview.
Sharon: You remind me of myself at your age. Smart enough for it to be a disadvantage. You haven't failed at anything yet, not really. That kind of arrogance is dangerous. They'd smell it on you.
Jane (Sarah): I've been researching this field exclusively for nine months.
Sharon: You had a goldfish as a kid?
Jane (Sarah): Hmm? Sure.
Sharon: Mmm. You remember taking it home? You had to float the bag in the aquarium, gradually letting the water in little by little, so the fish can adjust.
Jane (Sarah): Okay.
Sharon: Don't follow your ego out of the bag early. That's how you end up dead. You put your first choice in the middle. Because to put it last is expected.

Sarah: Why does self-righteousness always go hand-in-hand with resistance movements?

Benji: We are The East. And we are your wakeup call. And we are not hiding from you.
together: We are you. We are the morning you got off the treadmill and ran under the open sky. We're the first time you kissed someone and they kissed you back.
Izzy: We're the night you couldn't sleep. The night you stared at the ceiling, thinking, "Is this it? Is this the best life has to offer?" No. There's a freedom in you that knows no fear. Last night, we gave pharmaceutical giant McCabe-Grey a taste of their best-selling poison, Denoxin. We encourage the media to follow the company's members. We will counterattack two more corporations for thieir injustice. We will not show mercy.

Benji: Spy on us and we'll spy on you.

Sharon: I was sharing some of your report with the Bureau and they reminded me of something I wondered about. Why all the dumpster diving? Why not just grow your own food? He's got money. Why not buy an organic farm?
Sarah: They eat garbage on principle. It's not rotten food. It's good food that has to be thrown away legally. The system is broken. And the evidence is the trash. It has value. I know I've been eating three square meals a day from it.

Sarah: Please give me the strength to do well. To not be arrogant. But to not be weak. Amen.

画像

画像をもっと見る (39枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The East
別題: Изтокът
O Sistema
Mystiki organosi
A Kelet
Grupa Wschód
Istok
Группировка 'Восток'
Gizli Oyun
邦題(カタカナ): 『ザ・イースト』
制作年: 2013年
制作国: アメリカ/イギリス
公開日: 2013年1月20日 (アメリカ) (Sundance Film Festival)
2013年3月16日 (アメリカ) (SXSW)
2013年4月10日 (アメリカ) (Phoenix Film Festival)
2013年4月13日 (アメリカ) (Ivy Film Festival)
2013年4月14日 (アメリカ) (Environmental Film Festival at Yale)
2013年4月25日 (アメリカ) (Newport Beach International Film Festival)
2013年4月28日 (アメリカ) (Independent Film Festival of Boston)
2013年4月29日 (アメリカ) (San Francisco International Film Festival)
2013年4月30日 (アメリカ) (San Francisco International Film Festival)
2013年5月31日 (アメリカ) (Los Angeles, California)
2013年5月31日 (アメリカ) (New York City, New York)
2013年6月7日 (カナダ) (Toronto)
2013年6月16日 (フランス) (Champs-Elysées Film Festival)
2013年6月20日 (イギリス) (Edinburgh International Film Festival)
2013年6月28日 (イギリス)
2013年7月4日 (イタリア)
2013年7月10日 (フランス)
2013年7月12日 (スペイン)
2013年7月18日 (ドイツ)
2014年1月31日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: The East
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News