2012/12/4 (Tue) at 5:15 am

映画|ゴーストメイカー|The Ghostmaker

魔女がつくった棺桶を手に入れてびっくりするホラー映画。別題『Box of Shadows』。アーロン・ディーン・アイゼンバーグリズ・フェニングJ・ウォルター・ホランド。監督マウロ・ボレッリ。2011年。

ゴーストメイカー / The Ghostmaker DVDDVD画像

貧乏学生のカイル(アーロン・ディーン・アイゼンバーグ)は、掃除バイトで金持ちババアの家にいったら「これを捨ててこい」といわれて驚いた。

それは年代物の棺桶だった。小さなガラス窓がついているから『黒猫の棲む館 (1964)』に出てきたヤツみたい。こんなのが家にあったら、誰もがドラキュラごっこをやりたくなるであろう。eBayに出したら高値で売れそうな珍品である。

カイルは「こりゃまたラッキー」と持ち帰り、最初はオークションで売ろうと思ったんだが、よく調べてみたら、またまた驚いた。クッションを剥がしてみたら、歯車だらけのメカメカが出てくるではないか。熟練の時計職人がつくったように見え、よく調べると鍵があったが、なにをするものだか全然わからない。

彼はルームメイトのサットン(J・ウォルター・ホランド)を呼んだ。彼もわからない。さっぱりわからないが、とにかくすごい雰囲気である。ところでこのサットンという男は、身障者で車イスに乗っています。

後日、ふたりの共通の友人、プラット(ジャレッド・グレイ)に見せてみた。彼は図書館で働くインテリで、こういうものに詳しいのである。したら、由来がわかった。

Wofgang von Tristen。15世紀ドイツに実在した変人女。拷問器具の発明家として知られる。悪魔版ダヴィンチの異名を持つ。へんなものをたくさんこしらえて人々を驚かせたが、最期は魔女として処刑された。

プラットはこの人物が著した書物の中に、棺桶に関する記述を見つけた。『ゴーストマシン(geist maschine)』と呼ばれるそれは、死の直前を体験できるオカルト棺桶であるそうな。NDE(= Near Death Experience)てヤツです。

ほえー。

驚くトリオは、おっかなびっくり棺桶に入ってみる。といっても、3人いっしょはむりだから、ひとりづつである。ごろりと寝転んで、枕元のメカメカのどっかに鍵を刺した。したら、歯車がギーギー動いて、オルゴールが鳴った。と、次の瞬間、ビョーンと幽体離脱した。

この棺桶を使うと、死んだひとの魂が肉体を離れるみたいに、オバケになってうろうろできるのである。その姿は誰にも見えない。一定時間が過ぎると時間切れになって肉体に戻る。

こりゃまたスゲーもんですなあ。

3人は大発見におののいたが、その反応は様々である。「もっとやろうやろう」と喜ぶ者。「詳しく調べて慎重に」と諭す者。ま、しかし、いかに慎重に対処しようが、遅かれ早かれ、彼らの運命は決まったようなものである。なにしろ拷問道具発明家の魔女がつくった装置に手を出したのだから。

トリオはへんな世界にいっちまって、カイルの恋人のカワイコちゃん(リズ・フェニング)も巻き込まれ、さんざんこわい目に遭わされるってわけです。

トレイラー動画

The Ghostmaker (2011) trailer

感想

残念賞(NHKののど自慢の「こーん」ていう音)。

序盤はすごくいい。期待させる感がある。棺桶のビジュアルは雰囲気があり、歯車のメカメカもよくつくられていた。いかにも15世紀のキチガイ魔女がつくった棺桶ってかんじがした。

棺桶を見てたらいろんな考えが頭にわいた。もしこんなもんを手に入れたら『マーターズ (2008)』のオバちゃんに連絡すれば、ものすごい高値で買ってくれるんじゃないか。とか、興味本位で棺桶に入っちゃうところは『ヘルレイザー』のフランクみたいだなー。とか。こういう空想が自然に浮かぶというのは、映画を楽しんでいる証拠です。

ところが、中盤を過ぎたら一気にガッターン。つまらなくなってしまった。低予算ホラーであるからCGがショボいのは許す。歯車オバケあたりまではよかったが、その先でいやになってしまった。このつまらなさはカネをかけられないせいだけではないように思われる。ナイフが宙を飛んだりとかですね。脱力するじゃないか。低予算なりにやりようはなかったのだろうか。

じれったく思いつつ、最後まで見たら、割とおもしろいtwistが用意されていた。惜しいですなあ。お話はよかったと思うが、表現が追いついていないという印象だった。だから残念賞。

ところで、この映画は、IMDbではタイトルが『Box of Shadows』となっていますが、US版DVDでは『The Ghostmaker』と変わりました。題名は違うが、同じ映画です。

DVDのオマケ

オマケいろいろある↓

  • Commentary With Director Mauro Borrelli and Producers Ed Polgardy and Scott Rudolph
  • Behind the Box: The Making Of The Ghostmaker
  • Deleted Scenes
    • New Job
    • Magazine
    • Elevator 1
    • Elevator 2
    • Hallucination
    • Phone Call
  • THe Ghostmaker Trailer
  • Also from Lionsgate

US版DVDは英語字幕つき↓

画像

画像をもっと見る (41枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Box of Shadows
別題: Box of Shadows
The Ghostmaker
Po drugiej stronie trumny
邦題(カタカナ): 『ゴーストメイカー』
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年8月1日 (アメリカ) (Los Angeles, California)
2012年6月24日 (イタリア) (Taormina International Film Festival)
2012年11月13日 (アメリカ) (DVD)
2012年11月29日 (ドイツ)
imdb.com: imdb.com :: Box of Shadows
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News