2012/12/19 (Wed) at 9:25 pm

映画|ダスト・アップ|Dust Up

荒野の砂漠でアイパッチ男とカワイコちゃんとダメ男とインディアンが人食いギャングと闘うグラインドハウス風アクションホラー映画。アンバー・ベンソンジェレマイア・バーケットアーロン・ガフィ。監督ウォード・ロバーツ。2012年。

ダスト・アップ / Dust Up DVDDVD画像

砂漠の荒野。

ジャック(アーロン・ガフィ)なる片目男が登場。彼は元軍人で、戦争で片目をなくしたんだが、いまは砂漠でひっそりと暮らしています。

まるで仙人のようだが、まるきり孤独というわけでなく、友達がひとりいる。こちらは飄々とした風貌のインディアン男(デヴィン・バリー)。ふたりの会話を聞いていると、時間が止まっているような雰囲気です。

Mo: Big day lined up?
Jack: Huge.
Mo: Do tell.
Jack: Well, after we're done here, I have to walk back to my place.
Mo: Mm-hmm.
Jack: And then I have to take a shower.
Mo: You are gonna do that right when you get home?
Jack: No. Just whenever.
Mo: That is a big day.

Mo: 今日は忙しいの?
Jack: やることが山ほどある。
Mo: なにすんの?
Jack: まずは歩いて家に帰らなくちゃ。
Mo: なるほど。
Jack: んで、シャワーを浴びなくちゃ。
Mo: 家に帰ってすぐに?
Jack: いや、いつでもいいけど。
Mo: たいへんそうだなあ。

こんな調子の暮らしぶりだが、ジャックはいちおう仕事をしている。それは便利工事屋。でもここは砂漠なんですよ。ハゲタカとガラガラヘビしかいないようなところで看板を出して商売になるんですかね。

と思ったら、仕事の依頼がきた。呼ばれていってみたら、そこには赤ん坊を育てる若い女、エラさん(アンバー・ベンソン)がいた。家の水道パイプが壊れたから直してくれという。

子連れの女がひとりでこんな砂漠に住むなんて酔狂な話だが、なにかワケアリらしいです。ジャックは彼女の希望を聞いて安く工事を引き受けたが、やがてそこに、ハーマン(トラヴィス・ベッツ)なるダメ男がやってくる。

ダメ男は女のダメ亭主であった。ギャングに大きな借金をつくってしまい、今日中にお金を払わないとブッ殺されちゃうそうなんだが、こいつはまったくダメ男なので自業自得である。同情の余地なし。

ところが、なんと、ジャックは彼の境遇を心配し「お金を貸してあげる」という。なんだかものすごいいいひとである。ジャックという男は気の毒なひとを見ると、たとえそれがダメダメ人間でもほおっておけないのです。お釈迦様みたいなんですね。片目なんですが。

ジャックはインディアン友達を連れて、ギャング(ジェレマイア・バーケット)に会いにいく。こちらは砂漠でバーを経営しているこわい男。ヤクを売ったり、キチガイパーティをやったりしています。子分たちを従え、王様気取りで大いばり。

ジャックはダメ男の借金の一部を自分が払うといい、残りは少し待ってほしいと頼んだが、ぜんぜんだめ。押し問答になり、やがてドドドーと大ケンカになり、家に火がついてボーボー燃え、砂漠を舞台に殺し合いが始まるってわけです。

ゴアゴアは適度にあります。人食いシーンなんかもチョロッとある。

トレイラー動画

Dust Up Trailer (2012) trailer

感想

よかったところ↓

  • キャラが変わってておもしろい
  • インディアン男ってへんだよね
  • ダメダメ男はとことんダメダメ
  • ジャックさんもよかったし
  • 優しいママもよかった

悪かったところ↓

  • ギャグとアクションのバランスが悪い

トレイラーを見て「タランティーノ、ロドリゲスモドキのグラインドハウス風砂漠アクションなんだな」と思って見始めたが、少々期待ハズレであった。つまらないってほどひどくはないが、いや、けっこういい部分もあったんだが、この種のヤツは競合作品が多いので、評価が辛めになります。

チョコチョコとだるーいギャグが挿入されるんだが、それがあまり効果的でないように思える。ギャグ自体はいいんだが、ギャグとアクションの間が悪いっていうんですかね。ギャグの場面になると映画がゴツンと止まってしまうように見えてしまった。流れるようにキメてほしいところだよね。

いくつかいい場面もあり、ナイストライだったとは思うが、もうひとつ足りないかんじ。お笑いの好みは人それぞれなので、これがバカウケというひともいるかもしれないが。

ウォード・ロバーツ監督は『Lo (2009)』でジャスティンを演じたアンちゃんで、キャスト/クルーの顔ぶれはトラヴィス・ベッツ周辺のみなさんばかりです。シネマトグラフィも、先に絶賛レビューを書いた『The Dead Inside (2011)』と同じくShannon Houriganがやっている。

この映画も彼女らしいセンスが出ているが、このひとの映像は止まってる絵あるいはスローなシーンの絵はいいんだが、アクションシーンになると良さが失われるような気がする。『The Dead Inside (2011)』の映像は文句なしによかったが、こちらはそれほどでもなかった。

トラヴィス・ベッツのダメ男演技はよかったですよ。ほんとにダメだなあ。もうつくづくダメだなあって思いましたから。

いいところと悪いところが混在しているような調子だから感想が書きにくいなあ。これはだめだ、とか、これはいい、とか、スカッといえないんだよね。こまるよね、こういうのは。

DVDのオマケ

  • Commentary
  • Making the World More Good
  • Eye-Patch People
  • Cannibals Annonymous
  • Safely Smoking Crank
  • The Desert Runs Red - Spindrift Scores
  • ADR stands for Amazing Dialogue Recording X
  • Best Friends Forever - A morning With Jack & Mo

コメンタリに登場するのは、トラヴィス・ベッツデヴィン・バリーアンバー・ベンソンアーロン・ガフィウォード・ロバーツのみなさん。誰がしゃべってるのかわからなくて、しばしば混乱します。

映画|ダスト・アップ|Dust Up (1) 画像
Eye-Patch People

映画|ダスト・アップ|Dust Up (2) 画像
Cannibals Annonymous

オマケのビデオはスゲーおもしろい。特に最初のよっつ。アンバー・ベンソンがホスト役で出てきて、映画の見どころをしゃべったり、キャラを紹介したりするんだが、これは映画本編よりおもしろいかもしれない。はははははは。これがあったから買ってよかったと思いました。

このDVDは字幕ついてませんが、CCはついてました(映画本編のみ)↓

Memorable Quotes

Jack: People killing people is everybody's problem, especially mine.

Jack: Nothing is more provocative than brandishing weapons.

Buzz: Check it out evrybody! There's tonto!
Mo: Tonto! Good one! Seriously. That's the first time anyone's ever given me the tonto line.

Mo: Looks like the party's over.
Jack: It was a rough one.
Mo: Yeah, right?
Jack: Did you scalp a man?
Mo: Yeah, yeah. Oh man, is that a compound fracture? Does that hurt?
Ella: Yeah, like a mother.
Jack: We should probably take you to the hospital.
Ella: I should probably feed her first.
Jack: Namaste.

画像

画像をもっと見る (95枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Dust Up
制作年: 2012年
制作国: アメリカ
公開日: 2012年9月28日 (アメリカ)
2012年10月26日 (アメリカ)
imdb.com: imdb.com :: Dust Up
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News