2013/2/14 (Thu) at 9:29 pm

映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker

安っぽくて、下品で、素人臭くて、ドヘタな、スターウォーズモドキの、アルゼンチンの無予算インディーズ映画。監督Germán Magariños。2012年。

Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker DVDDVD画像

未来の話。

3人の男が出てきて、ワインで乾杯している場面から始まる。彼らの会話から察するに、この世界では、科学技術の進歩により、病気や貧困や格差はなくなり、誰もが幸せに暮らす理想社会が実現されているそうな。

男たちの話題は、近々行われる予定の一大国家プロジェクトの話になる。宇宙船をゴアテック星に飛ばしてどーのこーの。とかいうんだが、ここから先はわけがわからなくなる。

いきなり安っぽいロボが出てきて、大暴れで町を破壊。安っぽいマイケル・ベイ映画ではないか。と思ったら、急に場面が変わり、こんどは白髪カンフーオヤジがアチョーと暴れて、血塗れウケケと雄叫びをあげ、デブキモ男がチンコをごにょごにょする。ひー。

安っぽいロボ
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (1) 画像

血塗れカンフーオヤジ
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (2) 画像

こんな場面が連続して観客は置いてけぼりだが、しばらく見続けていたらなんとなくわかった。こういうことらしいです↓

先端科学技術を学ぶためゴアテック星に派遣された宇宙飛行士が帰ってきたら、人がまるで変わってしまい、ダースベイダーのような悪人になっていた。彼はドクターヘルと名前と変え、世界を破壊。女はレイプされて皆殺し。哀れな男たちは恐怖政治に怯えている。この世はホモだらけの暗黒世界になった。

悪の親玉
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (3) 画像

悪人の子分その1
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (4) 画像

悪人の子分その2
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (5) 画像

先に登場した白髪カンフー血塗れオヤジは当局の追求を逃れ、密かに反乱を企てているが、達人の彼といえど、ひとりではどうにもならない。と、そこに、キモデブ男がやってくる。

彼はしょっちゅうわるいやつらにいぢめられ、チンコうりゃうりゃ強制フェラチオさせられて泣き顔だったんだが、どうしても強くなりたくて、弟子入りを懇願する。オヤジはこの男を受け入れ、鍛えあげる。

「バカモノ!バカモノ!」と怒鳴りつけ、バシバシと弟子をぶん殴る姿は戸塚宏もたじろぐ鬼軍曹スパルタ方式であるが、ときには弟子のチンコを握って癒してくれる優しさも兼ね備えた血塗れオヤジのお陰で、デブキモ男はいつしか伝説の勇者になる。が、じつは、彼はドクターヘルの息子なのだった。

後に勇者になるお弟子さんです
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (6) 画像

血塗れカンフー達人はウケケ
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (7) 画像

チンコ攻撃に倒れるちびっこ戦士
映画|Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (8) 画像

なんだかよくわからない部分もあるんだが、最後はどどーんと父息子の対決となる。と思ったら、じつはドクターヘルは悪い宇宙人に憑依されていたんですね。本当は優しいパパだったとわかってキモデブ男は喜ぶ。悪いエイリアンをやっつけ、この世でたったひとり残った女性を救出し、感動的なハッピーエンドになるのである。

と、まァ、スター・ウォーズ・モドキの笑いSF映画であるが、他にもいろんな映画のネタがちょくちょく出る。ドラゴンボールあり、スタートレックあり、エイリアンあり、ターミネーターあり、ヘルレイザーあり、最後はロッキー3のオマージュでおしまいという節操のなさ。

全編安っぽく、汚いチンコが随所に挿入される。無予算インディーズ映画・フロム・アルゼンチン!

トレイラー動画

Goretech: Welcome to the Planet Motherfucker (2012) trailer

感想

Sadomaster (2005)』『Sadomaster Locura General (2011)』のGermán Magariños監督が新作を送ってくれたので、見ましたよ。スペイン語をしゃべってるんだが、英語の字幕もつけてくれました。

いつも通りの安っぽさ。汚いチンコが出てきてうりゃうりゃというのはこの監督さんのいつものヤツなんだが、ポルノではないので、チンコといってもつくりものなんですよ。ほんとに下品だよね。びっくりするわ。

血塗れカンフーオヤジがよかったです。スターウォーズ的にいうところのヨーダみたいな役どころなんだが、ものすごく狂ってるの。

画像

画像をもっと見る (48枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Goretech: Bienvenidos al planeta hijo de puta
制作年: 2012年
制作国: アルゼンチン
公開日: 2012年10月 (アルゼンチン) (Buenos Aires Rojo Sangre Film Festival)
imdb.com: imdb.com :: Goretech: Bienvenidos al planeta hijo de puta
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
編集
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News