2013/3/27 (Wed) at 7:51 am

映画|タワー|Comedown

チンピラ連中が廃墟ビルにいったら、キラーが出てきてびっくりするUKのホラー映画。アダム・ディーコンジェシカ・バーデン。監督メンハジ・フーダ。2012年。

タワー / Comedown DVDDVD画像

ここはイギリス。

男4人 + 女2人のチンピラ連中が、高層ビルの廃墟に侵入。海賊FM放送をやりつつ、パーティで盛り上がろうジャンつって、ホイホイ入って遊んでいたらば、謎のフードキラーが出てきて、ひとりづつブッ殺される。

刑務所帰りのアンちゃんと、彼の恋人娘が中心に進行します。彼女は妊娠中。映画の最初の方でチンピラのひとりが、アホヅラ下げて、「ハトをブッ殺してやったよギャハハ」という台詞をいうんだが、それが後半twsitの伏線になっている。

という点はあるが、ま、基本的には、廃墟の中でズガズガと殺されていく、というだけの単純話です。くらくて汚い廃墟の雰囲気がこわーい。キラーもこわーい。

トレイラー動画

Comedown (2012) trailer

邦題『タワー』

この映画は邦題『タワー』にて、2013年6月5日、日本版DVDが発売予定だそうです↓

感想

メンハジ・フーダ監督はDVDのオマケに入っているインタビューの中で「キャラの立ちがよいのですよ。よくあるアメリカのホラー映画のように、単にドカドカ死んでいく、観客は誰が死んだのか注意を払わない、キャラはすぐに忘れられていく、そんなヤツとはちがうのです」てなことをいって、キャラ重視の演出のよさを熱く語っているが、私、思うに、あまり変わんないような。

思い返すに、やはり、『バイオレンス・レイク (2008)』は名作だったですよね。被害者カップルはほんとにかわいそうだなって思えましたから。この手のヤツを『hoodie horror』と呼ぶそうですが、近年のUKホラーにおいて、ジャンルとして定着している感があります(『hoodie horror』の定義が若干あいまいな気もしますが)。

UKホラーに登場するhoodieなキラーは、その名の通り、フードつきパーカを着ている。10代チンピラ風(が多い)。うつむきかげんのポーズが定番。顔がよく見えない。アメリカのホラー映画によくある、オノを振りかざす大男キラーとは対照的に、小柄で華奢で肉体的には弱そうなんだが、全身から邪悪オーラがむんむん。じつにおっかない。いつナイフを出すのか予測がつかない。路地で出会いたくないタイプ。

hoodieなキラーは、通りや森や空き地や学校や廃墟やいろんな場所に出てきますが、この映画のような廃墟ビルってのが、特に最近多いです。この前レビューを書いた『シタデル CITADEL (2012)』もそうでした。

また、UKホラー全般にいえますが、銃をあまり使わないですよね。ナイフやらバットやらで襲う。銃というものを日常的に感じない日本人にとって、ショットガンでばんばんなんかよりは、ずっと現実味があるように思える。

本作『タワー (2012)』は『hoodie horror』の典型例。監督さんがいうほどキャラの立ちは感じられず、特に突出感はないものの、きもちわるい演出とスリリングな展開はソツなくつくってある。まずまず楽しめるオッケー映画。ゴア描写は軽めです。めんたまに〇〇がザクッくらい。

この監督さんは『Kidulthood (2006)』という作品がUKでは有名だそうで、私は未見なんですが、あらすじを読むと「15歳の悪ガキどもが暴れ回るチンピラギャング映画」ということで、確かに、そんな実績がある通り、本作『タワー (2012)』においても、チンピラの描き方がうまいです。自分なりのフォーマットを持っているのでしょう。

UK版DVDのオマケ

メンハジ・フーダ監督
メンハジ・フーダ / Menhaj Huda 画像

UK版DVDのオマケはインタビューが中心↓

  • Behind The Scenes
  • Extended Interviews

この映画のDVDは字幕ナシです↓

画像

画像をもっと見る (67枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Comedown
別題: To ktirio tou tromou
邦題(カタカナ): 『TOWER タワー』
制作年: 2012年
制作国: イギリス
公開日: 2012年8月23日 (ドイツ) (Fantasy Filmfest)
2012年10月4日 (イギリス) (Grimm Film Festival)
2012年10月4日 (イギリス) (Grimmfest)
2013年1月28日 (イギリス) (DVD)
2013年7月19日 (ドイツ) (Blu-ray and DVD premiere)
imdb.com: imdb.com :: Comedown
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News